幼児の水腎症:症状と見分け方、そして治療法

これからお話する症状に覚えがあるならお子さんは水腎症に苦しんでいるかもしれないので、すぐに小児科に連れていくことが大切です。
幼児の水腎症:症状と見分け方、そして治療法

最後の更新: 27 1月, 2019

幼児の水腎症とは、本質的には腎盂の軽い収縮で、腎杯の拡張が伴うこと、またはそうでないこともあります。これは小さなじょうごのような解剖学的構造で、腎臓から膀胱に尿を運ぶ尿管へと尿を流します。

しかしある状況では、この流れに支障が出ることがあります。その結果、圧力が高まり、腎盂のサイズが大きくなってしまうのです。

幼児の水腎症の数は異なります。女の子は男の子に比べて、腎臓の異常が起こりにくいです。しかし、多くの男の子の患者の中でも、ほとんどの場合この症状は生後6カ月になるまでに消えてしまいます。

ですので、赤ちゃんの性別にかかわらず診断と治療をするためには責任のある態度が必要です。

また幼児の水腎症と母親の病気や、母親の飲んでいる薬との関係を見つけることは困難なのです。

幼児の水腎症の原因は?

幼児の水腎症を引き起こす要素には、以下のようなものがあります。

  • 逆流:尿が腎臓へ戻ってしまうこと。
  • 泌尿器系の通りが悪くなること。
  • 尿管の管が細すぎたり、通りが悪くなること。
  • 早産。
  • 尿路の感染症。

さらに、他にもきっかけになるものがあります。よくあるのは全般的な虚弱さや神経の問題があることで赤ちゃんが水腎症を発症するのです。

水腎症の原因

幼児の水腎症の症状

これからお話する症状に覚えがあるならお子さんは水腎症に苦しんでいるかもしれないので、すぐに小児科に連れていくことが大切です。

急な発熱やおなかの頻繁な痛みがあるかどうかを見ましょう。さらに、ほとんどの場合おしっこも出にくくなっています。

これらの症状は後の段階になってから、あるいは合併症が発症してからのみ出てきます。ですので、すぐに行動を起こすことが重要です。

幼児の水腎症の見分け方

幼児の水腎症は、妊娠中のエコー検査で診断され、拡張の程度により分類されます。例えば、軽度(10ミリ以下)、中度(11~15ミリ)、重度(15ミリ以上)などです。

この病気への治療がなされないと、子どもの腎臓に影響のあるたくさんの症状が出てしまうかもしれません。ですので、エコー検査も含む定期検診に行くことが必要です。

水腎症に苦しむ多くの赤ちゃんは内臓への圧迫感が強まり、その機能が低下してしまいます。合併症が発症すると、腎臓の細胞が炎症を起こす腎盂腎炎になることもあるので注意しましょう。

お子さんにどれか一つでもこのような症状があると思った時には、自分で治そうとしてはいけません。すぐに医療機関へ行き、専門家に診察と診断をしてもらいましょう。

よくあるのは、全般的な虚弱さや神経の問題があることで赤ちゃんが水腎症を発症するのです。

治療には手術が必要?

手術が必要なのは、尿管に異常な構造上の問題があったり、薬では治せない時です。左右の腎盤がとても大きくなっているときにも手術が行われます。

赤ちゃんが合併症を発症している際にも手術が選択肢に入ることがあります。これは尿の排泄の流れが逆流しているのを治すために行われます。

水腎症の治療 幼児の水腎症

幼児の水腎症の治療

残念ながら、赤ちゃんが生まれる前にこの問題を解決する魔法のような方法は存在しません。しかし、エコー検査をすることは、お子さんが苦しむかもしれない様々な不快感に備えるのに役立ちます。

妊娠中に治療ができないのは、それが胎児の死を導いてしまう恐れがあるからです。

後にお子さんが成長すれば、内臓は変わっていきます。すると、すべてが正しい位置におさまり、この病気の症状も消えるのです。

やはりお子さんを定期的に小児科に連れていくことが大切です。幼児の水腎症の原因が全て特定されれば、治療ができるようになるでよう。薬を飲んだり理学療法に基づいた治療をすることで問題も改善されるでしょう。

こちらの記事もおすすめです。
すぐ小児科へ連絡した方がいいのはどんなサインを見せたの時?
わたしママで読むことができます。 わたしママ
すぐ小児科へ連絡した方がいいのはどんなサインを見せたの時?

初めてお母さんになると時にちょっとした事全部が重大に見えて、小児科にかかっても特に何もない、なんて事があるものです。勿論何か不安があれば、まずは小児科に連絡して大丈夫か確認することが第一優先。 ただし、今回はよく見慣れていても、赤ちゃんに出たらすぐに小児科にかかるべきサインについて述べたいと思...