【お父さん必見】パパと思いっきり遊ぶのは子どもにとって最高!

12 8月, 2020
子ども達がパパと思いっきり大騒ぎして遊んでいても、何も心配しなくて大丈夫です。これはむしろ健康的と言ってもいい位で、パパと一緒に最高の時間を過ごしているのです。
 

やかましい大きな音をたてて、パパと子ども達が遊んでいると、ママは少し心配になってしまうかもしれません。でもこのような手荒い遊び方は、実は子どもが楽しく幸せに成長するのに役立ちます。

パパと大騒ぎ

「競争の科学 」という賢く戦い結果を出すための本の著者であるポー・ブロンソンとアシュリー・メリーマンによると、少し手荒い遊び方をすることで子ども達の競争心を育むと言われています。さらに、世の中で成功していく方法を学び、常にもっと複雑な考え方をするようになると提唱しています。

パパが床に寝っ転がって、子ども達がパパによじ登っている時、魔法のような世界が広がっていることが直感的にわかります。何か壊れるのではないか、誰か怪我をするのではないかなどと、少し心配にはなりますが、このような遊びはパパと子どもの心の絆を強めるので、とても特別なものだということも明らかです。

パパ 遊び お父さん

ママと子どもの絆

母親というのは、身体の全細胞である自分の存在そのものを捧げて、赤ちゃんを育み、お世話をして、守ることに徹しています。赤ちゃんが涙ぐんでも、転んでしまっても、すり傷ができても、すぐに駆け寄って慰めてあげるのです。母性が沸き上がる過程を通して、子ども達と強いつながりを持ち、母と子の親密感が生まれてきます。普通に想像できる範囲を超えた、非常に深い関係性を持つことになるでしょう。

 

生後1年の間に子ども達はどんどん成長して、さらに親に求められる部分が増えてきます。子どもの発達にもっと関わる、参加型両親の役割を果たしたいと思うものです。しかし自然の流れから、子育てにどっぷり参加することを少し止めて、距離を置いてみるべき時期がやってきます。

親子の関係というのは、独自に存在し続け、その形態が著しい変化を遂げるものです。母親は赤ちゃんが小さい頃から深い絆があります。ところが父親の場合は、もっと後から絆を深めていき、子どもが探求して冒険してみる際の安全な基盤となるのです。

手荒い遊び方とは?

手荒い遊びというのは、両者に同意とスリルがある遊び方で、かなりの信頼感がなければ成り立たない遊びでもあります。最も大事なのは、誰も怪我をしたないことです。このような遊びに子どもが参加していると、気持ちが落ち着いて、親近感を感じ、幸せになります。これはパパと末永く強い絆を結ぶための基本でもあります。

事実、それは子どもの成長の基盤となり、社会生活を送るために役立ちます。未来を担う世代の幸福と成功を切り開く役割もあり、適切な社交性を持って子どもが成長し、将来良い親になることでしょう。

ラッキーなことに、子ども達がパパと思いっきり遊ぶ方法が沢山あります。そこで激しい体当たりの遊び方を好まないパパも、自分にあった遊び方を簡単に見つけることができます。他の動物と違って人間の場合、パパの役割は赤ちゃんが産まれてくる時ばかりではありません。

パパ 遊び お父さん
 

子ども達が精神面・感情面で最善な成長を遂げるため、両親は主要な役割を果たします。それは共感すること、感情をコントロールすること、複雑な人間関係をこなしていくことなど、いくらでも挙げることができます。

子どものためになる遊び

子ども達がパパとスリルある遊び方をしている時、大騒ぎをして遊んでから、その後落ち着くようになります。このパターンを学ぶことで、感情をコントロールすることを学びます。これは先生や友達、上司などに好かれる性格の特徴と言えます。

パパと思いっきり遊ぶ子ども達は、将来大人になった時に良い人間関係を持つようになるでしょう。それと同時に社会的に安定した役職に就き、しっかりした親になる傾向もみられます。ある意味、パパが子ども達の健康的な成長に関与することで、未来の孫たちも有利になるでしょう。

子どもは誰でも愛情たっぷりのスキンシップを必要としていて、男の子でも女の子でもそれをパパとの遊びによって得ることができます。少しスリルのあるパパとの遊びを通して、子ども達はスポーツのようにエンドルフィンから高揚感を得て、抱きつくことでオキシトシンが出て愛情に浸ることができるのです。これは子どもが慰められる時に出てくるオキシトシンと同じ位、子どもに効果をもたらします。