楽観的な子どもを育てたい!知っておきたい10のテクニック

2019年4月10日
ちょっとした日々の習慣を取り入れることで、楽観的な子どもを育てることにやりがいがあって楽しいことだと感じられるようになるでしょう。

求められることがどんどん厳しくなる現代社会で、楽観的な子どもを育てることは非常に挑戦的に思えるかもしれません。しかし、お子さんががまだ幼い頃から始めれば、この挑戦​​は素晴らしい結果を生み出すことができます。

要するに、可能な限り良い人間であろうとする強くて勇敢な子どもたちを育てるということです。これを達成することは必ずしも困難である必要はありませんが、一貫した修練を必要とします。

「悲観主義者はあらゆる機会の中に困難を見出し、楽観主義者はあらゆる困難の中に機会を見出す。」

ウィンストン・チャーチル

まずは、楽観主義とは「挑戦を楽しみ、可能性を見出し、自分の才能を信じる能力」として定義することから始めましょう。これらは楽観主義者を他の誰からも引き離す本質的な特徴です。

楽観的な子供たちを育てるには、次のような方法で「グラスに半分入っている」と考えるように(物事をプラスに捉える)教える必要があります。

こちらもお読みください:子供の精神力を鍛える10の方法

楽観的な子どもを育てる、動機付けのテクニック

1. 瞑想とマインドフルネスを実践する

たとえあなた自身にあまり経験がなくても、子どもたちに簡単な瞑想の実践を教えましょう。例えば、適切な呼吸法を教えたり、5分でできる日課を紹介することができます。これはストレスや不安を和らげる一方で、自制心を強化します。

2. 運動をさせる

定期的に運動をし、スポーツへの関心を高めるように子供たちをやる気にさせてみてください。運動はエンドルフィンを放出し、子どものエネルギーを維持するための最も簡単な方法です。スポーツの他の利点としては、チームワーク、規律、そして目標を設定し達成する能力などがあります。

3. 感謝の価値を教える

子どもに、他の人からしてもらったことに感謝するように教えるのも良いです。その日の間に起こった良いことを2、3個話し合うために、家族との時間を5分取りましょう。このようにして、お子さんは日常生活で幸せを噛みしめる理由を理解することを学び、その過程でより楽観的になります。

こちらもお読みください:魔法の言葉:お願いします、ありがとう、ごめんなさい

4. 愛情を示す

相手を愛していることを伝える最善の方法は相手と時間を過ごし、あなたの気持ちを表現することです。必ず、毎日充実した時間をお子さんと共有しましょう子どもの問題や懸念に興味を持ち、解決策を見つけるのを手伝ってください。

親子 楽観的な子ども テクニック  習慣

5. 成功を経験させる

何かを達成する喜びを経験するとき、子どもはもう一度その喜びを味わおうとやる気が出ます。これが、お子さんのに年齢に応じたタスクを割り当てることと、そして努力を認識してあげることが重要である理由です。

その他の習慣

6. 良い手本でいる

子どもは自分が尊敬する人の行動を真似します。子どもに楽観的な生活を送ってもらいたいなら、いざこざを建設的な方法で対処していることを示しましょう。困難な状況から生まれる人生の教訓を見つけるように教えます。

7. 不適切な懸念から子どもを守る

幼い子どもは、大人の世界の問題を心配するべきではありません。お子さんが十分な年齢に成長し、大人の問題について話す心構えができるほど成熟するまで待つようにしてください

8. 楽しむ余裕を与える

あまりにも多くの場面で、私たちは大人の日常生活を仕事や家事に限定してしまっています。なので、幸せな家族のひとときも、等しく重要な割合を占めるべきであることを思い出してください。楽しい経験を共有する家族はずっと仲良しです。

9. 前向きな言葉を使うように教える

人間は誰しも、自分自身のことになると否定的な表現を使用する傾向があります。 例えば「数学は本当に難しい」といった発言は、「数学には練習がたくさん必要」と置き換えてください。

幸せな子ども 楽観的な子ども テクニック  習慣

10. 広い視野で物事を見るように教える

誰もが知っているように、人生には困難が付きもので、それが紛れも無い事実です。変えられるのは、困難を処理する方法です。

何よりも、楽観的な子どもを育てるということは、物事をさまざまな観点から見て、被害者ぶることを避け、勝者になるように教えることと同じ意味です。

結論

楽観的であることは、お子さんをより幸せにし、より良い人間に成長させるのを助ける一生物のスキルです。さらに、幸福感と自信を胸に持つことで、周りに前向きな変化を起こすことができます。

これらの理由から、ぜひ今回ご紹介したことを実践してください。途中で親まで楽観主義者になるかもしれませんね。

  • Conversano, C., Rotondo, A., Lensi, E., Della Vista, O., Arpone, F., & Reda, M. A. (2010). Optimism and Its Impact on Mental and Physical Well-Being. Clinical Practice and Epidemiology in Mental Health : CP & EMH, 6, 25–29. http://doi.org/10.2174/1745017901006010025
  • González Arratia López Fuentes, N. I. (2011). Resiliencia y personalidad en niños y adolescentes. Universidad Autónoma del Estado de México.
  • Sánchez Hernández, Ó., & Méndez Carrillo, F. X. (2009). El optimismo como factor protector de la depresión infantil y adolescente. Clinica y salud, 20(3), 273-280. http://scielo.isciii.es/scielo.php?pid=S1130-52742009000300008&script=sci_arttext&tlng=en
  • Seligman, M. E. (2014). Niños optimistas. DEBOLS! LLO.