攻撃的な子どもにしないための7つのアドバイス

ひどくかんしゃくを起こしたり、攻撃的な行動をとるのは、子どもからのSOSです。
攻撃的な子どもにしないための7つのアドバイス

最後の更新: 14 11月, 2018

子どもが攻撃的にならないようにするにはたくさんの方法があります。しかし、そのカギは攻撃的な態度が何からきているのかを知り、かんしゃくや怒りに対して自分のコントロールを失わないようにすることです。

単純に怒りを表現するだけでなく、子どもの攻撃性は不満、恐怖、悲しみのサインが隠れています。親として、私たちは子どもの心のニーズに気づいてあげ、子供が成長するのに必要な健全で協力的な環境を与えてあげるべきなのです。

子どもが攻撃的になっていないかを判断するには、行動を観察してみてください。例えば、子どもが他の子や自分の親にさえもわざと身体的・心理的な危害を加えようとしている場合、それは攻撃性があるということです。

子どもの攻撃性のパターンを認識するために、全ての意図的な暴力行為は、注意が必要な問題であるということを心にとめておきましょう。つまり人を蹴ったり、ひっかいたり、かみついたり、叫んだり、汚い言葉遣いをしたりすることです。

子どもの攻撃的な行動をコントロールする方法はたくさんあります。子どもが攻撃的にならないための、以下の7つのアドバイスを見ていきましょう。

攻撃的な子どもにしないための7つのアドバイス

1.信頼の雰囲気を作ること

お子さんとコミュニケーションをとるようにしましょう。家庭で信頼と尊重の空気を築くのです。こうすることで、子どもは批判や罰を怖がることなく自分の気持ちを自由に表現する自信がつきます。

この親しみやすく安心できる環境があれば、お子さんは自分の胸につかえていることを吐き出すことができます。自分の安全な家の中で、本当に理解してもらい、耳を傾けてもらえていると感じることが、子どもが攻撃的にならないことにつながるのです。

子どもが気持ちを表現し始めたら、そのチャンスを生かして、いらいらしたり怒ったりすることは普通なんだということを説明してあげましょう。また、暴力は何も解決しないということも指摘しましょう。

お子さんの価値と強さを何度も教えてあげましょう。また、きちんとした方法で気持ちを表現するよう教えてあげましょう。できたことをほめてあげるのが、子どもが成功していると感じるために役立ちますよ。

気持ちを表現する場所を

2.攻撃性の源を探すこと

攻撃性の根っこを探すために、お子さんがどう振る舞うかを見守ってみましょう。

ここでやっているのは、お子さんの攻撃的な行動の原因を特定するということです。見つかったものに驚かされるかもしれません。子どもの攻撃性の原因としてよくあるのは、自尊心の低さです。

または、弟や妹ができることに対しての反応であることもあります。愛されていない、好かれていないと感じているため、間違った方法であなたの注意を引こうとしているのかもしれません。

3.攻撃的な態度に対し適切に対応すること

子どもの攻撃性が周囲、特に他の子どもに影響を与えているときは、干渉することが必要になります。この時点で、お子さんに手を差し伸べてあげなくてはなりません。そうしないと、将来その攻撃的な振る舞いのために、お友達から仲間外れにされてしまうかもしれないからです。

お子さんが気持ちを健全な方法で変えるのを手伝ってあげると、暴力をより理性的な動作に変えられるようになります。お子さんを見くびってはいけません。問題が悪化するまで待ってしまっては、行動を起こすのがさらに難しくなるだけです。

お子さんがいらいらしたり怒りかけているのを見たらすぐに間に入りましょう。子どもが兄弟や友達、他の大人をたたいたり噛んだりしているのに気が付いたら、すぐにその行動をやめさせましょう。そんなことをしてもだめだということを子どもにわからせるのです。

4.毎日成功体験を積ませること

言葉にはすごい力があることは周知のとおりです。優しい言葉は自信を身につけさせ、ひどいことを言うと自信は傷つけられます。心の知性を持って子どもを育てることが、将来どれだけ重要な意味を持つか想像してみてください。

ですので、子どもの攻撃性に対処するためには、ポジティブな価値を強調しましょう。お子さんに自分の気持ちをきちんとした方法で伝えるよう教えましょう。そしてできたことはほめてあげましょう。成功していると感じさせるのです。

