家庭の雰囲気をよくするにはどうすればいいの?

調和が取れた、ポジティブなリズムを持った家庭を維持するには、親であるあなたに主な責任があるということを忘れないでください。
家庭の雰囲気をよくするにはどうすればいいの?

最後の更新: 20 1月, 2019

家庭の雰囲気をよくすることはとても大切です。家族の構成はそれぞれ異なり、それぞれのコミュニケーションのスタイルがありますが、家族のメンバーみんなが必ず幸せでいられるようにしなければなりません。

家庭は社会を反映した小さな宇宙です。その壁の中で起こることは、それぞれの家族のメンバーに特定の方法で影響する価値観と行動、感情が力強く合わさったものなのです。

さらに、感情の教育に関しては、家庭に子どもがいるときにはさらに重要になります。

子どもが動揺してしまう前に、自分の気持ちや感情について話すのがおすすめです。そうすることで家庭の空気を変えてしまうような不愉快な状況を避けることができます。

家庭の空気をよくする

家庭の雰囲気に影響する要素

環境心理学の専門家は、全ての家庭環境には3つの基本的で必要不可欠な要素があると述べています。

  • 物理的要素:家庭に特定の雰囲気をつくる物理的な要素があります。調和をもたらすよう空間をアレンジすることは、人々の感情に影響があります。
  • 個人的要素:これらはその空間に住んでいる人の相関関係や、その人の習慣、繋がりの作り方によって決定します。
  • 精神的要素:これらは疑いようもなく、家族の力学に最も関係のあるプロセスです。その中には、それぞれに家族のメンバーによって作られるパラダイム、信条、価値観、コンディションや規範が含まれます。

家庭の雰囲気をよくするための5つのアドバイス

これから紹介する5つのアドバイスは、家庭の雰囲気をよくするのに役立ちますが、調和が取れた、ポジティブなリズムを持った家庭を維持するには、親であるあなたに主な責任があるということを忘れないでください。

1.あなたの愛情表現の方法に気を付けて

私たちは皆、愛情と理解を持って話してくれる人には耳を傾ける必要があります。その意味で、家族同士のコミュニケーションは、機転と尊重を持って行われなければなりません。

毎日の生活のストレスとルーティーンのせいで、私たちは自分の愛する人に不適切なトーンで接してしまうことがあります。これは築いてきた信頼を壊してしまい、その結果雰囲気も悪くしてしまうのです。

2.互いの幸福が最優先です

家庭の雰囲気をよくするためには、家族のメンバーが楽しいことを共有し、つらいときには互いを支えあわなければなりません。

他の人に誠実な関心を寄せるという単純な行動は、人間関係を改善するのには理想的な方法です。他の人の人生に関心を持つことは、雰囲気が悪くならないようにする癒しの社会スキルです。

個人の違いが評価され、ミスが許され、オープンで柔軟なコミュニケーションができるときにのみ、価値のある感情が花開きます。それは互いを大切に育てる家族の中に見られる雰囲気です。
―ヴァージニア・サティア―

3.お互いの信頼と尊重

家庭は私たちがありのままでいられ、自然に振舞える場所です。しかし、ときにやりすぎてしまうという危険性も持っています。

つまり、毎日の習慣の中で、尊重や信頼といった基本的な原則を忘れてしまうことがあるのです。それは本来家族のメンバー同士が互いに持つべきものです。

お互いに信頼し、尊重しあうこと 家庭の雰囲気

4.気持ちのケアをすること

気持ちと幸福をケアすることは、家庭の雰囲気をよく保つために欠かせません。これは、子どもがいるときはさらに重要になります。いざこざがあると、それに最も苦しむのは子どもだからです。

また、家庭の中で心の知性も磨かなければなりません。ハッピーで心地いい環境を作るのに、これが最も確実だからです。

5.共感すること

共感は家庭の雰囲気をよくするのに役立ち、家族のメンバー間の関係にすばらしいメリットをもたらしてくれます。

共感は他の人の視点に立ち、その人の立場になって考えることで、他の人の感情に気が付き、それを理解し気持ちをつなげることのできる能力のことです。

まとめると、あなたの母親としての責任は、家庭の雰囲気を良いものにすることです。それはお子さん個人の幸福に役立つのですから。

こちらの記事もおすすめです。
家族はどのように子供の自尊心に影響を与えるのか?
わたしママで読むことができます。 わたしママ
家族はどのように子供の自尊心に影響を与えるのか?

子供の自尊心 は、家族とのやり取りに大きく影響されます。自尊心は小さな頃から健やかに育まなければなりません。そうでないと、不安定で優柔不断な、目標を達成ことのできない人間に成長してしまう可能性があるからです。家族は、誰もが最初に触れる核です。もちろん、子供の能力と精神面の発達の上での重要な役割...



  • Carpena, A. (2008). Emociones y salud. Aula de Innovación Educativa, 173-174 (pp. 61-64).
  • Garrido-Rojas, L. (2006). Apego, emoción y regulación emocional. Implicaciones para la salud. Revista latinoamericana de psicología, 38(3), 493-507. https://www.redalyc.org/pdf/805/80538304.pdf
  • Navas, M. D. C. O. (2010). La educación emocional y sus implicaciones en la salud. Revista Española de orientación y psicopedagogía, 21(2), 462-470. https://www.redalyc.org/pdf/3382/338230785025.pdf