子どもに良いマナーを教えるための5つのアドバイス

2019年2月25日
親としては、私たちは子どもに礼儀正しく、良いマナーを身に付けてほしいですよね。今日の記事では、それを叶えるために何ができるか、そのアドバイスについてお話します。ぜひ参考にしてみてください!

子どもに礼儀を教えることは私たち親としてのとても重要な責任です。良いマナーを理解し活用することが、他の人に対しての礼儀や共感などの良い特徴を子どもに与えてくれるのは言うまでもないですよね。

また、良いマナーを身に付けていると、子どもが自分の価値をより認められるようになったり、自分の周りに対しても感謝の気持ちを抱くようになります。親は幼いころから子どもに良いマナーを身に付けさせるべきですが、これには日々の学習が欠かせません。

今日のテクノロジー社会では、子どもにマナーを教えることは今までにも増して重要になっています。親が取り組まなければならない最も大切な課題の一つが、子どもに社会的スキルを教えることだというのは言うまでもないでしょう。

子どもは他の人を礼儀正しく扱う方法を学び、他者を尊重し、配慮できるようにならなければなりません。

子どもに良いマナーを教えるための5つのアドバイス

子どもに良いマナーを教える際は、以下のアドバイスを考慮に入れるといいでしょう。

1.良い行いの見本となりましょう

子どもにマナーを教えるために、まず必要不可欠なアドバイスとしては、あなたが見たいと思う行いの見本になることです。子どもはロールモデルにしている人の手本に従いやすいものなので、良い見本になりましょう。

同時に、子どもや他の人に話すときには、フレンドリーな声のトーンで話すようにしましょう。お子さんになにかやってほしいと頼むときにも、脅すような言い方をしてはいけません。

いつも我慢強くいるのは簡単なことではありません。しかし、大人として、ちゃんとした行動の例を見せることはあなたの責任なのです。

子どもに良いマナーを教えるには

2.感受性

良いマナーは、他人への尊重の気持ちから来ています。尊重の気持ちへの道は、本質的には感受性なのです。子どもに他の人の気持ちに対して敏感になり、それに配慮するよう教えられれば、あなたは素晴らしい贈り物をしたことになります。

良いマナーの根には、他人への尊重があり、尊重の根には感受性があります。感受性は小さいころから子どもに身に付けさせることのできる最も価値のある性質の一つです。感受性の高い子どもは他の人の気持ちを考え、自然とマナーの良い人になります。

「教育とは親友である。教育を受けた人はどこへ行っても尊敬される。教育は美や若さより優れている。」
―カウティリヤ

3.「お願いします」と「ありがとう」

子どもに「お願いします」と「ありがとう」を言うよう教えることは、良いマナーを教えることの基礎となります。これらの言葉は、良いマナーを築くいしずえなのです。子どもが成長するにつれ、できれば手書きの「ありがとう」と書いたメモなどを書くことで、この習慣を促すこともできます。

言うまでもないことですが、子どもがプレゼントを受け取った時には、ありがとうと言えるようにならなければなりません。しかし、子どもを助けてくれた人やなにかしてくれた人に対して、礼儀正しくありがとうが言えるように教えるようにしましょう。

これはウェイターやウェイトレス、レジの人、運転手なども含みます。また、日々子どものためにいろいろなことをやってくれる家族のメンバーへありがとうを言うことも含みます。

4.話すときは交互に

お子さんに話を遮らないようにし、自分の話す番を待つように教えましょう。これは子どもには特によくある問題です。子どもは頭に浮かんだことをできるだけすぐに表現したいと思うからです。

子どもはもともと自己中心的なので、話を遮ってはいけないということを思い出させてもらわなければなりません。相手が話し終わるまで、自分が話すのを待たなければならないということを教えることが重要です。

子どもにこのスキルを身に付けるのを手伝うためには、視覚的に子どもに思い出させてあげるといいでしょう。例えば、ぬいぐるみや杖などを使って、今誰が話す時間なのかを見せてあげることができます。

子ども 良いマナー 教える5.マナーを教える時に無理強いしない

言葉は楽しく使うべきもので、無理強いするものではありません。子どもが何かをしてほしいときに、「お願いします」と言うことを子どもに時々思い出させてあげることは良いことです。しかし、それを無理強いしたり、威圧的になってはいけません。

 

実際、これはとても注意しなければならないことです。子どもはその意味を学習してさえない段階で、この言葉に簡単にうんざりしてしまうかもしれないからです。ときどき優しく思い出させてあげ、繰り返しになりますが、あなたが見たいと思う見本になりましょう。その方が常にしつこく言うよりもずっと効果があるのです。

「お願いします」を、子どもの要求を叶える条件にしてはいけません。つまり、「お願いします」は、欲しいものを得るための魔法の言葉ではありません。むしろ、礼儀正しくするということの大切な部分なのです。

こうすることで、子どもにご褒美をもらうために使うものだという印象を与えることなく、この言葉を子どものボキャブラリーの中に自然と、効果的に組み込むことができるでしょう。

最後に、子どもに礼儀正しくする方法を教えるということは、親の忍耐を必要とするものだということをお伝えしておきます。結果を得るためには、必ず毎日頑張らなければなりません。

とはいえ、きっと頑張ってよかったと思えますよ!