これをやる良い方法が、お子さんの努力とその結果をほめてあげることです。お子さんが朝ベッドを直したら、えらい!とほめてあげるのです。

お子さんがやってくれたことにあなたが感謝しているということを伝えましょう。なにか直してほしいことがある場合には、まず頑張ったことをほめた上で改善点を伝えます。こうすることで、お子さんはあなたからのフィードバックをより受け入れるようになります。

5.お子さんのロールモデルになること

親は子供に対して絶対に攻撃的になってはいけません。あなたがお子さんにどなると、お子さんはあなたの言うことをきちんと聞けなくなります。

どなったりきつい言葉を言ったりするのは、お子さんを防御的な姿勢にさせるだけです。最悪なのは、このような環境で育った子どもは、こうすることが自分の気持ちを表現する正しい方法なのだと思ってしまうことです。

親が話すのではなくどなっているのを見たり、口げんかがいつもテーブルを叩いたり部屋から飛び出して終わったりすると、子どもは将来がまんができなくなった時これと全く同じことをしてしまいます。

そのため、子どもに明確なメッセージを伝えるためには、あなたが親として教えることを練習しておくことが欠かせないのです。

子どもの良い手本になりましょう 攻撃的な子ども

6.攻撃的な場面で落ち着いていること

お子さんが家族や友人に対して攻撃的になったときは、お子さんをその人物から離します。一人になることで、自分がやったことを反省することに役立ちます。

お子さんがあなたに対して暴力をふるった場合、お子さんを一人にしましょう。これは鬱積した感情の爆発であるということを覚えておいてください。お子さんが落ち着くまでは、論理的な話をしても意味がありません。

少し時間がたったら、お子さんと話してお子さんがとった行動は受け入れられるものではないということを説明しましょう。自分の部屋で反省する時間を与えます。すぐに間違いを正さなければならないときは、できるだけ早く行いましょう。

7.助けが必要な場合は専門家の元を訪れましょう

これらのおすすめの方法を試してみても、お子さんの攻撃的な行動が治らない場合、子どものセラピストに相談しましょう。専門家が攻撃性の源を特定するのを助けてくれ、家族でその問題に取り掛かるのを助けてくれるでしょう。

こちらの記事もおすすめ
怒りをコントロールしてくれる10のゲーム
わたしママで読むことができます。 わたしママ
怒りをコントロールしてくれる10のゲーム

子供と言っても、その感情は、大人と同じように怒りや不満がジェットコースターのように荒れ狂うこともあります。そういった時、保護者は子供に怒りをどう制御すれば良いのかを教える必要があります。しかし、実際に私たちは教えればいいのでしょうか?怒りをコントロールしてくれる10のゲーム



  • Train, A. (2001). Agresividad en niños y niñas: ayudas, tratamiento, apoyos en la familia y en la escuela (Vol. 158). Narcea Ediciones.
  • Martínez, J. W., & Duque Franco, A. (2008). El comportamiento agresivo y algunas características a modificar en los niños y niñas. https://digitk.areandina.edu.co/handle/areandina/224
  • Zárate, L. O., & Luna, E. R. (1999). Comportamiento agresivo en niños preescolares. Enseñanza e Investigación en Psicología, 4(2), 327-339. https://go.gale.com/ps/anonymous?id=GALE%7CA116035871&sid=googleScholar&v=2.1&it=r&linkaccess=abs&issn=01851594&p=IFME&sw=w
  • Garaigordobil Landazabal, M. (2004). Intervención psicológica en la conducta agresiva y antisocial con niños. Psicothema, 16(3). https://www.redalyc.org/html/727/72716315/
  • Noroño Morales, N. V., Cruz Segundo, R., Cadalso Sorroche, R., & Fernández Benítez, O. (2002). Influencia del medio familiar en niños con conductas agresivas. Revista cubana de Pediatria, 74(2), 138-144. http://scielo.sld.cu/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S0034-75312002000200007
  • Verona, J. A. G., Pastor, J. F., De Paz, F., Barbosa, M., Macías, J. A., Maniega, M. A., … & Picornell, I. (2002). Psicobiología de las conductas agresivas. Anales de Psicología/Annals of Psychology, 18(2), 293-303. https://revistas.um.es/analesps/article/view/28511