フラストレーション耐性を高める7つの方法

29 12月, 2018
思い通りにならない事態に直面した時に受け入れる力を養うことで、将来子供が受けるストレスを軽減することができるのです。

人生とは、なかなか望み通りにはいかないものです。つまり、欲求不満に対峙したときに、それを受け入れられる心を育てること、困難な状況にも果敢に立ち向かうことができるように子供に教えてあげることが大切です。子供たちにしっかりと教えておけば、将来、多くのトラブルから我が子を守ることができるでしょう。

不快な気持ちやストレスの多い状況に耐える力を養うのは容易ではありません。フラストレーションに対する寛容性が未成熟な人は、直面した困難をはやく解決しようとする傾向があります。

つまり、問題を簡単に、迅速に解決しようとしてしまうのです。解決策を見出せなければ、彼らは強い不快感や不安を感じてしまいます。

フラストレーションに対する耐性がなければ、チャレンジを避ける傾向にあります。また、不安不満を生み出す負のループになりかねません。

我が子がこういった事態に陥らないように、心の成熟を助けてあげることが重要です。

寛容な心をどう発達させて行くか

子供の免疫力は、汚染物質に曝されることで強くなっていきます。曝されることでこうたいをけいせいするからです。つまり、無菌室で育った子供はアレルギーや他の感染症にかかる可能性が高いということです。

似たようなことが、寛容さにも言えます。子供が思い通りにいかない状況に直面すれば、直面するほど寛容さは強くなります。これは保護者の方に覚えておいてほしい最優先事項です。

1.思い通りにならない状況こそ感情発達に寄与する

不快に感じる状況から子供を守ることは、当たり前のことかもしれません。しかし、こういった悪い感情を避けるだけでは、子供の能力を伸ばすことはできません。

忍耐力や、決断力、チャレンジスピリットは、困難に直面して、はじめて獲得されます。

思い通りにならない時に寛容でいられる子供は、幸せで成功を掴むことのできる人間に育つでしょう。そういった子は、経験がいつでも素晴らしいものでないことを理解し、困難を心に深刻な傷を負うことなく乗り越える術を学ぶでしょう。

「私たちは魂をより完全なものに近づけるための術を学ぶためにここにいる」

-エリック・パール

2.助ける前に見極める

問題があれば保護者がすぐに解決してしまう。これではいけません。忍耐力が必要なのは保護者も同じです。子供が、困難を自分のやり方で克服する力があると信じてあげてください

子供が困難に直面するたびに保護者が解決方法を示す必要はありません。必要なのは、解決策を見つける手助けをすることです。

フラストレーションー男の子

3.感情を表現する手助けをする

子供には悲しい時に泣き、幸せを感じたときに笑うことを教えてください。感情を表に出すことが気持ちを穏やかに保つ第一歩です。

子供が成長する中で抱く感情すべてが価値あるもので、子供の性格を形作るピースになります。

4.限度を教える

子供たちに「ダメ」としっかり言わなければならないこともあります。それがたとえ子供の意に反していても絶対に必要なことです。

高額なおもちゃをねだったり、夜遅くまでテレビを見ているときにはしっかり「ダメ」と伝えて問題ありません。規律を設け、いつでも欲しい時に欲しいものが手に入るわけではないと示すことが大切です。

5.感情をコントロールするためのアドバイスをする

深呼吸や、ウォーキング、音楽の聴くことで、どれだけ気持ちが落ち着くのかを教えてあげてください。フラストレーションから抜け出すきっかけを見つけるためにもリラックスすることはとても大切です。

解決する術が見つからない場合には、助けを求めるて良いのだと子供に教えることもまた、とても重要です。

「七転八起」

– 中国の諺 –

6.模範となる

耳にしたことのある方も多いとは思いますが、子供は保護者の言葉よりも、行動から多くを学びます。保護者が思い通りにいかない時に穏やかに対応すれば、子供も同じようにその対応を内面化して適用します。

子供が成長する環境、つまりあなた自身をまずは省みてください。

フラストレーション-女の子 フラストレーション耐性

7.自分の決断がもたらす結果を知る機会を与える

子供であっても、何を食べるか、何を着るか、どんなおもちゃで遊ぶかなど、日々の生活の中で選択する機会はあるでしょう。

子供が何かを決めたら、その決定が周りに与える影響や、結果の良し悪しにかかわらずその結果を受け入れなければならないと教えてください。

これは何も子供時代だけの話でなく子供の将来にも大きく影響します。また、本当に望んでいるものが何なのか、深くまで考えることができるようになるでしょう。

子供の未来は、生まれてからの数年間の間に決定された保護者の方針に大きく左右されます。健全な価値感、自己表現忍耐力が、子供を健やかに育むための大切な鍵です。

困難や逆境に直面しない人はいません。思い通りにならない事態に直面した時に受け入れる力を養うことで、将来子供が受けるストレスを軽減することができるのです。