同い年のいとこ:特別な関係

06 10月, 2018
子供時代の多くの思い出に一緒に登場するあなたのいとこと分かち合う特別なつながりは言葉では表しきれません。
 

あなたの家族との思い出に、いつも特別な関係で繋がった同い年のいとこが含まれていることもあるでしょう。確かに幼少期には兄弟ほど近くにいないかもしれませんが、会うたびに愛情を感じさせてくれ、いろいろな役割を果たしてくれる、そのすべてが特別でポジティブなものです。

これは当然、家族の習慣の一部でもあります。同い年のいとこはいつもそばにいて、秘密も恥ずかしいことも何でも打ち明けたことでしょう。子供時代のいとことの関係は、似たところがあるためか近くにいるためか、本当に特別なものです。

あなたに同い年のいとこがいるなら、この話に共感してもらえると思います。おそらく成長の過程で、そして家族の中で一番の友達だったのではないでしょうか。

そして一人っ子にとってはこの関係がより一層特別なものになります。大人になってからの関係は同じではないかもしれませんが、一緒に過ごした夏や自転車での遠出の思い出は、常に忘れずあなたの心に残っていることでしょう。

 

同い年のいとこ

いとこは同じ家に住んでいない兄弟だと言っても過言ではないでしょう。実際、同い年のいとこを持つことは、同居してないという違いだけで兄弟を持つこと同じことです。一緒に住んでいないことは悪いことではなく、むしろそのおかげで二人の間に問題が起こりにくいのも事実です。

荷車に乗って遊ぶ子供二人
 

中には、いとこが兄弟代わりであったり、誰にも話していない秘密や内緒話を最初に話す相手であることも多いでしょう。子供たちの認知機能や運動機能の発達を刺激する存在であると同時に、対人関係の能力を試す機会でもあります。

いとこが同年齢の場合、家族イベントのたびに大切な友達に出会えるようなもので、そのおかげで大人が話している間にちょっと逃げ出して楽しむことができるのです。

さらに、同年齢のいとこの多くは家族親戚のユーモアセンスを共有していますし、似たような環境で育てられています。いろいろな面で似ているため、一緒にいるのが楽で心地よいのです。同じ笑いの感覚を持ち、自分と同じ冗談を楽しむ人と一緒に過ごすのは、とても元気づけられることです。

大きくなると、家族の誰かの欠点について笑ったり冗談を言ったりできるでしょう。これは自分は信頼できる相手を持っていると思わせてくれるようなものです。

いとこは、結婚したり赤ちゃんが生まれたりするなどの家族親戚でのお祝い事を共有できる友達です。さらにおじいさんおばあさんが同じですから一緒に家族で過ごすことができます。

 

あなたが家族を選んだのではありません。あなたが家族にとってそうであるように、家族とは、神様があなたに与えた贈り物なのです。

‐デズモンド・ツツ 

 

同い年のいとこがいることのメリット

同い年のいとこを持つことのメリットを以下に挙げてみました。

  • いとこと言うよりも兄弟のような、兄弟よりも親友のような関係ができる。
  • 同い年のいとこがいると親戚行事が無限大に楽しいものになる。
  • 兄弟のようにどうしても一緒にいなければならないことはなく、共に過ごす時間を選ぶことができる。
 
  • 大人たちが話している何時間もの間に遊べるので、親戚行事が良い思い出になる。
庭で遊ぶ子供二人

  • 血縁関係があるので、つながりは強く、壊れることがない。
  • 良い時も悪い時も、特別な仲間関係がある
  • 家族と友人の間のパーフェクトな組み合わせである。
  • 一緒に遊ぶことで運動能力を発達させる。
  • その多くは親戚行事で大人に植え付けられるものですが、同じユーモアセンスを共有している。
  • ごく小さな時から愛情のつながりが育まれる。
  • 共に楽しみ、一生の友情を結ぶ遊び友達となれる。
  • 同じ家族の出であることで、行動やリアクションを理解できる。

 

同い年のいとこがいることのメリットはたくさんあり、とても貴重なものだということが分かって頂けたと思います。もしラッキーなことにあなたに同い年のいとこがいるなら、忘れられない思い出に彩られたその特別な経験を楽しんでください。

そして同様に、もしあなたの子供に同い年のいとこがいるなら、できる限り一緒に過ごせるようにしてあげましょう。子供たちの人生にとってとても大切な役割を果たすので、ぜひ幼少期から育てていくべき関係です。