お風呂の時間:大切さと実践的なアドバイス

13 1月, 2019
私たちにとって、お風呂の時間は清潔さを保つために大切なことの一つです。この時間を楽しいものにし、子どもに健康的な生活習慣を身に付けさせてあげましょう。それを可能にするアドバイスをご紹介します。
 

お風呂の時間は、子どもとの絆を強め、子どもの自立性を刺激する時間にもなります。この時間を有効に使って、お風呂の時間を楽しい時間にしましょう。

そうするためには、お子さんをお風呂に入れるのにベストな時間と、お風呂の時間をどれくらいとるかを知る必要があります。これから紹介するお子さんをお風呂に入れる際のアドバイスを参考にしてみてください。

 

子どもにとってのお風呂の時間の重要性

子どもの健康を維持するためには、幼いころから清潔感を保つ良い習慣を身に付けることが大切です。そうすることで、さまざまな病気にかかるのをおおいに防いでくれます。だからこそお風呂はとても大切なのです。

お風呂は病原菌や細菌を取り除き、清潔でいるためのとても大切な方法です。同時に、子どもの自立性を高めるためにもいい方法でもあります。

お子さんが生後6か月になったら、お風呂の時間は楽しい遊びの機会になるでしょう。1歳から赤ちゃんは自分の体をきれいにするということに参加できるようになり、3歳になると、さらに自立し始めます。

子どもをお風呂に入れるときのアドバイス

特に3歳以下の子どもはそうですが、子どもの多くは一人でバスタブに浸かるのを嫌がります。そのため、お風呂に入るよう説得するために、一緒に入ってほしいか、おもちゃや人形がほしいかを子どもに提案してみましょう。

お子さん用のスポンジを使わせてあげることも良いアイデアです。この年齢になれば、自分の体について意識が出てきて、自分で自分の体を洗いたがることもよくあります。また、その際には中性のシャンプーを少量使用するようにしましょう。

 

では、お風呂の時間を有効に使うために、さらにアドバイスを詳しく見ていきましょう。

正しいタイミングを選ぶこと

お風呂の時間をきっちり決める必要はありませんが、他の活動を毎日の日課を作るのに使うといいでしょう。例えば、晩御飯の後と寝る前の間などです。

こうすれば、お子さんはお風呂にいつはいればいいのかがわかります。子どもにこれらのルーティーンを指摘することが大切です。それにより子どもが自分のアイデンティティを形成し、新しいことを常に発見し続けるという段階の中で、安定性を得ることができます。

お風呂に入る習慣

どこを洗い、どこを洗わないべきかを知ること

3歳になるまでに、お子さんに自分のお腹、腕、脚をスポンジで洗わせることができます。しかし、よりデリケートな部分については、あなたが洗ってあげるべきです。

例えば、耳です。子どもの耳には何も入れてはいけません。また、しっかりと洗い流すことが大切です。

鼻についても同様です。スポンジと生理食塩水を使用してもいいでしょう。

お風呂の時間の危険

適切な方法に従わないと、お風呂では事故が起こることもよくあります。事故を防ぐためには、いくつか気を付けるべきことがあります。

 

まず、お子さんがバスタブの中で立ち上がるときは、必ずお子さんの手を持ってあげ、滑らないようにしなければなりません。もし可能なら、より安全にするためにバスタブの底に滑り止めを敷くといいでしょう。

また、電子機器は全てバスタブから離れたところに置き、どんな時もお湯の中にお子さんを一人にしてはいけません。

ちょっと目を離しただけでも深刻な事故に繋がってしまう恐れがあります。お風呂に入る前に、必要なものを全てそろえておくようにしましょう。

「1歳から赤ちゃんは自分の体をきれいにするということに参加できるようになり、3歳になると、さらに自立し始めます。」

ゲームと経験

お子さんがすでに学校に行っている年齢なら、お風呂の時間を使って最近どんな感じか、お友達とはどうかを聞いてみましょう。こうすることで、お子さんとの絆を深め、自信と安心感を育てることができます。

お風呂の時間は、新しいこと、ゲームや経験を教えるのにもってこいの舞台でもあります。例えば、運動技能を高めるために、ボトルに入れたお湯をこぼさずにコップに注ぐよう教えることもできます。また、お子さんに新しい体の部位の名前を学ばせてもいいですね。

お湯の温度を調節しましょう

やけどしないように、お湯の温度を調節し、37度以下にしましょう。

お湯の温度を確かめる時は、肘か手首の内側をお湯につけるようにしましょう。お湯は暑すぎず、ぬるすぎないようにしましょう。

お風呂の時間はどれくらいにするべき?

お風呂にどれくらいの時間入るかはあなた次第です。しかし、主な目的はお子さんの清潔であり、お風呂にどれくらい浸かるか時間を決めることではありません。

 

子どもはすぐ寒くなってしまうので、お風呂が長すぎないように気を付けましょう。

子どもの お風呂 について

子どもが一人でお風呂に入れるようになるのは何歳くらいから?

お子さんが6歳になるまでには、ほとんどの子が自分でお風呂に入れるようになるので、一人にしても大丈夫です。しかし、それでもある程度のコントロールが必要です。例えば、お子さんにお風呂にどれくらい浸かるかや、体をきちんと洗わせることなどです。

お風呂の時間が退屈だったり嫌な時間になってはいけません。むしろ、お風呂は子どもがだんだんと自分自身の清潔感を自分で保っていけるようになるためのものなのです。

創造力を働かせ、熱意を伝えながらこの課題に取り組みましょう!