プールの塩素はアレルギーの原因になる可能性があるのは本当?

2019年4月28日
ご存知ではないかもしれませんが、プールを清潔に保つために使われている塩素は、呼吸器系や肌のアレルギーを引き起こす可能性があるのです。

プールの塩素がアレルギーの原因になる可能性に加え、その予防法や治療法を学ぶことでお子さんと一緒に夏をめいっぱい楽しむことができます。

 

プールの塩素には呼吸器系のアレルギーの原因になる可能性が

塩素のにおいをかぐと、家族とプールで過ごした楽しい時間やわくわくするプールの授業などのハッピーな日々のことを思い出す人が多いでしょう。しかし、塩素と呼吸器系の問題やアレルギーが結びつくという人もいるかもしれません。

この物質はプールの清潔を保つために使われますが、これはとても強力でもあり、健康に害のある成分でもあるのです。

プールの塩素は大人にも子どもにもアレルギーを引き起こす恐れがあります。とても小さな子供の場合には、喘息などの呼吸器系の病気になるリスクが高まる恐れがあります。

室内プールも屋内プールも、ほとんど影響は変わりません。気分が悪くなる可能性は、プールでどれだけの時間を過ごしたか、どれくらいの頻度でプールに行くか、そしてどれだけの塩素を取り込んだかによります。

子どもの年齢が低いほど、塩素に対するアレルギー反応が出やすくなります。最も最初に出る症状の一つは、鼻と目への炎症です。せきや嘔吐、呼吸への影響なども考えられます。

塩素とアレルギー プール 塩素 アレルギー

プールの塩素は肌のアレルギーを引き起こす恐れも

外が暑いとき、涼むためにできることでたいてい頭がいっぱいになりますよね。そして家や友達の家などにプールがあるラッキーな人は、世界一幸せだと感じるでしょう。

しかし、塩素の入った水に飛び込むことには、私たちの肌への望まない影響が伴うかもしれません。これは塩素はプールをきれいにするために使われているので、私たちの肌を乾燥させ、アレルギー反応に敏感にしてしまう恐れがあるのです。

最も影響を受ける体の部位は、目、鼻、そして性器にも影響があることもあります。長時間プールの中にいると目が赤くなりますが、これは塩素の真皮への明らかな影響です。

塩素は肌を乾燥させます。毎日泳いでいる場合は特にそうです。肌は「層」によって守られていますが、それは化学物質による攻撃で減り、変化し、完全になくなってしまうことさえあるということを理解することが重要です。これは敏感肌の人や肌が薄い人に起こることがほとんどです。

そしてそれだけでなく、塩素は髪にも影響します。特にブロンドの髪、そして爪にも影響があります。しかし、これは塩素のせいだけなのでしょうか?

実際、硫酸銅、鉄、金属などを含む、その他のプールをきれいにするための化学物質もまた私たちの健康にはとても有害なのです。

「とても小さな子供の場合には、喘息などの呼吸器系の病気になるリスクが高まる恐れがあります。」

塩素のアレルギー反応を避けるためには

塩素はプールを殺菌消毒し、大腸菌などの細菌を少なくし、より長くプールの水のコンディションを保つために使われているので、それによりアレルギーが起こりにくくするためには特定の習慣を変えなければなりません:

塩素のアレルギーを避けるために プール 塩素 アレルギー

塩素でアレルギーが起こる人もいるのは事実ですが、適切に使用すれば、プールで害を受けることなく夏を楽しむことができますよ。