私達の子供が生まれた日

20 7月, 2018

ある日、妊娠検査があなたの待ち望んでいたニュースを伝えました。あなたの夢への第一歩が始まったのです。なんとあなたは妊娠していました。待ちきれない思いを抑え、時に不安を覚え、9ヶ月という長い月日の末、待ち望んだ日が訪れたのです。それは、あなたの子供が生まれた日。

おそらく現実は、あなたが人生の中で出会った映画や小説で見たものとはかけ離れたものであったかもしれません。幾度となく、予期せぬ事態にも見舞われたことでしょう。おそらく、あなたとパートナーが計画していたように物事がうまく進まないこともあったと思います。しかし、肝心なのはようやくその日を迎えられたことです。

一目ぼれ

それは、おそらくおとぎ話のような華やかなものではなかったはずです。あなたは一番美しい状態ではなかったでしょうし、全ての母親がそれを体験した事実を学んだのです。出産は女性が直面する最大の戦いの一つです。あなたは時間と闘い、体の痛みに立ち向かったのです。

そして今この瞬間に、出産の苦しみは過去へと流れ去り、あなたは、赤ちゃんの顔、愛の果実を見た瞬間、毎秒感じたその痛みが相応の対価であったことを知るのです。同時に、一目で恋に落ちることを理解するのです。

自分の子供がここにいる!あなたはまだそれを信じることができません。看護師はあなたの身体を拭き終わっていません。それでもあなたは赤ちゃんの顔をじっくり観察し、その特徴一つ一つに魅了されるのです。

あなたはが彼らが見せた平和と優しさに魅了されたのです。その瞬間、あなたは命を吸い込み、最も純粋で誠実な愛を吐き出すのです。あなたは人生のために仲間を得ました。

あなたの赤ちゃんの小さい、脆弱な拳がここにあります。あなたは指で静かに手の平に触れます。あなたは小さな指があなたの指を掴み、力ずよく握っているのを感じます。あたかも赤ちゃんが、自分の方法で、手繰り寄せて決して離さないかのように。

子供が生まれた日2

あなたの赤ちゃんは、あなたの腕や足うねりであ催眠する力を持っています。彼らの動きは、あなたの耳には音楽に聞こえるはずです。深い静寂の中にあって、なお音楽です。彼らは、空気、宇宙、時間、人生と言った世界を初めての発見した人にとってもなお刺激的なテーマです。

子供は困難な旅の果てに生まれる

子供を世界に導くことは容易ではありません。難しい旅路でした。母親から与えられた全ての愛と忍耐が必要でした。あなたは知ることができるすべての情報を探し求めたのです。知識に飢えていたのからです。

あなたはあなたの家を見直し、この段階に適していないものを全て取り除き、逆に赤ちゃんが必要とする全てで満たします。あなたとパートナーは、共に険しい道を歩き、学びそして親になるのです。そして今度は、あなたの子供が教えとなって、あなたを親として導くのです。

これからの生活の上での最も重要な、初めての契約に署名する瞬間が訪れました。あなたは、おむつを交換し、あなたの人生を変えるのです。これは破られることを許される不破の誓いです。

細かい部分にも注意を払うように注意しましょう。その時々の笑顔、涙、抱擁と、あなたたちが共有するゲームで、今あなたは2人で息をし、夢を見ることを理解するのです。

子供が生まれた日3

子供が生まれた日を思い出して

子供が生まれた日をどうして忘れることができるのでしょうか?その日、心に希望が宿ったのです。子供は今この時から、私たちにとっての、鏡、未来、学識、そして人生そのものを意味するのです。

この世で最も素晴らしい出来事が起こった。人生の奇跡を目の当たりにしたのです。

そして、私たちの頬に落ちたその涙は、畏怖や偽りの涙ではないものの、父や母に初めての言い知れぬ感情をもたらすものでしょう。その涙は、もっとも純粋で真実の愛への、歓喜と満足の涙です。

あなたはどうですか?あなたの子供が生まれた日の何を覚えていますか?

  • Aldana, R. (2019, julio 13). Hay cicatrices que nos recuerdan lo más bello de la vida: los hijos. Recuperado mayo de 2020, de https://lamenteesmaravillosa.com/hay-cicatrices-que-nos-recuerdan-lo-mas-bello-de-la-vida-los-hijos/
  • Roda, C. (2019, septiembre 14). Parir con dignidad: no más violencia obstétrica. Recuperado abril de 2020, de https://lamenteesmaravillosa.com/parir-dignidad-no-mas-violencia-obstretica/