母乳育児に最適な5種類の ハーブティー とその健康効果

2019年1月24日
母乳育児の間は食べるもの全てが母乳を通して赤ちゃんに直接影響することを覚えておきましょう。今回はお茶好きな方のために、母乳育児に最適なハーブティーとその健康効果をご紹介します。

母乳育児に最適なハーブティーを知っておくのは良いことです。妊娠中と同じように授乳の間も水分補給が大事なので妊婦にとって、ハーブティーなどの飲み物を含む水分摂取は健康の基本です。

ご存知のように適切な水分補給は活力を与え、身体の主要機能の発達に役立ちます。しかし女性の中には、水分摂取が難しい人もいるでしょう。胎盤の容量が増えてくると、膀胱に圧力がかかるのでなおさらです。

水以外で水分摂取するのに良いのがハーブティーです。母乳を与えている時期にうってつけのお茶に興味はありませんか?

母乳育児に最適なハーブティーとその効果

まず、母乳育児の母親はお茶を飲み過ぎてはいけません。ティーバッグをティーカップに長い間入れっぱなしにすると、お茶が濃くなるので気を付けましょう。

これから挙げるハーブティーは母乳育児に最適なので、その効果についてもご覧ください。

タイムティー

このハーブには消化器官に効果を出す成分があります。腸のけいれん、お腹の張り、腹痛などによく効き、潰瘍や傷の回復にもお勧めです。

タイムは鉄分が豊富で、貧血に関連した症状を改善するのに役立ちます。リラックスさせる効果もあるので、眠気を促すのにピッタリです。さらに血のめぐりを良くするため、記憶力を高め頭痛の防止にもなります。

自分でタイムティーを作るには、ドライハーブのタイム小さじ1をカップに入れるだけで大丈夫です。そして沸いたお湯を注いで5分おきます。もし好みの味でない場合はハチミツで甘くする、またはレモン汁を数滴落とすのもお勧めです。

ローズヒップティー

このお茶にはビタミンC、B1、B2、Kが含まれるので母乳育児に最適です妊娠中や授乳中に起こる、インフルエンザ、風邪、発熱などの症状にも効きます。さらに収れん作用もあるので下痢にも勧められます。

ローズヒップはイヌバラとも呼ばれることがありますが、この材料でハーブティーを作るのはとても簡単です。フレッシュハーブまたはドライハーブを、沸かしたお湯に入れるだけです。そして火を止めて4分おきます。茶こしで濾してから飲みましょう。

 

ジンジャーティー(生姜茶)

母乳育児中に風邪をひいたら、ハチミツとショウガを入れてジンジャーティーを作ると良いでしょう。生姜には咳などの呼吸器系の症状に効き目があります。さらにハチミツはのどの痛みやインフルエンザのような症状を和らげます。

母乳育児に最適な ハーブティー

また、生姜とハチミツの組み合わせは母乳の生産を促進します。この由だけでも、母乳育児を助けてくれる大切な味方と言えますね。

このハーブティーを作るには、まず4カップの水を沸かします。そこに刻んだ生姜を加えて最低20分弱火で煮てください。そのあと茶こしで濾してから、レモン半分量のレモン汁とハチミツを入れてお楽しみください。

カモミールティー

カモミールティーは特に伝統的なハーブティーです。これは一日中いつでも飲めるお茶で、神経を落ち着かせる鎮静剤としてよく使われます。

カモミールは消化にも良く、頭痛を抑え、利尿作用もあります。けいれんを抑える(鎮痙)、そして抗炎症の成分もあります。カモミールを過剰に摂取しない限り、低毒性のハーブは授乳に危険はありません。

メリッサティー

メリッサハーブは子どもの疝痛の治療によく使われます。適量を摂取することにより、お腹の張り、不安、不眠症、腹痛などの症状を軽減します。

メリッサの葉にはフラボノイドやタンニンが含まれ、下痢や胃腸炎にも大変有効です。

ご存知のように適切な水分補給は活力を与え、身体の主要機能の発達に役立ちます。しかし女性の中には、水分摂取が難しい人もいるでしょう。

母親の必要に応じたハーブティーを選ぶ

ご紹介した典型的なハーブティー以外にも、必要に応じて授乳中の母親に合ったお茶を試してみるのも良いでしょう。

リラックスさせるハーブティー

緊張感をほぐし神経過敏にならないようにするために、バレリアン、ライム、ホップを煎じたお茶を利用できます。これらは授乳中でも特に身体に危険はないので、安全なハーブティーです。

こちらも参考にして下さい:授乳中の母親が避けるべき8つの食べ物

エネルギーを与えるハーブティー

ローズマリーやセージのハーブティーは、赤ちゃんのお世話に必要なエネルギ―を補強してくれお茶です。

消化に良い ハーブティー  母乳育児

消化器系の問題を和らげるハーブティー

抗炎症作用のあるリコリスは胃液が分泌されすぎる胃酸過多を和らげるのに最適です。リコリスティーは消化器官の炎症や胃潰瘍の症状を抑える効果もあります。

こちらの記事もお勧めです:赤ちゃんの消化不良:簡単な予防のコツ

ダイエットに役立つハーブティーには、ホーステール、緑茶、ガラナ、パイナップルの芯を使ったお茶などがあり、利尿を促進するので減量に効果的です。これらのハーブティーには解毒作用があるので、新陳代謝を促し、カロリー消費を促進します。

これまでの情報を踏まえて、毎日の食生活をそれ程心配せずに摂取ことができますね。母乳育児にも最適なハーブティーをぜひお楽しみください。お気に召すこと間違いなしです。

  • Paritakul, P; Ruangrongmorakot, K; Laosooksathit, W; Suksamarnwong ; Puapornpong, P. The Effect of Ginger on Breast Milk Volume in the Early Postpartum Period: A Randomized, Double-Blind Controlled Trial. Breastfeed Med. 2016 Sep;11:361-5. doi: 10.1089/bfm.2016.0073. Epub 2016 Aug 9.
  • Srivastava, Ph.D. (Prof.J.K.Srivastava, Janmejai & P. N., Eswar Shankar & Gupta, Sanjay. (2010). Chamomile: A herbal medicine of the past with a bright future (Review). Molecular medicine reports. 3. 895-901. 10.3892/mmr.2010.377.
  • Pulido Acuña Gloria Paulina, Vásquez Sepúlveda Patricia de las Mercedes, Villamizar Gómez Licet. Uso de hierbas medicinales en mujeres gestantes y en lactancia en un hospital universitario de Bogotá (Colombia). Index Enferm. 2012;  21( 4 ): 199-203. Disponible en: http://scielo.isciii.es/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S1132-12962012000300005&lng=eshttp://dx.doi.org/10.4321/S1132-12962012000300005.