子供の成長はいつ止まるの?:子供の成長段階について

2019年3月26日
親にとって子供が成長し人生の様々な段階を経験するのを見るよりことも、幸せなことはありません。子供の成長がいつ止まるか知っていますか?

生まれてから思春期の終わりまで、子供たちはノンストップで成長します。成長と発達には様々な要因が関係しています。生活の色々な要素が​​子供の成長がいつ止まるのかを決定するのです。

身長は子供の成長の基本的な要素ですが、それだけではありません。体重や筋肉量の増加、そして思春期に起こる様々な身体的変化についても考えていきましょう。

 

子供の成長を左右する要因

前述したように子供の発達に影響を与える要因は様々あり、先天的な要因と外的な要因に分ける事ができます。もちろん、これらはプラスにもマイナスにも働く事があります。

では、このプロセスに影響を与える重要な要因について見ていきましょう。

性別

遺伝的な理由により男子は女子と同じように成長しません。女子と男子のホルモンの違いが思春期などの発達段階のタイミングを変えるのです。

平均的に、男の子は女の子より背が高く成長します。しかし、女の子の方が男の子よりも早く最終的な身長に達するでしょう。

遺伝子

遺伝子は子供の成長で大きな役割を果たします。特定の人種、または高地などの特別な地理的地域に住んでいる人は成長を促進、または低下させるような先天的な特性を持っています。

子供の成長を測る 思春期 成長 いつ止まる

食生活

健康的でバランスの取れた食事は成長期の子供たちにとって非常に重要です。状況の悪い地域で育った子供は栄養失調になる可能性があり、これは身体の発達に深刻な影響を与える可能性があります。

睡眠

成長ホルモンであるソマトトロピンは眠っている間に生成されることをご存知ですか?ずばり、これこそ睡眠がとても重要な理由です。子供は大人よりも睡眠を必要としています。

子供が成長している間は睡眠が必要不可欠です。あなたの子供に十分な睡眠をとらせましょう。

運動と健康

運動は遊びであろうとスポーツであろうと、骨の発達を助け、筋肉の強化と成長を刺激するため大変重要です。

その一方、心臓病、セリアック病、成長ホルモン欠乏症などは反対の効果をもたらします。これらを抱えている子供は、身長に影響が出るでしょう。

遺伝的な理由により男子は女子と同じように成長しません。

何歳で子供の成長は止まるの?

あなたの子供が上述の病気を患っていない限り、子供の成長がとまる「平均」年齢を参考にできるでしょう。子供の成長プロセスは通常、18歳から21歳ほどで止まります。この年齢では、次のような身体的変化を経験するでしょう。

  • 声の変化
  • 体重の増加
  • より強く大きな筋肉の形成
  • 顔、体、そして陰部の発毛
  • 生殖器官と性欲の発達

子供の成長段階

子供たちの体はゆっくりと発達します。生まれて最初の数年間で、彼らの運動能力と認知能力が著しく成長するでしょう。子供たちは動き回り、自分を表現し、そして世界と関係を持つことを学びます。

その後しばらくの間成長を止め、その後また急速に成長するでしょう。一部の親は心配に思うかもしれませんが、これは自然なプロセスです。

背丈を図る医者 思春期 成長 いつ止まる

最も顕著な変化は思春期に起こります。男の子は10歳と15歳の間に起こるでしょう。前述したように、同時に様々な身体的変化が起こり、大人へと成長していくのです。

思春期の終わり頃には発達が遅くなるでしょう。 20歳または21歳になると成長は終了します。当然のことながら、この年齢は人によって様々です。誰もが同じペースで成長するわけではないのです。

また、この成長プロセスの心理的および感情的な影響も無視してはいけません。これらの成長過程は子供たちを心配させるかもしれません。

親として知恵を使い、あなたの子供が落ち着いて自分の変化を受け入れ自信を持てるようにすることが重要です。