機能性子宮出血とは?

· 2019年3月6日
月経中、または月経周期を外れて膣から大量の出血がある場合、機能性子宮出血の可能性があります。この記事では、機能性子宮出血を引き起こす原因について説明したいと思います。

機能性子宮出血とは、主にホルモンの変化に関係する女性の疾患です。激しい腹痛と気怠さを伴う大量の膣出血を引き起こす可能性があります。

この症状はほとんどの場合、ホルモンの問題に関連しています。しかし、薬物中毒、中絶、前置胎盤での妊娠など、その他にも様々な原因が挙げられます。では、機能性子宮出血についてもう少し詳しく見ていきましょう。

機能性子宮出血とは?

月経過多と呼ばれる状態には2種類あります。まず、「器質性子宮出血」と呼ばれるものが1つ目で、2つ目が「機能性子宮出血」と呼ばれるものです。

器質性子宮出血は、性器感染症、子宮筋腫、子宮頸部の炎症、腫瘍、子宮内膜症、膣炎、ポリープなどによって引き起こされます。

一方、機能性子宮出血は、ホルモンの問題により直接的に関係します。要因としては、中絶、薬物を用いたホルモン療法による体内変化、代謝の問題、または前置胎盤などが挙げられます。

月経過多は出産適齢期の女性に影響を及ぼし、非常に一般的に見られるようになりました。出血が癌性腫瘍によるものである場合を除き、深刻な健康リスクというわけではありません。

こちらもお読みください:妊娠と甲状腺の疾患について:症状と気をつけたい点

機能性子宮出血の症状

機能性子宮出血の症状は、激しい腹痛と7、8日間も続く大量出血です。1日あたりの失血量は約100mlにもなると推定されます。

膣の炎症

機能性子宮出血による出血は、必ずしも月経中にのみ起こるわけではありません。

ホルモン療法による周期の変化や、月経周期にずっと出血があるとも限らないため、機能性子宮出血による出血が月経周期外に起こる可能性があります。

機能性子宮出血の治療

出血の原因に応じて、推奨される機能性子宮出血の治療法が変わります。

  • 薬物療法の停止。最も簡単かつ最も即効性のある治療法で、薬の使用やホルモン調節のために出血が引き起こされている場合に使われます。この場合、単に投薬を止めるだけで出血が止まるか、出血量が大幅に減るはずです。
  • 絶対安静。出血の要因が胎児が流産の危険に晒されている状態に関連していたり、前置胎盤に関連している場合、絶対安静が推奨されます。
  • 無排卵。この症状がある若い女性は、「酢酸メドロキシプロゲステロン」として知られるプロゲステロン10gを摂取すると良いでしょう。15〜24日間の周期で、4〜5ヶ月間の摂取が推奨されます。

機能性子宮出血は、ホルモンの問題により直接的に関係します。要因としては、中絶、薬物を用いたホルモン療法による体内変化、代謝の問題、または前置胎盤などが挙げられます。

こちらもお読みください:出産後の生理不順について

その他の民間療法

機能性子宮出血の厄介な症状を軽減させるのを手伝う代替治療法もご紹介します。

妊娠中の女性の場合、ご紹介する自然療法を試す事前に医者の承認を得なければ、胎児の健康リスクがあるとご承知おきください。

  • 干しぶどう入りタマリンドジュース。このジュースは、かねてから月経出血を減らしたり止めたりするために家庭薬として用いられてきました。抗酸化物質が豊富で、心機能を向上させます。
  • 大根ジュース。ホルモン障害を緩和し、過剰な出血を抑える野菜として知られる大根です。水にすりおろした大根を入れても良いですし、そのまま召し上がっても大丈夫です。1日に4口以上は食べましょう。
健康問題のある女性 機能性子宮出血  膣出血 

  • オレンジとレモンのジュース。このジュースは、膣からの出血を抑えるには最も効果的です。それだけでなく、ビタミンCと抗酸化物質を豊富に含みます。
  • ナスとビーツのジュース。ナスとビーツを合わせた飲み物も、大量出血を抑えるのに非常に効果的です。即効性を得るには、1日に少なくとも350mlは服用するようにしましょう。

最後に、機能性子宮出血の症状がある女性は、かかりつけの婦人科医にすぐに相談し、ホルモンに影響を及ぼしている要因は何かを特定しましょう。医師があなたにとって最適な治療法を決めてくれるはずなので、病院で診てもらうのはいずれにせよ重要です。