生後1年間に必要な栄養について

この世に誕生してからの1年間に適切な栄養を摂取することで、赤ちゃんを健康的に成長させてあげることができます。また、発達を補助することにもなります。
生後1年間に必要な栄養について

最後の更新: 14 1月, 2019

子供が健康的に成長するためには、生後1年間に適切な栄養を摂取することが特に重要です。

この時期に子供が摂取する栄養は、健康や発達の観点から見ても非常に重要です。問題点は、何を必要としていて、何が不必要かは目に見えて伝わらないということです。

たとえば、母乳育児中にコーヒーを飲むと、赤ちゃんの睡眠を妨げる危険性があると言われます。この種の物質は控えめにとった方が良いでしょう。

他にも、生後数ヶ月間の食生活に関しては留意点がたくさんあります。

生後1年間に必要な栄養

ご存知の通り、食べ物を食べられるようになるまでの間赤ちゃんの主な食事は母乳やミルクからとります。

両親が赤ちゃんに必要な栄養を知っておくことが大切です。

生後まもなくから、6ヶ月まで

この段階では、母乳が赤ちゃんの必要とするすべての栄養素を提供します。つまり母乳育児が非常に重要な役割を果たすということです。

専門家は母親が1日あたり、最低でも10マイクログラムのビタミンDを摂取することを勧めています。

「母乳育児の間には、母乳以外に乳児に水分を与える理由はありません。」

生後4〜6ヶ月

専門家は生後4ヶ月を迎えた赤ちゃんの食事には、固形の食べ物を導入することを勧めています。無論これは、小児科医の指導の下で行うべきです。

最も重要なことは、果物や野菜を加えることで、赤ちゃんの食生活に変化をつけることです。

6〜8ヶ月

赤ちゃんが6ヶ月を過ぎた後も、母乳育児を続けて問題ありません。しかし、果物や野菜などの固形食品を取り入れる必要があります。

赤ちゃんが嫌がらずに食べるなら、鶏肉や、パスタ、魚を取り入れても大丈夫です。食べるのが難しすぎる食べ物は細かく刻んでください。

授乳する

8〜12ヶ月

赤ちゃんの食事にさまざまな食材を取り入れることが可能になります。また、1日3食に適応し始めるのもこの時期です。

鶏肉や米、野菜、卵、その他のタンパク質を食事に取り入れましょう。

しかし、注意して欲しいのがこの段階では牛乳を飲ませてはいけないということです。最初の誕生日を迎えるまで待ちましょう。

留意すべき点

母親の多くが、特定の習慣や食べ物が母乳を通して赤ちゃんに影響を及ぼすことを知りません。例えば、コーヒーは不眠症を引き起こし、眠りを妨げる危険性があります。

どんな食べ物や習慣が赤ちゃんの健康に影響するのかを知っておくことはとても大切です。

  • 授乳期間には、母親が摂取したすべてのものを赤ちゃんが受け取ることを忘れてはいけません。もちろん、母親はアルコール、コーヒー、ワイン、アーティチョーク、きゅうり、ピーマン、カリフラワー、医師の処方していない薬の摂取は避けるべきです。
  • 赤ちゃんは暑い日には水分を多く摂取すべきです。
  • 授乳期間中には、母親が十分な休息が取れているかも重要になります。ストレスや疲労は母乳の生成に悪影響を及ぼしかねません。
  • 赤ちゃんはストレスのない、静かな環境で食事を摂るべきです。そういった環境の方が赤ちゃんの消化に良いためです。
食べる赤ちゃん 必要な栄養

母乳育児の利点

最低でも、生後6ヶ月までは母乳が非常に重要です。

母乳には免疫システムを強化し、病気のリスクを軽減する力があります。それだけでなく、他にも多くの利点があります。

  • 空腹のリズムを整える。
  • 授乳は、出産後の母親の出血を軽減します。また、子宮が元の大きさに戻る助けになります。
  • 母親が妊娠前の体重を取り戻すのに役立ちます。これは、妊娠中に蓄えられた脂肪が、母乳を生産するためこエネルギーに変化するためです。
  • 親子の絆を強化します。

この世に誕生してからの1年間に適切な栄養を摂取することで、赤ちゃんを健康的に成長させてあげることができます。また、発達を補助することにもなります。

最後に、保護者は、赤ちゃんが一定の年齢まで摂取できない食物について十分な情報を得ておかなければなりません。そうしてはじめて、健康的な食事を提供することができるのです。

こちらの記事もおすすめ
いびつな頭の形:頭位性斜頭症とは?
わたしママで読むことができます。 わたしママ
いびつな頭の形:頭位性斜頭症とは?

赤ちゃんの実に10分の1が 頭位性斜頭症 (とういせいしゃとうしょう)に苦しんでいます。しかし、頭位性斜頭症はどういった症状なのかご存知ですか?まず一つ良いお知らせをしておきます。頭位性斜頭症は良い習慣を心がけることで予防、改善が可能です。詳しく見ていきましょう。