子どもの感情的ネグレクトの4つのサイン

08 6月, 2018
子どもは親からのハグやキス、そして正しく導かれて守ってもらうことを必要としています。これは子どもを甘やかしダメにするということではありません。あなたがお子さんのことをどれだけ思っているかを示すのが大切なのにはしっかり理由があるのです。
 

子どもは良いことも悪いことも周囲から吸収し、倍にして返します。そのため、感情的ネグレクトは子どもの将来の幸福に深刻な影響を与えてしまうことがあるのです。

子どものとき、私たちは様々な面で親や保護者に頼っています。子どもは自分で稼ぐ術を持っていないため、経済的・教育的にだけでなく、感情的・心理的にも依存しています。

愛情や満足感を与え、理解を示すことが、大人が子どもにしてあげられる一番いいことの一つです。人生のこの段階において、ポジティブなお手本を示せるかが、大きな違いを生む可能性があるのです。

そうすることで子どもは健康的な環境で成長することができ、周りの大人を真似して価値観や能力を発達させることができるのです。

しかし多くの場合、こうはいきません。子どもの感情的ネグレクトは子どもの態度、行動、大人になってからどうなるのかという解釈に直接影響を与えてしまいます。

子どもの感情的ネグレクトの意味

子どもの感情的ネグレクトは、子どもが生まれながらに持っている守ってもらいたいという気持ち、価値を認め愛してほしいという気持ちが満たされないときに起こります。

この年齢では、思春期や大人になってからと比べて、愛してもらうことや愛情を行動で示してもらうこと、常に気にかけてもらうことはずっと重要な意味を持ちます。

大きくなるまでに、自分で自分の周りの世界と立ち向かうための様々なツールを持つことになります。しかし、小さな子供にはこれがありません。

家庭での愛情の欠如は、必ずしも物理的な暴力が伴うわけではありません。

 

実際、私たちが普通だと思うような日ごろのシチュエーションでもよく起こりえるのです。例えばコミュニケーション不足、仕事やその他の理由で家を長く空けること、親にかまってもらえないことなどがあります。

これには近代の生活スタイルが大きく関係しています。親が携帯を片手に走り回ったり、仕事のことで頭がいっぱいだったりするのはよく見る光景ですよね。

では子どもはどうなるのでしょうか。よくても親の後ろをついて回って、望みは薄くてもちょっとでも構ってもらおうとしていることでしょう。

感情的ネグレクトはどう起こるのか

子どもの感情的ネグレクトの4つのサイン

1.感情の空虚さ

これは子どものころや成長してからも現れる可能性があります。これは、個人的に何かを達成しても、常に満たされない欲求を感じることです。

この孤独、不安と苦悩の感情は、小さいときに愛する人とつながることができなかったことによるものかもしれません。

2.愛する人との悪い人間関係

親との強い絆を持たずに成長した子どもは、他の人と健全な人間関係尾築くことが難しくなります。

これは愛する人への拒絶、怒りや不信感とも言い換えられます。さらに嫌悪感やうっ積した憤りとして現れることさえあります。

 

一方心配してくれる人との間には依存関係を築いてしまうことがあります。放置されてきた人間は、誰かからの途絶えることのない注目を欲しているのです。

この同じ問題が、個人的な関係では嫉妬や不満につながるかもしれません。

愛情や満足感を与え、理解を示すことが、大人が子どもにしてあげられる一番いいことの一つです。

3.悪い行い

小さいときにもらえなかった注目を得るために、適当でない行動が出てしまいます。

公共の場で周りを見回せば、走ったり叫んだり、自分を見てもらい一緒に遊んでもらうために親を押したりしている子どもがきっといるはずです。

子どもが目的を達成できないと、状況はさらに悪くなります。

こういった悪い行動の典型的な兆候は、気分の激しい変化、泣いたら手が付けられないことや、攻撃的になること、怒っていて衝動的であることなどがあります。

4.身体的・心理的問題

感情的ネグレクトで苦しむ子どもは、不安、学習障害、社会的人間関係の形成の困難などでも苦しむ傾向があります。感染症で苦しむ頻度さえ多くなるのです。

私たちの精神的健康と免疫力の間には直接的なつながりがあるからです。

感情的ネグレクトのサイン
 

状態を元に戻すことは可能?

これは可能というだけではありません。そうしなければなりません。子どもの感情的ネグレクトは、心の穴をタバコ、アルコール、薬物などの物質乱用により埋めようとする可能性があるからです。

子どもの感情的ネグレクトは一瞬の満足を得るためにリスクの高いそのほかの衝動的な行動につながってしまうこともあります。

例えば買い物中毒、危険運転、避妊をしない性行為、万引きなども含まれます。

上に挙げたものの内一つ以上のサインに気づいたら、一番いいのは治療のため心理学者のもとへ行くことです。

しかし予防が一番の薬です。これを心に留めておき、以下のことをするようにしましょう:

  • 子どもの話を聞く。
  • 少しの時間でも、家族で充実した時間を過ごす。
  • 愛情、思いやりと理解を示す。
  • 守られていてケアされていると子どもに感じさせる。

子どもにとっては、親が愛情を示すことが根本的に重要だということは明白ですね。

そのときはたいして意味がないように感じられる些細な行動でさえ、子どもの気分と周囲への考え方を180度変えることになるかもしれないのです。

子どもと時間を共に過ごし、子どもの成長と、特に感情の健康にエネルギーを割いてあげましょう。