頭蓋仙骨療法とは?

· 2019年3月9日
赤ちゃんが健康な場合には頭蓋仙骨療法は必要ありません。子供に健康上の問題がある場合や、子供が明らかに不快感を示す場合には、まず確認のために小児科医に相談してください。

頭蓋仙骨療法(とうがいせんこつりょうほう)は未熟児や難産で生まれた赤ちゃんに効果のある治療です。この記事ではそのメリットと一緒に、絶対にやってはいけないことについても紹介したいと思います。

頭蓋仙骨療法とは、刺激と一時的な呼吸補助からなる治療方法です。

この治療は前進への効果が期待できるものであり、新生児の段階から受けることが可能です。施術を受けるのに最適と言われているのは産後48時間です。

どのように行われるのか?

脳脊髄液の脈動は、赤ちゃんの健康を表す最も基本的な指標だと考えられています。神経系や体の器官の機能はこの重要な脈動に委ねられています。

この脈動のリズムは頭や首、背骨の力を入れないマッサージで調節することができます。このリズムを調整する施術こそ頭蓋仙骨療法なのです。

赤ちゃんが施術を受ける場合は、お母さんが抱いてあげると良いでしょう。また、授乳中に行っても問題ありません。

施術者はまず、赤ちゃんの身体を触ります。そして背骨や頭蓋骨で一時手を止め、溜まった赤ちゃんの緊張をほぐします。

これだけの施術で1時間以上続く場合もあります。また必要な施術回数は赤ちゃんの身体の状態によって変わります。

保護者の役割は施術が赤ちゃんにどう影響しているかをしっかり施術者に伝えることです。そうすることで、施術者も治療が赤ちゃんの身体に合っているかを判断することができます。このプロセスを踏んで初めて追加の施術を行うことができるのです。

頭蓋仙骨療法のメリット

現在、頭蓋仙骨療法を行なっているのは一部の地域のみです。しかし、こういったタイプの治療には多くのメリットがあり、とても重要なものと言えます。

出産時に難産だった場合は特に重要です。頭蓋仙骨療法によるメリットをいくつか紹介します。

  • 赤ちゃんとの絆を強化する。頭蓋仙骨療法の施術を通して赤ちゃんとの絆をより強固なものとできます。保護者が施術者と積極的にコミュニケーションをとることが赤ちゃんを安心させます。
  • 難産で生を受けた赤ちゃんはより敏感です。施術を通して、施術者は赤ちゃんの身体的、精神的状態を知ることができます。
泣いている赤ちゃん

  • 施術を通して、精神解離や、ストレス、悲しみ、憤りの兆候があるかを知ることができます。時には、筋力低下や、細胞の弛緩が見つかることもあります。
  • 頭蓋仙筋療法にはバランスを保ち調和を取り戻す効果があります。それは、身体のより円滑な動きを可能にします。また、骨や内臓の発達を促進するリンパ液の循環機能が改善されることが証明されています。頭蓋仙筋治療には、神経系に加わる様々な刺激を取り除く効果もあります。
  • 頭蓋仙骨療法は、疝痛、注意欠陥、多動性障害、自閉症、学習障害、運動失調症、骨障害、耳の感染症を改善させる一助になります。

「まず、施術者は赤ちゃんの身体を触ります。そして後背骨や頭蓋骨で一時、手を止め、溜まった赤ちゃんの緊張をほぐすでしょう。」

頭蓋仙骨療法を受ける前に絶対にしてはいけないこと

施術を受ける前には、しっかりと専門家を精査しなければなりません。資格があることを必ず確認してください。

医療過誤が起きてしまえば、赤ちゃんの健康に甚大な影響が出るともしれません。取り返しのつかない怪我や、災厄の場合死に至る可能性もあります。

赤ちゃんが健康な場合には頭蓋仙骨療法は必要ありません。子供に健康上の問題がある場合や、子供が明らかに不快感を示す場合には、まず確認のために小児科医に相談してください。

赤ちゃん

施術の回数は?

頭蓋仙骨療法が推奨されるのは特定の健康障害のある子供です。大抵の場合はたとえ、脳や脊椎といった領域を治すためであっても一度の施術で事足ります。

しかし、背中や筋肉の痛みがある子供の場合は、必要なだけセッションを繰り返すことができます。また、頭蓋骨の形が歪んでいる場合にも複数回行われる可能性があります。

子供が安心できるように、治療中には保護者が立ち会いましょう。そうすることで治療も円滑かと思います。

上述したように、一度の治療で効果のある子供もいます。しかし、症状によっては数回の治療を経なければならない場合もあります。

親として、子供が痛みを感じていることに気付き、小児科医が頭蓋仙骨療法を勧めている場合、それを実行するための最も資格のある専門家を見つけることを確実にすることが重要です。

また、子供の意思を尊重し、治療中に休憩を取れるようにしてください。

そうすることで子供はストレスなく治療を受けることができるでしょう。子供が快適に感じるしどうかはこういった治療うまく行くがどうかの重要なポイントです。