子どものための初期経験エクササイズ:早いうちから始めよう

2019年4月28日
初期経験を刺激するエクササイズは、子どもにとって非常に有益なもので、子どもの適切な運動発達と認知発達を助けます。

初期経験エクササイズは、お子さんがより大幅な精神運動と認知能力を発達させるために役立ちます。

子どもの初期経験、または初期刺激づけとも呼ばれるのは、新生児から6際までの子どもに適用することができます。大切なのは、子どもの個性がまだ形成中の間に起こる、ということです。

子どもがまだ生まれてすぐの時に、初期経験エクササイズを始めることがおすすめです。若い年齢から始めると、子どもが成長するに連れて強化するような能力を発達させることができます。

 

初期経験における関連分野

初期経験エクササイズには4つの分野があります。

  • 微細運動能力。微細運動能力の発達は、手と指を必要とします。赤ちゃんが自分の手の動きを認識し始める時、この能力が重要になります。
  • 粗大運動能力。こちらは、腕、脚、体の動きなど、全体的な体の動きを指します。
  • 社会的および感情的能力。この分野には、他人と関係を持つ脳力(社会的)と、感情を表す脳力(感情的)が含まれます。
  • 言語能力。この分野には、話す能力と反応する能力が含まれます。

初期経験エクササイズの強度は、子どもの年齢に合わせましょう。生まれたばかりの赤ちゃんなら、少しずつ初めて、年齢とともに強度を上げるのが良いでしょう。

こちらもお読みください:子供のピアス:適切な年齢は?

初期経験エクササイズ

最もよく使われる初期経験エクササイズをいくつか説明するために、年齢によって分けた3つのカテゴリーを使います。前述のように、エクササイズ内容は子どもの年齢によって強度が異なります。

子ども 初期経験エクササイズ 

新生児のための初期経験エクササイズ

  1. 子どもたちがものをつかめるようになるように、ラトルのような音が出るおもちゃを与えます。子どもが真似できるように、左右に動かしましょう。
  2. 顔に刺激を与えるには、指2本をを赤ちゃんの額、鼻、または唇のそれぞれ真ん中に置き、左右にゆっくりと離します。
  3. 赤ちゃんの注意を引くような明るい色のものを渡してください。
  4. キスをしたり、優しく撫でたり、愛情のこもった口調で話しかけることで、赤ちゃんの社会的発達を助けます。
  5. 生後4ヶ月からは、体の動きを取り入れることができます。赤ちゃんが寝返りを打ったり、数メートル進んだりだってし始めます。
  6. 腕と脚を伸ばしたり曲げたりします。
  7. 赤ちゃんが成長するにつれて、似たようなエクササイズを続けたり、もっと複雑な動きをさせましょう。

 

1〜3歳のための初期経験エクササイズ

お子さんが1歳になる頃には、周囲のものを発見し始め、知覚発達のタイミングが来ます。

  1. このくらいの年齢では、子どもが自分で動き回ったり、立ち上がるのを助けると良いでしょう。おもちゃを掴んで子どもの近くに置いて、子どもが自分で取りに行けるようにしましょう。
  2. 識別ゲームは、子どもが情報を学び始めるのにぴったりです。例えば、体の部位、1〜10の数字、色の名前などがあります。
  3. 歌を使ってエクササイズをするなら、子どもの記憶力を発達させる手助けになります。
  4. おもちゃを手に取る、トイレに行きたいと言う、自分で服を脱ぎ着する、などといった簡単なことを覚えさせましょう。このような小さな行為が、子どもが良い行動習慣を身に着ける助けになるのです。

こちらもお読みください:3〜5歳の子供向けゲーム

母親と子ども 初期経験エクササイズ 

3〜6歳のための初期経験エクササイズ

  1. 簡単なパズルを使って、ピースをはめる方法を教える。これにより子どもの思考プロセスが発達します。
  2. 音楽を使って体の動きを促します。次に、覚えやすい簡単な踊りを教えます。
  3. 子どもにお絵かきをさせて、何を描いているのか聞いてみましょう。これにより、その瞬間にどう感じているかを説明する学習になります。
  4. ゴミを捨てたり、引き出しからスプーンを取り出すなど、簡単な作業を教える。
  5. ぬいぐるみを物語の主人公に見立て、子どもの想像力を養う。
  6. 子どもが他人に共感するのは非常に重要です。子ども同士で離したり遊んだりすることは、子どもの成長にとって不可欠です。
  • Barreno-Salinas, Z; Macías-Alvarado, J. Estimulación temprana para potencia la inteligencia psicomotriz: importancia y relación. Revista Ciencia UNEMI Vol. 8 – Nº 15, Septiembre 2015, pp. 110 – 118. ISSN: 1390 – 4272.
  • La estimulación temprana y su importancia. Temas para la educación. Revista digital para profesionales de la enseñanza. Nº 17. Noviembre 2011. Federación de Enseñanza de CC.OO de Andalucía. ISNN: 1989-4023. Dep Leg: GR 2786-2008. [En línea] Disponible en: https://www.feandalucia.ccoo.es/docu/p5sd8727.pdf
  • Sánchez, E. El poder de la estimulación sensorial. La mente es maravillosa. [En línea] Disponible en: https://lamenteesmaravillosa.com/el-poder-de-la-estimulacion-sensorial/