子どもの体重が平均を下回っている:原因や対策は?

2019年2月19日
体重を増やすためには栄養価が高く、ビタミンが豊富で、許容範囲のカロリーを含んだ食べ物が必要なのです。

自分の子どもの体重が足りていないとき、助けてあげるにはどうしたらいいのでしょうか? 栄養面に問題がある子どもを持つお母さんには、多くな不安をもたらす疑問です。今日は、このテーマについて知っておくべきことをお話しようと思います。

体重が重すぎると、特にそれが子どもの場合、社会から軽蔑されがちです。同じように栄養不足の人も、見下されたり仲間外れにされたりするかもしれません。

体重の足りていない子どもは、その裏にある理由が不明の場合、危険にさらされている可能性があります。

大人はよく子どもが食べたがるジャンクフードを好きなだけ与えるという深刻なミスを犯していることが多いです。親はこうすることで子どもが健康的に体重を増やすことに役立つと考えています。もちろん、これは全く健康的ではありません。

実際、子どもの体重を適切に増やすためのベストな方法は、子どもの栄養習慣を変えることなのです。良い変化は正しい食べ物を特定し、それを選ぶことから始まります。

体重を増やすためには栄養価が高く、ビタミンが豊富で、許容範囲のカロリーを含んだ食べ物が必要なのです。

体重の足りていない子どものために取るべき最初のステップ

まず最初にするべきことは、様子がおかしいと思ったら医者に連れていくことです。医者がお子さんにとってベストなことは何かを教えてくれるでしょう。定期健診や評判の良い先生に診てもらうことが一番確実です。

子どもの体重が軽いことの裏にあるかもしれない理由とは?

遺伝

お子さんの身体つきは単純にあなたの家族やパートナーから受け継いだ遺伝子のせいかもしれません。

お母さんやお父さんがスリムだと、子どももスリムになる傾向があります。そうでない場合、医者がお子さんを検査して、原因を見つけてくれるでしょう。

食に興味がほとんどない

子どもは食べることが大好きです。もちろん、全てが大好きなわけではありませんが、子どもがおいしく食べられる食べ物はたくさんあります。ですので、お子さんが食べ物に興味がないなら、それは医療上の、あるいは心理的な問題なのかもしれません。

または、糖尿病や甲状腺機能亢進症などのホルモンバランスの乱れや代謝の低さなどが原因の可能性もあります。特定の食べ物にアレルギーがあったり、胃腸の問題に悩まされているのかもしれません。これらの症状があると、食べることでお子さんは不快に感じてしまうかもしれないのです。

体重が足りていない子ども

いじめ

思春期前には社会的なプレッシャーや仲間外れにされることの恐怖で、子どもが摂食障害になってしまうことがあります。つまり、いじめも過食症や拒食症につながる恐れがあるのです。

運動

運動をしすぎると代謝が加速します。極端なケースでは、そのために食べ物をきちんと消化、吸収することができなくなってしまうことがあるのです。

子どもの理想体重に到達するのを助けるために何ができる?

健康的な体重の範囲に入っていることが、長期的な健康においてとても重要です。運動と適切な栄養が、私たちの健康を保つ上で大半を占めます。次のようなことも頭に入れておいて子どもの健康管理を行うようにしてください。

こまめに食事をとる

お子さんの体重が足りていない場合、食事をこまめにとると良いでしょう。お子さんが何を食べるかだけではなく、どれくらい頻繁に食べるかが重要になります。小さい子どもの胃はより小さいので、少ない量を一日6,7回食事をとるのがオススメです。

ヘルシーな家族の習慣

他の家族のメンバーも良いお手本となることが大切です。家族全員がヘルシーな食習慣を持っていれば、子どももそのライフスタイルを簡単に取り入れることができるでしょう。必然的に、これは子どもの全体的な健康に役立ちます。

健康的な食事と共に、効果的な運動をすることも賢い選択です。運動は食欲を刺激するので、お子さんを食事をとる前にアクティブにさせることも役に立つのです。

これらのことに加えて、パン菓子やソフトドリンク、クッキー、ファストフード、ジャンクフード、お菓子などのヘルシーでない食べ物は避けるようにしましょう。

こういったものを食べると、健康上の問題が起きる可能性がずっと高くなります。また、脂肪の摂りすぎなどによって、糖尿病や心臓病などのリスクが発生します。

「大人はこういった子どもに、子どもが食べたがるジャンクフードを好きなだけ与えるという深刻なミスを犯していることが多いのです。親は、こうすることで子どもが健康的に体重を増やすことに役立つと考えています。もちろん、これは全く健康的ではありません。」

子どもの体重を増やすためにするべきことは?

子どもの体重を増やすには 子どもの体重

まず最初にすべきことは、家族の食習慣を見直し、よりヘルシーにするために必要な変化を起こすことです。

砂糖が多く入ったジュースやソフトドリンクはやめて、カロリーの高いジャンクフードも減らしましょう。これらはお子さんの体重を健康的に増やすために役立ちません。

代わりに、カロリーと栄養のバランスの取れた食べ物を食べましょう。

ビタミンやミネラルの豊富なものを探してみましょう。手元にこういった様々なアイテムを持っておくと、子どもがおいしく食べられるメニューを’次々に作るのに役立ちます。

主な食品群からの食べ物を含む食事を提供しましょう。ジャガイモやパン、シリアルなどの炭水化物も含めます。一日を通して、果物や野菜も出しましょう。

牛肉や魚、穀物や卵、牛乳、ヨーグルト、チーズといった乳製品などのたんぱく質も家族に与えます。同時に、食物繊維は摂りすぎないようにしましょう。全粒の米やパスタは子どもの食欲を抑えます。

脂肪はいつも身体に悪いわけではないということも覚えておきましょう。例えば、野菜ベースのオイルは、食事に栄養を足すのにとてもいい方法です。種やナッツも午後のおやつに最適ですし、食事に味や歯ごたえを足すのにも使えます。

お子さんが果物を食べるのがあまり好きではなかったら、スムージーやナチュラルアイスキャンデー、フルーツサラダなどを試すこともできますよ。

野菜については、おいしいピュレやポットパイなどを作るのもいいでしょう。クリエイティブさと発明で、お子さんの食欲を刺激することがきっとできますよ。

これらの変化全ての裏にあるのは、正しいビタミンと栄養を供給することです。特定の治療を必要とする医療的診断が出ている場合を除いて、しっかり食べれば、お子さんの体重を適切に増やすのには十分でしょう。

ときに変化は難しいこともありますが、それは必要なことです。私たちの家族の健康のこととなれば特にそうですよね。