自閉症の可能性がある子どもの行動とは?

自閉症の可能性がある子どもの行動とは?
Marisol Rendón Manrique

によって書かれ、確認されています。 未就学児童教育 Marisol Rendón Manrique.

最後の更新: 27 12月, 2022

子どもの健康について心配するのは、親として自然なことです。また、自閉症に関しては、できるだけ早く(18ヵ月になる前に)発見する方が良いでしょう。そして、自閉症の診断には、まず症状の特徴を知っておく必要があります。

自閉症と診断されるのが遅くなったとしても、どの段階でも治療が可能なので心配しないようにしましょう。治療することで症状が悪化せずに、子どもが健全に成長できるようになります。

自閉症とは?

自閉症によく見られる行動の前に、まずは基本的な症状についてまとめておきましょう。

自閉症の特徴は、子どもの発達に影響する他の症状とも似ていることもあるので、診断が分かりにくい場合もあります。

簡単に言うと、自閉症は脳発達において何種類かに分類される疾患で、その症状の重度によって診断されます。

自閉症の子どもは、社会的に適応したり、言葉やしぐさなど、人と意思疎通することが難しいです。他にも自閉症の子どもは同じ行動を繰り返す特徴があります。

幼い子どもの自閉症の特徴

以下に説明するのは、自閉症の子どもがあまりしない行動です。

  • 目を合わせない。(話しかけている時、食べさせている時、遊んでいる時など。)
  • 周りの人が笑っていても笑わない。
  • 名前で呼ばれたり、知っている人の声を聞いても反応がない。
  • 目の前で何か動かしても、目で追わない。
  • 話をする時に手振り身振りを示さない。例えば、あいさつする時に手を動かさない。
  • 手で何か物を指さしたり、他の身体の部分を使って、指し示したりしても、その方向を見ない。
  • 自分の方を見て欲しい時、または何か必要な時に、何も音を立てない。
  • 抱きしめたり、他の愛情表現を示しても、それに反応しない時がある。
自閉症の子ども
  • 遊んでいる時、他の子の動きを真似たり、その子に向けられた表情に反応しない。
  • 抱っこされたい時に、腕を上げて抱かれようとしない。
  • 他の子と遊んだり、遊び時間に興味を示したり、楽しんでいるように見えない。
  • 自閉症の子どもは、自分で何かできない時に助けを求めない。

月齢ごとに見られる自閉症の特徴

6ヵ月:あまり笑ったり、嬉しそうな顔を見せない。

9ヵ月:会話をする時に、音を出す、笑顔を見せる、表情豊かにすることがあまりない。

12ヵ月:名前を呼ばれても反応がない。赤ちゃん言葉を発しない(話をする最初の段階)。指さしたり、物を持ち上げるなどのしぐさや動きに応答しない。

16ヵ月: この年齢でまだ言葉を発していない。

24ヵ月:(2語以上を組み合わせた)文章を頭で組み立てることが、まだできない。

2歳以上の子どもに見られる自閉症の特徴

自閉症の特徴
  • 周りの人に興味を示さず、存在にも気付かないように見える。
  • 社会性や人との関わりに興味を示さない。
  • 触られる、抱っこされる、愛情を示されることを好まない。
  • グループ遊びに入っていかないことが多い。遊び時間に同年齢の子どもと親しくしたり、おもちゃで創造的な遊び方をしない。
  • 自分の感情について話すことが難しい。
  • 話しかけられているのに、聞いていないように見える。
  • 自分が達成したことや興味のあることを、親しい人に話さない。
  • 独特な音やリズムで話す。
  • この年齢の自閉症の子どもは、言葉を繰り返す特徴がある。
  • 質問されると、単にそれを繰り返すか、はっきりした返事をしない。
  • 自分のことを第三者とみなして話す。
  • 会話に文法的な間違いがたくさん見られる。
  • 自分が必要としていることや、やりたいことを表現するのが苦手。
  • 簡単な説明を受けても、それを実行できない。
  • 目を合わせない。
  • 話している内容と表情が一致しない。
  • 話している時に手振り身振りを使わないので、子どもの行動が少し機械的に見えることがある。
  • 姿勢が良くない。
  • 決まりきった生活習慣を変えない。
  • 何事も、変化に対応していくのが難しい。
  • 几帳面にものを並べる。
こちらの記事もおすすめです。
初めてのお母さんのための基本ガイド
わたしママ
で読むことができます。 わたしママ
初めてのお母さんのための基本ガイド

