もし子供が熱湯で火傷をしたらどうしたら良い?

2019年3月11日
親としては熱湯で子供が火傷をしたというような状況に備え、基本の応急処置を知っておく必要があります。

子供が熱湯で火傷をした!そんな不幸なアクシデントが自分の子供に起きたら、親としてはパニックに陥るはずです。

このような緊急の場合では正しく対応することが非常に大切です。火傷の重度によって、それぞれ何をすべきかを今回は詳しくご紹介していきます。

私たちは子供を危険から守るために常に気をつけています。しかし、それでもアクシデントは簡単に起こり得ます。家の中で子供に起こる一般的な事故のうち、キッチンでの火傷はランキングのトップに位置付けられます。

この事故を防ぐために、私たちは考えられる全ての事前の注意と、安全のための対策を取らなくてはいけません。また同時に、親としては熱湯で子供が火傷をしたというような状況に備え、基本の応急処置を知っておく必要があります。

子供が熱湯で火傷をしたら何をしたら良いか?

もし子供が熱湯で火傷をしてしまったら、まずあなたがすべきことは落ち着くことです。そして、これからご紹介することに、注意しながら従ってください。そうすることで、このような緊急の場合に、お子さんに必要な処置をしてあげることができるでしょう。

まずは、子供をキッチンから離れさせます。明るく、換気の良い部屋に連れていきましょう。そこで、1度、2度、3度のうち、どの重度の火傷を負ってしまったのか判断します。

家で治療ができるのか、それともすぐに病院に連れていくべきなのかどうか、どのような処置が必要かをそこで決めます。

子供が熱湯で火傷したら何をしたら良い?

もし火傷が軽度の場合、熱湯に触れて火傷をしている部分に当たっている衣服を取り除きます。そして、火傷をした部分に冷たい水を3分から5分ほどかけます。これで痛みが和らぐはずです。

衣服の状態に特別の注意を払うことが絶対的に重要です。もし服が火傷した肌に張り付いている場合は、いっさい手を触れず、すぐに病院へ連れていきましょう。

1度の火傷への対処法

1度の火傷とは、肌の表面上のみのダメージです。とは言っても、相当の痛みと肌の赤み、腫れが起きないわけではありません。1度の火傷では、肌が日焼けしすぎた時のように赤くなりますが、水ぶくれにはなりません。

このような軽度の火傷への一般的な対処法です。

もし子供の衣服が火傷した肌に張り付いている場合は、剥がそうとはせずに即、病院へ連れていきましょう。

1度の火傷は、痕を残すことなく5日ほどで治ります。しかし、もし火傷が顔や性器、手足の場合は医師のところへ連れていきましょう。火傷がひどくないと思われても、これらの箇所の肌は特に痛みやすく、特別な注意が必要だからです。

熱湯 火傷 対処法

複数回連続で起こる火傷への対処法

複数回火傷をした場合は、きちんとした処置を行わないと肌が変形したり傷となり、痕を残すことになってしまいます。

もし火傷が重症だと思われた場合はすぐに救急車を呼ぶか、自分で病院へ行った方が早い場合はすぐに連れていきましょう。

この火傷の場合、肌は赤くなり腫れ上がります。水ぶくれもすぐにでき、特にひどい場合は肌が白っぽくみえるか、黒っぽく見える場合もあります。患部には感覚がないのと同時に、ひどい痛みを感じます。

もちろん、火傷は未然に防ぐことが最善の策です。熱湯による火傷は極度の痛みを伴います。ひどい場合は、たった3秒間熱湯に触れただけで3度の火傷になることがあります。

子供の火傷に対し対処法に迷う場合は、病院に連れていきましょう。このような緊急の場合には、迷う必要はありません。

Stoddard, F. J., Sheridan, R. L., Saxe, G. N., King, B. S., King, B. H., Chedekel, D. S., … Martyn, J. A. J. (2002). Treatment of pain in acutely burned children. Journal of Burn Care and Rehabilitation. https://doi.org/10.1097/00004630-200203000-00012