眼瞼下垂の原因と治療:乳児と小児における影響とは?

2019年5月7日
重篤な症状ではありませんが、眼瞼下垂の治療が遅れると、子どもの視力に影響が出る可能性があります。

垂れ目、正確には眼瞼下垂(がんけんかすい)として知られる症状は、まぶたが本来よりも低い位置に下がっている状態で、部分的または完全に、子どもの視力に影響を及ぼすことがあります。

片目でも両目でも起こることがあり、先天的およびその他の要因で引き起こされます。この記事では、眼瞼下垂について知っていただきたいことについて説明します。

原因は?

眼瞼下垂に関連する原因には様々なものがあります。主な原因は下記の通りです。

  • 先天性。胎内にいる間に、まぶたを持ち上げる筋肉が完全に発達しないとき。
  • 出生。赤ちゃんのまぶたの筋肉が、分娩を助ける鉗子(かんし)の使用で傷つくことがある。
  • 眼球運動障害。眼球運動に影響を与える筋肉の問題に関連する。
  • 脳や神経系の問題。眼瞼下垂は、脳の異常や目に影響を与える神経筋疾患に起因することがある。
  • 炎症。まぶたの腫瘍の発達、アレルギー、外傷、結膜炎など、まぶたを制御する筋肉の疾患とは無関係の要因もある。
赤ちゃんの顔 眼瞼下垂 

最も一般的な症状

眼瞼下垂は通常、生後約6ヶ月で見られます。この時期から、赤ちゃんが目を覚ましている時間が増え、より表情を見せるからです。

子どもが眼瞼下垂を患っている場合は、通常下に挙げる症状が見られます。

  • 顎を持ち上げて見ようとする。これが起こると、子どもが斜頸に苦しむ可能性がある。
  • 眉毛を上げる。眼瞼下垂を持ち上げようとするため。
  • 過度の涙。涙が異常に出る。
  • 失明。部分的または完全な失明。

こちらもお読みください:赤ちゃんが泣く6つ理由

乳児と小児における眼瞼下垂の影響

眼瞼下垂は深刻な状態ではありません。ただし、まぶたが瞳孔の一部または全体を覆ってしまうと、子どもの視力が低下し、次のような問題が発生する可能性があります。

  • 弱視。片目または両目の視力が低下する。
  • 斜視。目が同じ方向を向いていなかったり、乳児の目の筋肉に制御する力がまだ十分にないために視線が交差する状態。

「子どものまぶたが垂れ下がっていたり、または突然閉じてしまった場合、直ちに専門家に連絡しましょう。」

治療法

一般的に、眼瞼下垂の唯一効果的な治療は外科手術です。まぶたの動きを制御する筋肉を強化するためのエクササイズや薬はありません。

しかし、スペインの眼科顕微鏡手術協会(Institute of Ocular Microsurgery)によると、先天的眼瞼下垂の子どもは、出生児から定期的に診察を受けるべきとされます。眼瞼下垂の状態を調べ、どのような処置を取るべきかを検討するべきです。

  • 定期検査。先天的眼瞼下垂の場合、それに伴う病気の早期発見をするために必要。
  • 健康な目を覆う。弱視(視力低下)のために視力矯正が必要と荒れる場合、医師により健康な方の目を多い、垂れ下がっている目を開くように施す。
  • 外科的介入。専門家の意見によると、子どもが3〜4歳、ときには5歳になるまで待つべき。ただし、視力が低下した場合、年齢に関係なく直ちに行われる。

こちらもお読みください:子どもの為のものもらい:治し方

片目を覆う子ども 眼瞼下垂 

アドバイス

子どものまぶたが垂れ下がっている場合、まず最初にすべきことは小児科医に診てもらうことです。米国眼科学会(American Academy of Ophthalmology)によると、両親が早急に問題解決に取り組むことが重要です。これが、片目または両目の永久的な失明の可能性がある合併症を避けるための最善の方法なのです。

医師の判断で、専門家に紹介されるでしょう。そこから、専門家によって適切な治療を判断するために必要な検査が行われ、診断が下ります。両親は、最適な結果を得るために専門家の提案に従いましょう。

子どもが就学する前であっても、幼児期に治療を施すのが最善です。そうすることで、眼瞼下垂が子どもの学業成績や社会的発展に影響を与えることを防ぐのです。

子どもの異常に気がついたら、地元の専門家に相談することが必須。すぐに行動を取ることは、子どもの健康への持続的被害を防ぐための基本です。