赤ちゃんの体重を管理するために知っておいてほしい6つのこと

22 12月, 2018
成長するにつれ、幼少時代に学んだ習慣が形となって現れてきます。将来の我が子の食生活はどうあってほしいですか?
 

体重は赤ちゃんの成長に関わるとても大切な要素です。生後数ヶ月間は赤ちゃんの体重が過体重、低体重にならないように保護者が管理する必要があります。年齢に応じた、ガイドラインがありますので参考にしてください。

まず、赤ちゃんの体重増加に注意する必要があります。一時的な体重増加は、それ程大きな問題ではありません。しかし、体重の増加が長く続く場合には、様々な健康問題に発展する可能性があります。

また、一方で年齢に対して極端に低体重だと、これも健康とは言えません。

しかし、赤ちゃんを体重をどう健康な範囲に保つことができるのでしょうか?以下に紹介しますので、参考にしながら赤ちゃんの体重を管理してあげましょう。

赤ちゃんの体重を管理するために

1.授乳

授乳が困難な場合もあります。また、可能であっても短時間の場合もあります。しかし、可能であれば、授乳が最善の方法です。

母乳は、赤ちゃんの必要栄養素をすべて満たす唯一の食事と言えるでしょう。また、母乳以上に赤ちゃんが必要としている食事を与えることはまず不可能でしょう。

たとえ赤ちゃんが長時間おっぱいを吸っていても、実際に母乳を飲むのは初めの10〜15分間です。

「赤ちゃんの食事に固形物を取り入れるのは、最低でも6ヶ月後にすべきです。取り入れた後は、様々な風味、香り、食感を持つ多くの健康的な食品を与えましょう 」

– アメリカ小児科学会(APA) –

2.泣く理由は空腹だからとは限らない

赤ちゃんが泣く理由は様々です。疲れや、恐怖、強い刺激、不快感、または単に抱っこしてほしいなど、空腹だけとは限りません。

 

食事を与えてみても泣きやまない場合には、再び何かを食べさせようとする前に、別の解決策を探してみてください。

赤ちゃんの涙に毎回、食べ物で応えていては、食事が自分のニーズを満たす唯一のものなのだと勘違いしてしまいます。

そうなってしまうと、間違った食べ物との関係が構築されかねません。この関係が将来にわたって赤ちゃんを苦しめてしまう可能性もあります。

授乳

3.たくさん食べさせることが健康ではない

親であれば、赤ちゃんが容器や哺乳瓶が空になるまでしっかり食べて欲しいと願うのも当然です。しかし、赤ちゃんが食事を中断した時には、赤ちゃんの発する信号を無視してはいけません。

満足している時には無理に食べさせるべきではありません。身体の持つ健康的な限界を尊重してあげましょう。

赤ちゃんがまだ話せなくとも、何か満足していることを示す信号を発しているはずです。それが、ジェスチャーなのか、音なのか、または特定の動きなのかは定まっていませんが、これ以上いらないという合図を見逃さないようにしてください。

しかし、赤ちゃんが体重が減り、食事に特別な注意が必要な時には、この限りではありません。

 

そのような時には、専門家の方針や選択に従うようにしてください。

「ジェスチャーや、音、特定の動きは、これ以上いらないという赤ちゃんからの合図かもしれません。

4.健康的な離乳食

6ヶ月たつと、健康的な離乳食を取り入れることが可能になります。

赤ちゃんの体重を管理するためには、果物、野菜、魚、赤身の肉といった食品が、推奨されています。

この段階で、赤ちゃんが特定の食べ物を嫌がることはありません。赤ちゃんが好き嫌いする前に、この段階をうまく利用してください。

できるだけ多くの食べ物を接する機会を設けてください。様々な栄養がたっぷり入った食事を摂ることが、肉体的、認知的な発達に貢献することは言うまでもありません。良い食事習慣は良いスタートから始まります。

5.赤ちゃんと一緒に食卓を囲む

赤ちゃんが座れるようになれば、それは、家族と食卓を囲むことが可能になります。両親や兄弟と共に食事を摂る子供は、将来、太りすぎてしまう可能性は低いと言われています。

また、家族の夕食は感情的な絆を強化するのにうってつけの時間でもあります。

野菜を食べる 赤ちゃんの体重

6.身体活動

赤ちゃんの体重管理をする上で着目して欲しいのが身体活動です。

 

誕生後から筋肉を強化するのに役立つ練習があります。バランスの取れた食事には、バランスのとれた身体活動が伴って初めて補完されます。

成長するにつれ、幼少時代に学んだ習慣が形となって現れてきます。将来の我が子の食生活はどうあってほしいですか?