赤ちゃんに最適な8つのおもちゃ

2018年12月15日
赤ちゃんに最適なおもちゃは、周りと関わりを持てるようなおもちゃです。形や手触りについて赤ちゃんが学べること、そしてもちろん危なくない安全なおもちゃが良いでしょう。

最適なおもちゃとは、子どもの年齢に合った興味をそそるようなおもちゃです。家族や友人が、赤ちゃんに適したおもちゃをプレゼントしたいと思うのは当然です。今回の記事では、赤ちゃんにピッタリのおもちゃをいくつかご紹介します。

乳児に合ったおもちゃを選ぶには、まず注意しておきたいことがいくつかあります。例えば生後数ヶ月の乳児が、何を知覚できるのか、そしてどんなおもちゃを欲しがっているのかを知っておくと良いでしょう。

まず乳児はまだ細かい運動能力を持ち合わせていません。そこで赤ちゃんは手の全体を使って、大きいものを持ち上げようとします。

それから赤ちゃんに実用的なおもちゃは、対照的な色の組み合わせを使って、音が出るものが良いでしょう。例としておもちゃのガラガラや、きれいな音を出すおもちゃがあります。

赤ちゃんに最適なおもちゃの特徴

乳児はどのようにして自分がいる世界を知覚しているのでしょう? 赤ちゃんは持ち合わせる感覚を使って学ぶのですが、視覚はまだはっきりしていません。そこで60㎝以内にあるものに興味を持つでしょう。

鮮やかな色で対照的な色使いのおもちゃであれば、赤ちゃんも気付くことでしょう。赤ちゃんは穏やかな音や光、きれいな音楽が好きです。

こちらも参考にして下さい:子どもの視覚的発達を刺激する方法

赤ちゃんのためのおもちゃ

1.知覚的おもちゃ

「知覚的おもちゃ」と呼ばれるのは、赤ちゃんが五感すべてを使って楽しめるものだからです。一般的に動かすことができて、触ると音が出るおもちゃのことです。

この種類のおもちゃは、赤ちゃんが原因と結果の関係を理解するのに役立ちます。そして自分のいる場所でおもちゃを動かすことができることを学びます。

赤ちゃんのおもちゃ

2.ベビーベッド用のモービル

赤ちゃんのベビーベッドに欠かせないおもちゃです。モービルにぶら下がっている小さなおもちゃは様々な形と色で、赤ちゃんを楽しませてくれるでしょう。

専門家によると、赤ちゃんは右の方向を見る傾向があるそうです。そこでモービルを取り付ける場所を右側にすると良いでしょう。

モービルがしっかり設置されているかどうか確認して下さい。モービルについてくる説明書の通りに設置するようにしましょう。

3.ぬいぐるみ

赤ちゃんの部屋に沢山のぬいぐるみを用意する必要はありません。数種類のぬいぐるみで充分です。

ぬいぐるみによっては、音や光が出るような作りになっているものもあります。昼間にそれを付けたり消したり、夜寝る前にでも作動してみることができます。

乳児はまだ細かい運動能力を持ち合わせていません。そこで赤ちゃんは手の全体を使って、大きいものを持ち上げようとします。

4.歯固めリング

乳児には歯固めリングが早すぎるかもしれませんが、すぐに便利で楽しめるおもちゃとなるでしょう。4~6か月頃に赤ちゃんは最初の歯が生え始めるので、歯固めリングがとても便利なおもちゃになります。

おもちゃ通販でも、色々な種類の歯固めおもちゃが売られています。一番基本的なものはシリコン製です。他にも大きなおもちゃの一部として、歯固めが入っている場合もあります。

5.プレイマット

生後3か月以降になると、赤ちゃんはプレイマットやベビージムを楽しむようになるでしょう。これは鮮やかな色のゴム素材で出来たマットです。ベビージムにはいくつかのおもちゃがつるしてあります。

赤ちゃんが支えの部分につかまったり、おもちゃをつかんで遊ぶのが目的です。さらに赤ちゃんは身体の筋肉を鍛えることにもなります。3か月以上の赤ちゃんにお勧めです。

こちらの記事もお勧めです:赤ちゃんの感覚の発達を刺激する:生後0~6ヵ月

6.柔らかい素材の鏡

壊れないようにできている鏡です。これは柔らかくてプラスチックでできているので、赤ちゃんにも安全です。

3か月になる前あたりから、赤ちゃんは鏡に映るものにとても興味を持ちます。後になってから、映っているのは自分だということに気付くのです。柔らかい鏡を手に取って、赤ちゃんが笑いかけている姿はよく見られるものです。

7.ガラガラ

これは乳児みんなが持つべきおもちゃです。ガラガラは振り回すと音が出るという、原因と結果の関係を覚えて、赤ちゃんの運動機能発達を促します。柔らかい素材の音が出るおもちゃで、色や手触りも様々なので、赤ちゃんが楽しむことでしょう。

赤ちゃんに 最適なおもちゃ

8.柔らかい素材の本

これは布製でもプラスチック製でも構いません。柔らかい本は、生まれて数ヶ月の赤ちゃんに最初に本を楽しむことを教える機会となるでしょう。赤ちゃんを座らせて、本の絵を一緒に見るというのが遊び方の一つです。

赤ちゃんにとって、この世界には発見すべきものがたくさんあります赤ちゃんの知覚を利用するような安全なおもちゃこそが、赤ちゃんに最適なおもちゃなのです。