子どもに最もよくみられる食物アレルギー

· 2019年2月23日
子どもに食物アレルギーが出るのは子どもの免疫力がとても敏感だからです。そのため、軽度の物から命にかかわるものまで、好ましくない症状に苦しむことになるのです。こういったアレルギーと闘う方法を見てみましょう。

食物アレルギーはたくさんの子どもに影響します。子どもの免疫がアレルギー物質を検出すると、身体に様々な警告を発し、こういった警告が子どもの命を危険にさらすことさえある好ましくない症状を引き起こすのです。

ですので、親がどのタイプの食べ物が子どもにアレルギーを引き起こすかを把握していることがとても重要です。さらに、子どもの身体が示すかもしれない症状に気づく方法も知っていなければなりません。

そして、食物アレルギーと食物不耐症の違いや、子どもの食事の中に可能性のあるアレルゲンを取り入れる方法をわかっている必要があります。

残念ながら、特定の食べ物にアレルギーがある場合、それは一生続きます。ですので、それが引き起こす恐れのある反応のタイプを知っておくことが必要不可欠ですし、予防できるならそれがベストです。

子どもによくみられる食物アレルギー

子どもによくみられる食物アレルギーはあらゆる食べ物の摂取によって起こる恐れがあります。しかし、突発的な症状を起こす傾向のある特定の食べ物も存在します。

ですので、親が食物アレルギーの症状をわかるようになっておくことがとても大切なのです。同時に、食物アレルギーと食物不耐症の明らかな違いについても、理解しておく必要があります。

食物アレルギーの症状

食物アレルギーは以下のような肌への問題、呼吸困難、消化問題などを引き起こす恐れがあります。

  • 局部的または全身の発疹
  • 肌の炎症
  • 気管支痙攣
  • 気管支喘息
  • 鼻炎
  • じんましん
  • 舌の腫れ
  • 口の腫れ
  • まぶたの腫れ
  • アナフィラキシー
子どものアレルギー

こういったよくある食物アレルギーの症状はアレルゲンを消費して30分後に現れる可能性があります。

しかし、ほとんどの場合は現れるのに2~3時間かかります。実際、肌の炎症などは症状によっては現れるまでに5日かかるようなものもあるのです。

アレルギーの症状と食物不耐症の対比

食物不耐症の兆候は代謝システムと関係があります。基本的に、特定の食べ物を処理しにくいために起こる消化の問題として現れるのです。

食物不耐症の主な3つの症状はガス、胃の膨張、下痢などのゆるいうんちです。

アレルギーを引き起こす食べ物

以下のように、様々な食べ物が挙げられるので注意しましょう。

「親が食物アレルギーの症状がわかるようになっておくことがとても大切です。同時に、食物アレルギーと食物不耐症の明らかな違いについても、理解しておく必要があります。」

子どもの食物アレルギーを防ぐには

専門家は子どもの食物アレルギーを防ぐ方法は存在しないと言っています。

ほとんどの小児科医は子どもが少し大きくなるまでアレルゲンになりえるものを食事に取り入れるのを待つよう勧めています。これは小さい赤ちゃんにおいてはアレルギー反応がより危険になるためです。

他にも、食べ物は一度に一種類ずつ取り入れ、子どもがどのように処理したかについてメモをとっておくのもいいでしょう。

お子さんを数日間観察し、好ましくない反応が出ていないかを見ます。大丈夫だったら、他の食べ物を試し、それを繰り返します。

一覧にあった食べ物を2つ以上一度に導入しないことが重要です。これはアレルギー反応があった場合に、どの食べ物にアレルギーがあるかを特定できないからです。

残念ながら、食物アレルギーをなくすことはできません。専門家によるとアレルギーは遺伝的要素と関係があるそうです。

ですので、家族の中にアレルギーがある場合は、その食べ物をお子さんの食事に導入する際は十分注意するのがベストでしょう。アレルギー反応を引き起こす可能性が大いにあるからです。

アレルギーには遺伝的要素も 食物アレルギー 子ども

また、お子さんに与える食べ物のパッケージにあるラベルをしっかり読むことも必要になります。

 

多くの製品にピーナツなどアレルギーを引き起こす可能性のある物質が含まれています。明らかに、予防だけが解決法なのです。

最後に気を付けたいこと

お子さんにアレルギー反応を起こす食べ物が特定できたら、小児科に行って検査をしてもらいましょう。お医者さんからお子さんの食事に関するアドバイスがもらえるはずです。

さらに、役立つ栄養指導もしてくれるので、お子さんが必要な栄養を確実に取れるようにすることができます。

お子さんに体が腫れたり、呼吸困難やアナフィラキシーショックなどの深刻な反応が起きた場合は、すぐに救急の医療措置をとるようにしてください。

・TSabouri, S., Feketea, G., & Nicolaou, N. (2017). Food allergy in children. In Food Allergy: Methods of Detection and Clinical Studies. https://doi.org/10.1201/9781315151786

・Branum, A. M., & Lukacs, S. L. (2008). Food allergy among U.S. children: trends in prevalence and hospitalizations. NCHS Data Brief.

・Carrard, A., Rizzuti, D., & Sokollik, C. (2015). Update on food allergy. Allergy: European Journal of Allergy and Clinical Immunology. https://doi.org/10.1111/all.12780