子供に靴紐の結び方を教える時のコツとは?

20 1月, 2019
子供の学びを手助けするのに一番大切なのは忍耐強くあることです。
 

靴紐を結ぶことは自立の第一歩でしょう。この記事では楽しく子供に靴紐の結び方を教える方法を紹介します。

靴紐の結び方をどう教えるべきかは、母親や先生、ベビーシッター、多くの人が抱いている疑問だと思います。

自分自身が毎日靴紐を結んでいるからといって、結び方を子供に教えるのはそう簡単ではありません。

また、子供の多くは運動能力が十分でないため、5歳から6歳になるまでうまく結ぶことができません。

母親として、自分なりの方法で教えることが理想ですが、過去に教わった記憶があれば自身が教わったように子供に教えてあげても良いでしょう。

しかし、自分が覚えられたからといって必ずしも子供もできるとは限りません。このことを心に留めておいてください。

「教育とは、子供が能力を表に出す手助けをすることである」

Erich Fromm

子供に靴紐の結び方を教えるには

教える方法が定まっていない場合には、以下のテクニックを参考して下さい。

1. 指の動かし方を教える

子供が靴紐の結び方を覚えられない原因はいくつかあります。

まず、靴ひもを結ぶには指の器用さと、指の動きを調整する能力が必要となります。

紐の結び方を教える前に、どのように指を動かすかを教えることをお勧めします。

紐の持ち方や指の動かし方を実践し、子供のに見せてあげてください。

紐を結ぶには、親指と人差し指でロブスターのハサミのような形を作り、しっかりと二本の指で紐をつかまなければなりません。他の指が邪魔にならないように指同士を話すことを教えましょう。

最初は保護者が紐を持ち、子供の手を取りながら一緒にやってみると良いかもしれません。

子供の靴
 

2.色のついたひもを使う

次に、2本の紐が絡み合った時に、子供が簡単に識別できるよう異なる色の紐を使用して下さい。

色のついた紐がなければ、マーカーで色を塗ると良いかもしれません。色を使用することで複雑なプロセスの理解、記憶がかんたんになります。

色付き紐の準備ができたら、靴を入かせましょう。保護者は子供の隣に立ち、片方の靴を使い手順を見せましょう。もう片方の靴を子供にさせ、子供が見比べられるようにしてください。

彼らが理解できるまで繰り返し行いましょう。

3.ウサギむすび

靴ひもの結び方は複数ありますが、中でも、簡単で子供にとって楽しい結び方がウサギむすびです。

この結び方は、ウサギの耳を彷彿とさせるように2つの輪を作る結び方です。

耳を作る際には異なる2色の紐を使うことをお勧めします。結び目を起点として、それぞれの2つの輪を作ります。

ウサギむすびを教える際には、親指と人差し指を使い結び目を作る方法を子供に教えることが重要です。

最後に紐を引くことで、ウサギの耳の大きさが調整できることを子供に教えてください。

靴ひもを結ぶ 靴紐の結び方

4.ダンボールや、ボール紙を使う

靴紐の結び方を子供が覚えやすいように、ボール紙やダンボールで作った模型を使用しても良いかもしれません。

ボール紙やダンボールで靴の模型を作り、子供に結び目の作り方や輪の作り方を繰り返し練習させてあげるのです。

 

模型を作りは簡単です。マーカーを使い、一枚のボール紙の上に靴を描きます。

穴あけパンチで穴を開ければ完成です。模型の準備が整ったら、本物の靴でやるように、手順を教えましょう。

繰り返し、繰り返しなんども練習をさせることが重要です。これは子供が何を学ぶ時にも言えることです。

子供たちがなかなかできないと、保護者もどう教えれば良いのかわからなくなるかもしれません。

子供の学びを手助けするのに一番大切なのは忍耐強くあることです。子供のほとんどが、何度も繰り返すことで手順を覚えていくのです。