乳児疝痛の赤ちゃんをなだめるコツ

叫び声をあげて泣き止まない赤ちゃんに、何もしてあげられないのはとても辛いものです。そこで乳児疝痛の赤ちゃんをなだめるコツをご紹介します。
乳児疝痛の赤ちゃんをなだめるコツ

最後の更新: 15 12月, 2018

赤ちゃんの腹痛や胃腸の痛みを伴う乳児疝痛は、どの親でも心配になるものです。子どもの症状を理解して見極めること、それに合わせて乳児疝痛の赤ちゃんをなだめることが重要になってきます。

生後3カ月の発達の間に、赤ちゃんは色々な消化器官の不具合を経験します。それにも関わらず医学専門学会では、乳児疝痛が発症する原因が明らかにされていません。

今回は、そんな乳児疝痛の症状を和らげるために、以下の方法をご紹介します。

乳児疝痛とは?

小児科医の専門家によると、乳児疝痛は3ヵ月未満の赤ちゃんにみられ、特に原因もなく長い時間泣き続けることだと言われています。まだ消化器官が未発達なので、それによって腹痛が引き起こされると関係付ける見方もあります。また子どものアレルギー食べ物への耐性との関連も予測されます。

乳児疝痛に関する研究では、まだはっきりしたことがわかっていません。疾患症例のうち、5%しかまだ原因が明らかにされていないのです。因果関係が明白ではないものの、乳児疝痛は次にあげる要因によって起こると考えられています。

  • お腹にガスが溜まっている。
  • 乳たんぱく質に対する不耐症。
  • 心理的な理由から起こり、両親の不安感などが子どもへ移る。さらに子どもが心配しやすい性格だから起こることもある。

乳児疝痛の外観でわかる症状

乳児疝痛では、次のような症状がみられます。

  • 大声で泣き続ける。大抵の場合一日の終わり頃から黄昏泣きが始まり、週に3回以上夜泣きをする。
  • 赤ちゃんが身体を異様に動かす。こぶしを握って、顔を赤らめて泣いている。腹部が固くなって、足を高くお腹の方へ上げている。
乳児疝痛の赤ちゃん

乳児疝痛の赤ちゃんをなだめるコツ

これから紹介する方法を試すことで、胃腸の不快によって起こる腹痛を和らげることが出来るでしょう。しかし正確に判断するには、医師に相談するのが一番です。

赤ちゃんの夜泣きの本当の原因について、小児科医に診断してもらいましょう。

授乳について

母乳育児の場合は、ブロッコリー、カリフラワー、芽キャベツ、キャベツなどを食べないようにしましょう。母親が食べることで、赤ちゃんの腸内で炎症を起こし、ガスが溜まりやすくなります。同様に調味料やスパイスもあまり使わない方が良いでしょう。

「まだ消化器官が未発達なので、それによって腹痛が引き起こされると関係付ける見方もあります。」

そして調整ミルクを与える場合は、粉ミルクと水の割合に気を付けるようにしましょう。小児科医の勧める量に合わせて、混ぜることが大事です。

子どもの年齢と必要性に合わせて、粉ミルクの量を勧めてくれるはずです。粉ミルクのメーカーを変える時も医師に相談するようにして下さい。

他にも気を付けたい注意事項があります。調整ミルクの種類は逆流防止で、さらにげっぷを起こしにくい粉ミルクを選ぶと良いでしょう。子どものために知っておくと便利な情報がたくさんありますね。

こちらも参考にして下さい:疝痛を和らげる方法

乳児疝痛について、さらに気を付けたいこと

少しでも赤ちゃんの不快を取り除くために、以下の方法を利用して乳児疝痛の症状を和らげましょう。

乳児疝痛 にはマッサージ

  • 温かいお風呂に入れる。赤ちゃんがより気持ちよくなるでしょう。お湯につかっていることで気持ちが穏やかになります。子どもでも大人でも、温かいお湯で落ち着いてきます。
  • 赤ちゃんを垂直な姿勢にする。特別な椅子に座らせたり、抱っこしてあげるのが良いでしょう。この身体が縦になる姿勢は、ガスを出しやすく、胃の酸化を防ぎます。

最後に気を付けて欲しいことは、乳児疝痛のための薬は危険なので赤ちゃんに与えないでください。この種類の薬は、まだ効果的であると証明されていないことに加え、身体に良くないこともあります。もし薬の服用を始めるとしても、まずは医師に相談することをお勧めします。

It might interest you...
赤ちゃんがインフルエンザにかからないようにする7つの予防法
わたしママで読むことができます。 わたしママ
赤ちゃんがインフルエンザにかからないようにする7つの予防法

風邪を予防することは難しいですが、健康的な食事を与えることで免疫力を強め、赤ちゃんを守る事ができ、赤ちゃんがしょっちゅう風邪を引いてしまうという事態を避ける事ができます。赤ちゃんが病気だと、たいてい親も感染するでしょう。 インフルエンザ にかからないようにする7つの予防法を紹介します。



  • Zeevenhooven J., Brown PD., L’Hoir MP., Weerth C., et al., Infant colic: mechanisms and management. Nat Rev Gastroenterol Hepatol, 2018. 15 (8): 479-496.
  • Gelfand AA., Infant colic. Semin Pediatr Neurol, 2016. 23 (1): 79-82.