9つの人気のある赤ちゃんの名前とその意味

04 11月, 2018

外国からとった名前やミドルネームを持つ子どもも珍しくない時代になっています。日本ではあまり馴染みがありませんが、今回はスペインで人気のある赤ちゃんの名前と、その意味をご紹介したいと思います。また、これは他の国でもよく付けられる名前でもあります。

スペインでは今でも、親と同じ名前を付ける習慣が残っています。それは男の子でも女の子でも同様です。両親と全く同じにするか、意味深く少し似たような名前を付ける場合もあります。

また、多くの両親は、現在人気のある名前を付けます。ですので、学校に行ってから、教室に同じ名前の子どもがいたり、お誕生会で同じ名前の子どもに会ったりするのです。

有名なアーティスト、スポーツ選手、芸能人にちなんで、同じ名前を子どもに付ける人もいます。

自分の子どものために選んだ名前は、特別な意味があります。それぞれ、どうしてその名前を選んだかという理由と、名前の語源などがあるでしょう。

ヨーロッパでは、歴史的に勢力のあった人の名前が使われることが多いです。聖書に出てくる名前や、神話に出てくる神々の名前もよく聞かれますが、一般的な意味としては、光、大海、自然などの概念に基づいています。

では、さっそくスペインで最も人気のある、9種類の赤ちゃんの名前を見ていきましょう。

マルティン/マルティナ

男の子でも女の子でもよく聞く名前です。ラテン系の名前で、戦いの神、マルティヌスから派生しています。スペインのガリシア州では、マルティーニャという関連した名前もあります。

赤ちゃんの名前マルティナ

他のバリエーションのマルタという名前は、アラム語のマートが語源で奥様という意味です。

アルバ

これはけして流行から外れない名前で、なぜか男性用の名前はなかなか使われません。アルバーノやアルビーノというのがユニークな男性名となります。

アルバは、ラテン語のアルバスが語源で、「白」という意味です。その他にも、アルバと関連したオーロラと言う名前があり、光または光り輝くという意味があります。

ソフィア

この名前は長年人気があります。ギリシャ語から来たソフィアという名前には「賢明」という意味があり、長年王族の女性によく付けられた名前でもあります。

ホルヘ

とても人気のある男性名で、今でも両親がよく選ぶ赤ちゃんの名前です。ホルヘの女性版名は、ホルヘリーナ、ジョルジーナとなります。

ホルヘはギリシア語のゲオルギオスから派生したもので、農夫という意味があります。また、英語圏ではジョージという発音になります。。

ダニエル/ダニエラ

ヘブライ語に由来する名前です。スペインでも他国でも、とても人気のある名前です。

ダニエルは神聖なる裁判官という意味があり、神こそが裁判官、正義、または「神は正義」とも言えます。

クラウディオ/クラウディア

この2種類の名前は、次第に流行ってきたものです。これは、エトルリア系の語源で、ローマ帝国時代にはよく使われた名前です。

ラテン語でクラウドゥスは、「不自由な」状態という意味があり、元々ローマ皇帝のクラウディウスが片足不自由だったことからだと説明されています。

ポーラ

これはポールという名前の女性版で、ポピュラーな名前の一つです。ポーラは「小さな」という意味があり、ラテン語のパウルスから来ています。派生した名前には、ポーリーナとパオラがあります。

赤ちゃんの名前

アレハンドロ/アレハンドラ

これはスペインで先祖代々赤ちゃんに付けられてきた名前です。ギリシャの名前である「アレクサンドロス」が語源で、「人を守る英雄」という意味があります。

名前のバリエーションは、アレキサンドラ、アレクサンダー、アレハンドリアなどがあります。

ダビデ

スペインではお馴染みの名前で、誰でも知り合いに様々な世代のダビデがいて、新たな赤ちゃんの名前としてもよく使われます。これは男の子に最も人気のある名前の一つです。語源はヘブライ語で、聖人、神に愛される人という意味があります。