あなたがどれほど愛しているかを伝える13の方法

22 7月, 2018
 

この記事では、あなたの子供に愛の度合いを示す13の方法と、母と子供との愛が常に相互的でそして無条件である理由を紹介します。

母親が子供に対する愛は計り知れないものであり、数値化するのは難しいかもしれませんが、心配しないでください。あなたがどれくらい愛しているかを子供に示す簡単な方法を説明します。

赤ちゃんを子宮に抱えた瞬間から、私たちは最高の優しさと愛を与える素晴らしい能力を持つようになります。

この新しい愛と希望は、赤ちゃんがいる新しい人生を準備するときにも見られます。例えば、

  • 妊娠に伴う診察に予定通りに通う。
  • 赤ちゃんの部屋を準備し、飾り付ける。
  • 赤ちゃんが生まれたら必要となるもの(ベビーカー、揺りかご、ベビーキャリア、バスタブ、衣服、アクセサリーなど)を購入する。
  • 常に赤ちゃんのことを考え、迎えた後の妄想をし、親戚や友人に赤ちゃんの超音波画像を見せる。
  • 子宮内刺激(読書、腹部を撫でる、歌を歌う、赤ちゃんに話しかける等)を行う。

赤ちゃんが腕の中にいるのなら、異なる方法で私たちの愛を表現することができます。授乳させたり、赤ちゃんを清潔にし、面倒を見るなど、さまざまな良い刺激を与えるのです。

愛しき母へ、

私が初めて名前を呼ぶ人よ

無限の愛をもって

あなたは私に話すことと歩くことを教えた

-Daniela Aragunde-

どれだけ子供を愛しているかを伝える13の方法

愛を伝える2
 

子供のへの愛は無限であり、母親が取るすべての行動は、常に子供のためのものです。時には、振る舞いの矯正と叱咤も含まれます。

しかし、時にはその愛は子供に気づかれ、理解されることはないでしょう。

従ってこの記事ではあなたがどれほど愛しているのかを子供に伝える13の方法を提案します。

1.彼らが目を覚したら、おはようと言う。「愛している」、「恋しい」などのようなフレーズ、そして丁寧な言葉で彼らに話しかけることは、彼らがあなたと家族にとってどれほど重要であるか伝えることができます。

2.愛撫、キス、抱擁など、頻繁に身体接触を図る。あなたが子供を信じていることを伝えてください。

3.子供の好きなアニメキャラクターの名前を覚え、傷や病気の時に、子供を励ますための曲を調べる。

4.あなたが間違っている時には、謙虚に、許しを求める。

5.物語や本を読み聞かせたり、あなたの幼児期のことを子どもに語ってあげる。

6.模範になる。彼らの模範となり、正直に、真面目で、忍耐を持ち、敬意を示す。つまりは、親としてイメージを維持するということです。

7.質の高い時間を過ごす。彼らの関心が移ろっても、一緒に過ごす時間を無くしてはいけません。

8.子どもの社会との交流を促し、規律やルールを設ける。

9.どんなに小さく、重要でない目標でもそれを達成させるように常に子どもを励ます。彼らにゴールはは努力と忍耐で達成できることを理解させることが重要です。

10.旅行、遊び、歌など、経験を共有する。これらは、あなたがどれだけ我が子愛し、関心をもっているかを伝える良い方法です。

 

11.子どもの学校生活に関わり、弱点を解決するために頻繁に教師とコミュニケーションをとる。

12.彼らの愛情表現に反応する。あなたが何かをしている途中でも、子どもからの愛情を欲するジェスチャーを感じたら、仕事をとめて優しくこたえましょう。子どもが困難に直面しているときや病気を患っているときに、サポートすることによって、無条件の愛を示してください。

13.彼らが寝る前におやすみなさいと言いましょう。子供の頬または額に優しくキスをしてあげても良いでしょう。

相互愛

愛を伝える3

子供たちは、身体的および感情的なニーズに答える人との間で強い結びつきを形成する能力を持っています。多くの場合には絆は、支援や、身の安全の保障、そして愛を与える人々との完全で深い繋がりです。

あなたがどれ程愛し、子供に価値を置いてるかを子供に伝えることで、子どもは愛を送り、受け取る双方向の方法を容易に理解できるようになるでしょう。

覚えておくべきこと:母と子愛よりも、激しい相互愛はありません。

母親と子供のつながりは、絶え間ない相互の愛の下で確立され、強固になるのです。

この愛は、自然界に存在する最も強力で熱烈な関係です。「母と子の愛」 -かけがえない、必要不可欠で永続的な愛です。

 

お母さん、ありがとう。子供の頃はあなたがスーパーヒーローに見えたけど、大人になった今、あなたが本当にスーパーヒーローであると気づいた。

匿名

 
  • Bowlby, J. (1969). Attachment, Vol. 1 of Attachment and loss. New York: Basic Books.
  • Delgado, A. O., & Oliva Delgado, A. (2004). Estado actual de la teoría del apego. Revista de Psiquiatría y Psicología del Niño y del Adolescente4(1), 65-81.
  • López, C. y Ramírez, M. (2005). Apego. Revista Chilena de Medicina Familiar6(1).
  • Barudy, J., & Dantagnan, M. (2005). Los buenos tratos a la infancia: Parentalidad, apego y resiliencia. Editorial Gedisa.
  • Garrido-Rojas, L. (2006). Apego, emoción y regulación emocional. Implicaciones para la salud. Revista latinoamericana de psicología, 38(3), 493-507. https://www.redalyc.org/pdf/805/80538304.pdf
  • Marrone, M., Diamond, N., Juri, L., & Bleichmar, H. (2001). La teoría del apego: un enfoque actual. Madrid: Psimática.
  • Mosquera D, Gonzalez, A (2009) Escala de Apego y Patrones Relacionales.
  • Mosquera, D., & González, A. (2013). Del apego temprano a los síntomas del trastorno límite de personalidad. Revista Digital de Medicina Psicosomática y Psicoterapia, 3(3), 1-33. http://www.psicociencias.com/pdf_noticias/Apego_y_TLP.pdf
  • Shaffer, D. R., & del Barrio Martínez, C. (2002). Desarrollo social y de la personalidad. Madrid: Thomson.