子供の汗アレルギーについて:その症状と治療法を見てみよう

· 2019年4月21日
様々な原因から、汗に対してアレルギー反応を起こす子供は多くいます。今回はこの症状について詳しくご紹介します。

汗は気温が上がることに対する体の自然な反応です。汗が肌から蒸発する際に、体を冷やすのです。しかし、この汗に対してアレルギーを持つ子供がいます。

この、症状を悪化させる汗かきの一般的な原因には、スポーツや高い気温、そして感情的に受けるストレスがあります。

その結果として、赤い斑点やまだらな模様が肌に現れます。このようなことが起きた場合には、医師に連れて行くことが大切です。医師は原因を判断し、何の薬が必要かを教えてくれるでしょう。

赤ちゃんや小さな子供の肌は繊細で、体温が上昇することでこのアレルギー反応を起こします。発疹はどこにでも起こり得ますが、特に腹部や手足に起こることが最も一般的です。

発疹が起こると痒く、子供にとっては不快なものです。また、頭痛や動悸を感じる場合もあります。

子供の汗アレルギーのタイプ

1. アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の特徴は、顔に現れる赤みです。頬や額に起こります。さらには頭や手首、肘や膝、首や足首にも起こる場合があります。

一般的に、アトピー性皮膚炎は石鹸などの刺激物に触れることによって起こる場合があります。さらには、暑さや汗による場合があります。

おすすめは、子供の肌を優しくすすぎ乾かしてあげることです。これにより、汗やそのほかの刺激物が汗に触れることを防ぎます。

子供   汗アレルギー  症状  治療法

2. じんましん

二つ目のタイプは、肌に赤い点々が現れ、時としてかゆみを伴います。炎症は主に腕や足、胸部に起こりますが、子供の体のどこにでも現れる可能性があります。

じんましんは数時間から数日のうちに自然と消える場合があります。しかしその間はとても不快なものです。ですから、医師のところへ行き、腫れやかゆみを抑える薬をもらうと良いでしょう。

3. 多汗症

汗と湿度がこの症状の原因です。赤ちゃんにとっては痛みを伴う場合もあります。このタイプは、湿疹に近い肌の症状として知られています。通常、手足に起こります。

この急性・慢性の両方になりうる症状は、水疱を作る場合があります。治療としては、その部分に消毒や炎症を抑える塗り薬を塗布することによって、痛みを和らげます。

炎症は主に腕や足、胸部に起こりますが、子供の体のどこにでも現れる可能性があります。

子供の汗アレルギーの予防法

ほとんどの場合、汗に対する反応は数日のうちに消えます。しかし症状を和らげるためには、保湿剤が最も理想的であることを覚えておきましょう。保湿することでかゆみを抑え、発疹を取り除きます。

子供に関してはいつもそうですが、まずは予防することが最善です。子供の汗アレルギーに対する、簡単なコツをご紹介します。

  • 化学物質を含む物には気をつけましょう。これらが症状を悪化させる事がよくあります。
  • 子供がシャワーを浴びる際には、ぬるいお湯か冷たい水を使うようにしましょう。発疹が悪化するのを防ぎます。
  • 化繊の服よりも、綿の服を選びましょう。汗をかく子供には綿のほうが良いです。
  • スポーツをする際には、通気性の良い服を選びましょう。汗を過度にかくことを防ぎます。
  • スポンジを使うことはやめましょう。子供の肌をうっかり傷つけてしまうことを防ぎます。
子供   汗アレルギー  症状  治療法

  • 子供の爪を切りましょう。症状の出た肌の部分を傷つけることを防ぎます。
  • 炎症を抑える塗り薬が、腫れを和らげるためには完璧な解決策です。
  • 子供を過度に保護しないようにしましょう。また、移動する場合の気温の変化にも気をつけましょう。
  • 子供の肌を清潔に保ち、保湿してあげましょう。

医師に相談しましょう

これらのアレルギー反応は一般的だということを知っておくことも、あなたの助けとなるでしょう。これは子供の繊細な肌が、汗に対して反応を起こすためなのです。

心配しすぎる必要はなく、大抵の場合、きちんと注意すれば改善できるものなのです。また、子供が大きくなるにつれて、これらの症状はみな消えていきます。

最後になりますが、母親として重要なことは何をすべきか知っておくことです。皮膚科の先生のところへ連れて行く事が鍵です。原因を診察してもらい、どの薬が必要かを教えてもらいましょう。