家をきれいに保つコツ:まずは掃除作業の整理をしよう!

2019年5月11日
家をきれいに保つことは、ただ見た目に美しいだけではありません。家族みんなのメンタルヘルスや健康にも関することなのです。

家を簡単に、完璧にきれいできることを誰が望まないでしょうか?おそらく、そんなことは不可能な夢だとあなたは思うかもしれません。今回はそんな、家をきれいに保つために役立つコツをご紹介します。簡単で効果的な基本を全てカバーしていきます。

まずはじめに、ルーティンを決めると良いでしょう。家の部屋ごとに、お掃除の作業を整理することが最初の作業です。つまり、いつ何をするかを決めるのです。

お子さんのいる家の場合には、することのリストは倍増することでしょう。しかし予定通りに行えば、全部をこなすことは必ずできます。

お掃除作業の整理

家をきれいに保つには、定期的で周期的な多くの作業が必要です。作業の中には一週間に一回か数回で良いものもあれば、毎日しなければならないこともあるでしょう。これらは、あなたがどれだけお掃除に時間を費やせるかによるのです。

どれだけ頻繁にお掃除ができるかどうかには、良い面と悪い面が付いて回ります。ですから、実際にやってみて、自分に合ったルーティンを見つけましょう。

毎日掃除をすると決めた場合の良い面は、1日のうちのほんの少しの時間を費やせば良いという点です。一週間に1回と決めた場合には、一週間分のお掃除をその日にまとめてしなければなりません。

1週間に1回と決める女性は、仕事がお休みの日に休む代わりに掃除をします。

また別の方法としては、2週間に1回、家の1箇所をディープクリーニングするというものです。この方法だと、継続するのが簡単になります。例えば、ある日には寝室を。別の日にガレージを。別の日には洗濯部屋を、という感じです。

子供の役割

パートナーや子供がいる場合には、彼らを巻き込むことも忘れないようにしましょう。彼らを参加させることで、あなたのゴールを簡単に達成することができるのです。

それだけではありません。家族のみんなを参加させると、家をきれいに保つことがどれだけ大変なことかを皆が理解できるようになります。その結果として、全般的に皆が家をきれいに保とうとします。

毎日、毎週、毎月行わなければならないことのほかにも、半年や一年ごとに行わなければならないこともあります。それらは、気候の良い春先や秋口に行うことをお勧めします。

家をきれいに保つ   コツ  掃除

家をきれいに保つコツ

毎日のお掃除のルーティンに時間を費やせると、家をきれいに保ちやすくなり、ディープクリーニングをする時間がなかったとしても居心地のいい家にすることができます。

しかし、お掃除をしやすくするためには初期投資が必要です。つまり、それぞれの部屋の掃除に必要な掃除道具やお掃除用製品を購入しなければなりません。

あなたの毎日のお掃除に、以下にご紹介するコツを実践してみてください。お家をきれいに保つための手助けとなるでしょう。

寝室の換気を常に良くしておく

寝室に毎日新鮮な空気を入れること、陽の光を入れることは必要不可欠です。これを習慣にすることで、湿度から発生するカビを抑えます。

埃を取り除く

家具などの物から埃を取り除くためには、掃除機を使うのが最適です。もし掃除機がない場合は、これらを掃除するためにデザインされた清掃用品を見つけましょう。

一般的にこれらの製品には油っぽさがあり、家具の表面に水分を与えて埃を包み込みます。つまり、アレルギーの原因にならないように、埃が飛び散ることを防ぐのです。そしてその同じ理由から、はたきや乾いた埃拭きはお勧めしません。

床掃除

家中の床を掃除するために、毎日5分だけ時間を取りましょう。埃や塵などを掃いた後に、殺菌性のある気に入った洗剤でモップがけをしましょう。

また、床掃除のための洗剤を手作りすることもできます。必要なものは、1リットルの水に大さじ2のお酢と大さじ1の重曹を混ぜたものです。

これを毎日行うことで、何か汚いものが床にこびり付いているということを防ぐことができます。汚れを放っておくと、あとで取り除きにくくなります。それに、たった1日でも多量の埃がたまることも覚えておきましょう。

毎日、毎週、毎月行わなければならないことのほかにも、半年や一年ごとに行わなければならないこともあります。それらは、気候の良い春先や秋口に行うことをお勧めします。

寝具

ベッドは毎日きれいに整え、子供にもそうさせましょう。シーツは、だいたい5日に一回変えるのが理想的です。

キッチン

キッチンは、家の中でも特に散らかりやすい場所です。ですので、きれいに保つには毎日多少の時間をかけなければなりません。

料理をしているときには、ソースや油が飛び跳ねたりこぼしたりするものです。その場ですぐにきれいにしないと、あとで大変な思いをするだけです。

キッチンの掃除を簡単にしてくれるものには、たわし、ゴム手袋、油汚れ落とし、殺菌剤、重曹、お酢などがあります。

料理が終わった後にすぐきれいにすれば、残った汚れを取り除くのがどれほど簡単か分かるはずです。

また、ひどい油汚れがあった場合にお勧めのワザがあります。少量の重曹を汚れの上に振り、そこにお酢を加えます。化学反応を起こし、あっと言う間に汚れを取りやすくしてくれます。

週ごと、季節ごとのお掃除のコツ

木製のエリアの掃除

  • ニスなどがかかったドアは、洗剤を溶いた水で掃除できます。その後、きれいな布で拭き取り、乾かしましょう。
  • もし木製の床に油汚れがある場合は、揮発性溶剤でこすって落としましょう。洗剤を熱いお湯に溶かしたもので素早くこすります。最後に、湯煎で温めたワックスを、汚れのあった部分に塗ります。
家をきれいに保つコツとワザ 家をきれいに保つ   コツ  掃除

そのほかの物のお掃除

  • ナイフやフォークなどは、食器用たわしと洗剤を溶かした水を使いましょう。その後すすいで、自然乾燥させます。
  • 刃物の切り味を保つためには、詰めすぎない程度に土を詰めたものに差し込み、その後ウールやスエード素材でこすります。
  • ブリーチや酢酸を水1リットルにつき大さじ3杯ほど混ぜたもの、もしくは食塩をお酢に溶かしたもので色々なものが掃除できます。壁についた水垢やカルシウムの固まったものについては、塩酸を水に溶いたものを使うと良いでしょう。

家の中をきれいに保ち、衛生を守ることで、感染症や様々な病気から家族を守ることができます。特に埃やかび、ペットの毛などによるアレルギーです。

また、家族の幸せな生活全般に役立つ、清潔な環境を提供することができるのです。