【子どもの思考力】自分で考えるようになる話し方とは?

15 11月, 2020
親御さんや教育者にとって時にチャレンジとなるのは、どのように子ども達がもっと複雑で柔軟性のある思考プロセスを習得できるかという点です。お子さんが自分で考えて話ができるようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

子ども達が自分で考えるようになるためには、どのように話したらいいかご存知ですか?それに役立つようなツールはあるのでしょうか。多くの親御さんが幼児教育のことを心配しています。実際に現代社会の主な教育目標として掲げられるのは、思考力について指導し、子ども達が自分で考えるよう学ぶことです。

「子ども達に考えることを教えるというのは、特定の知識と手順および態度を意味しています。それは知識そのもの、思考、知性、メタ認知に関する知識。知的能力を発達させる手順、方法および方針。さらに発見、好奇心、感嘆、精神的活動、プロセス、成功に満足する態度が含まれます。」(García García, E., 1994)

私達は科学的、技術的、経済的、政治的に変化し続ける世の中で、新しい価値観や社会文化的な行動パターンも変わる社会に浸りきっています。この世界で機能していくためには、同じ学習を繰り返すのは子ども達に適切とは言えません。

実際に、現代社会では学習能力と思考力を身に付ける教育が必要となってきています。そういう理由から、学習する方法と考える方法を習得ことが重要な目標なのです。

このようにして、各自が自分で学び考える能力を養い、個人の知的および道徳的自立性を高め、他の人に対しても同じように自律性を尊重することが必要なのです。さらに、考え方を教えて学ぶことに関しては、人間の精神的能力を前もって制限してしまわないようにすることが不可欠です。

思考力 子ども 自分で考える

「誰でも知識を持てるが、思考力は最も貴重な天の恵みである。」

– フリードリヒ2世 (プロイセン王)-

子どもが自分で考えられるようにする方法

親御さんや教育者にとって時にチャレンジとなるのは、どのように子ども達がもっと複雑で柔軟性のある思考プロセスを習得できるかという点です。子ども達は自分を表現して、様々な状況で決断をするときに思考力を使わなければなりません。

多くの場合これを達成するには、子ども達がもっと意識的に自分で決めることを学べるように、親や先生の意識や行動を変えていく必要があります。

この段階において、そして実際には赤ちゃんが生まれて最初の1年目の間にも、どんな動きをして調整していくかという様々な手順を子どもは学んでいます。そして子ども達は、遊び、自己表現、コミュニケーション、自分の身近な環境の知識について、基本的な方法を学習しているのです。

この知識や経験を整理する色々な方法を利用して、大人がグローバルで興味深く適度に複雑なアクティビティを作り出すと、親や教師のサポートによって子ども達がさらに思考力を高めることにつながります。

「考えることは最も過酷な仕事だ。だからそれをやろうとする人がこんなにも少ないのだ。」

– ヘンリー・フォード –

参考になる例

お子さんが身体的そして社会的な発見をしたとすると、それに基づいた興味深い質問を問いかける課題を作り、子ども達が複数の解決方法を思いつくようにします。そうすると自分達の行動を決めて調整していく方法を学ぶ基本となります。これは子ども達のメタ認知の発達にも役立つでしょう。

思考力 子ども 自分で考える

最も良いのは、思慮深い表現とコミュニケーションができるようになるアクティビティです。例えば、短いビデオ、画像、お話を通して、幼児の様々な気分を表す様子を見せて分析してみることができます。見た後でその時の気持ちについて尋ね、なぜそのような気持ちになったのか聞いて、他にも重要な質問をしてみると良いでしょう。

「この世界を経験するというのは、目に見える沢山のものではなく、努力の成果が実った数で構成されている。」

– ライプニッツ –

親や先生と共に色々な会話の状況を振り返ってみることで、子ども達が方策思考力を発達させたり、スキルを計画して調整したりできるようになるでしょう。これらは新生児の言語発達にも深く関わっています。

子どもが自分で考えるようにするために、親の話し方についてぜひ知りたい方はもう迷う必要がありませんね。ご紹介した例を基にして、子ども達の思考力を育む多数の方法を試してみて下さい。

自分で考えるような話し方を意識しながら、どうぞお子さんに話しかけてあげてください。

  • García García, E. (1994). Enseñar y aprender a pensar. El Programa de Filosofía para Niños.