許すことを子供に教える大切さ

27 1月, 2019
責任感のある大人に育てるためには、子供に許すことを教えなければいけないということを常に覚えておきましょう。

許すことを子供に教えることは、親として直面する最も難しい課題です。今回はこれを子供の学習の一部とするためには、あなたに何ができるか、なぜ許すことを教えることが大切なのかをご紹介します。人を許し、また許しを求めることは、自分の内面に平穏と幸せを見い出すための鍵となります。またこの二つは、家族や友人同士の関係、そしてビジネスを長く継続するための健全な人間関係を築くために必要な組み合わせなのです。

許すことを子供に教える大切さ

許しを自分から求めることができる子供は自分の間違いを認識し、それに対して責任感を持ちます。これこそが、子供に許すことを教えることの大切さなのです。

許しを理解できる子供は、常に自分にできる最善を尽くそうとする責任感のある大人へと育ちます。

そしてその結果として、他人への共感と健全な情緒的健康を手にし、それが毎日の生活で直面する課題や問題を解決する手助けとなるのです。

子供にとっての許しの価値

許しは人が持つべき最も重要な価値観の一つと捉えられています。子供に許すことを教えることは絶対に必要なことであり、衝突となった際には両者にとって必要なものです。

許しは間違いを犯した側を罪悪感から解放し、被害を受けた側を怒りや積み重なる恨みから解放します。

だからこそ、以下のようなことを知っておく必要があります。

  • 許すためには:間違いを犯した側は間違いを償う必要はなく、間違いは忘れ去られるべきである。
  • 許しを求めるためには:まず自分の間違いを認識し、被害をすでに与えてしまったのだと認識する。自分が誤っていたのだと認識するためには、謙遜の気持ちが求められます。また、同じ間違いを犯さないように悔い改める気持ちも必要となります。
子供に許すことを教える重要性

どうやって教えたらいいの?

子供は小さな時から、言葉や行動によって引き起こされるダメージについてよく分かっています。しかし、これは子供が大きくなるにつれて変わっていきます。ですので、許しの観念を組み入れていくことが重要となります。

 

これからご紹介するコツを覚えておき、お子さんの性格や学習の特徴に合わせて調節してあげてください。

  • 手本を示しながら教える

子供は家庭での親の手本を通して、新しいことを学んでいきますので、子供がいるところで他人を悪く言うことは避けましょう。

また、子供の前で怒りを爆発させることも避けましょう。もし、すでにしてしまったのであれば、謙遜の気持ちを持って子供に許しを求めましょう。こうすることで、子供は誰でも間違いは起こすもので、それに対し許しを求めて良いのだと言うことを学びます。

許しを自分から求めることができる子供は、自分の間違いを認識し、それに対して責任感を持ちます。

  • 許すことを教えましょう

許すことを教えるためには、子供と一緒に話をしなければいけません。そんなつもりはなかったのに誰かを傷つけてしまったら、どんな気持ちになるかを理解できるように手伝ってあげましょう。

誰もが間違いは起こすものだと言うこと、そしてその間違いを忘れてあげることが、他人の気持ちを軽くしてあげることができるのだと言うことを教えてあげましょう。そしてもちろん、その手本を示しましょう。子供が間違いをしたら、たとえ無理をしてでも、快く許してあげましょう。そして他の人への好意も示しましょう。

  • 子供に自信をつけさせましょう

子供に愛情をたっぷり示すことで、健全な自信を子供につけさせることを自分の使命としましょう。適切な限度とルールを決めて、必要な時には自分からノーと言えるような能力を身につけさせましょう。

この同じ限度とルールが、子供にとって、様々に異なるシチュエーションを識別するために役立ちます。子供の言動に注意を払い、よくできた時には褒めてあげましょう。それと同時に、子供が間違いを起こした場合には、大切な学習の機会としましょう。

子供が成長するに合わせ、あなたの時間をきちんと子供のために使ってあげることが、子供が怒りや痛み、恨みを持たないでいられる助けとなります。これは今現在、そして将来的にも大切なことです。

さらに子供は人は誰でも身体的・情緒的な自分だけの空間が必要だと学ぶでしょう。

許しを子供に教える大切さ 許すこと 許し 子供

  • 嫌悪感の危険性を教える

ゲームやおもちゃ、日常生活で起こるシチュエーションを例にとって、許さないことはネガティブなことなのだと言うことを分からせてあげましょう。人を恨むことは、長続きさせたい人間関係の邪魔になること、そしてそれは許す事を拒む人にのみ生まれる感情であることを教えてあげましょう。

ネガティブな考えを頭の中から消し去る事を、優しく教えてあげましょう。

許しの観念を組み入れていくことが重要となります。

  • 自分が感じている事や感情を表現する事は不可欠

子供が感じている事や感情を、穏やかで前向きな方法で表現させるように促しましょう。

泣いても良いのだと言ってあげましょう。絵を描いたり、文章を書いたり、自分の感情を表現するものを作り上げるなど、自己表現の方法を教えてあげましょう。そうすることで自分の感情を適切な方向へ向かわせる助けとなるでしょう。

許す事を子供に教える事は必要不可欠です。同時に、害のある人間関係には限度を設ける必要がある事を教える必要もあります。そうする事で、子供が怒りや憤怒、巧みな心理操作、妬みなどから身を守ることになります。

お話や映画、ゲームなどが情緒的に健全な大人を育てるために役に立つことがあります。是非参考にしてみてください。