初めてお母さんになる場合、妊娠や出産をスムーズにするために覚えておくべきポイントがいくつかあります。準備を前もってしておくと、長期的に役立つことがたくさんあるのです。出産前に行うべき準備や周囲からの期待により、不安になることもあるでしょう。初めてのお母さんのための基本ガイド



  • Álvarez, I., & Arroyo Ignacio, C. (2016). Bases genéticas del autismo. Acta Pediátrica de México. https://doi.org/10.18233/apm31no1pp22-28
  • Assumpção Jr, F. B., & Pimentel, A. C. M. (2000). Autismo infantil. Brazilian Journal of Psychiatry, 22, 37-39. http://www.scielo.br/scielo.php?pid=S1516-44462000000600010&script=sci_arttext&tlng=pt
  • Cuxart i Fina, F. (2000). El Autismo : aspectos descriptivos y terapéuticos. Aljibe.
  • Díez-Cuervo, A., Muñoz-Yunta, J. A., Fuentes-Biggi, J., Canal-Bedia, R., Idiazábal-Aletxa, M. A., Ferrari-Arroyo, M. J., … & Posada-De la Paz, M. (2005). Guía de buena práctica para el diagnóstico de los trastornos del espectro autista. Rev Neurol, 41(5), 299-310. Disponible en este enlace.
  • Guzmán, G., Putrino, N., Martínez, F., & Quiroz, N. (2017). Nuevas tecnologías: Puentes de comunicación en el trastorno del espectro autista (TEA). Terapia psicológica, 35(3), 247-258. https://scielo.conicyt.cl/scielo.php?pid=S0718-48082017000300247&script=sci_arttext&tlng=en
  • Martínez Sanchis, S. (2015). Papel de la corteza prefrontal en los problemas sensoriales de los niños con trastornos del espectro autista y su implicación en los aspectos sociales. revista de neurología, 60(1), 19-24. https://clasev.com/pluginfile.php/21076/mod_resource/content/1/autismo.pdf
  • Moro Gutiérrez, L., Jenaro Río, C., & Solano Sánchez, M. (2015). Miedos, esperanzas y reivindicaciones de padres de niños con TEA. https://gredos.usal.es/bitstream/handle/10366/131901/Miedos%2c_esperanzas_y_reivindicaciones_de.pdf?sequence=1&isAllowed=y
  • Morrison, J. (2015). DSM-5® Guía para el diagnóstico clínico. Editorial El Manual Moderno.
  • Ritvo ER, Ornitz EM. (1976). Autism: diagnosis, current research and management. New York: Spectrum.
  • Rivière, A. (2001). Autismo. Orientaciones para la intervención educativa. Madrid: Trotta. SA Cómo potenciar la comunicación en el alumnado con trastorno del espectro autista.
  • Soriano Moreno, E. (2016). Dieta libre de gluten y caseína como intervención nutricional en niños con Trastorno del Espectro Autista. https://dspace.uib.es/xmlui/bitstream/handle/11201/145936/tfm_2015-16_MNAH_esm220_37.pdf?sequence=1&isAllowed=y
  • Velarde-Incháustegui, M., Ignacio-Espíritu, M. E., & Cárdenas-Soza, A. (2021). Diagnóstico de Trastorno del Espectro Autista-TEA, adaptándonos a la nueva realidad, Telesalud. Revista de Neuro-Psiquiatría, 84(3), 175-182. http://www.scielo.org.pe/scielo.php?pid=S0034-85972021000300175&script=sci_arttext
  • Zúñiga, A. H., Balmaña, N., & Salgado, M. (2017). Los trastornos del espectro autista (TEA). Pediatría integral, 21(2), 92-108.

Watashi Mamaに記載された内容は、教育および情報提供のみを目的としています。いかなる場合においても、専門家の診断、助言、治療に代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門家に相談することをお勧めします。