泣いている赤ちゃんを落ち着かせるためのヒント

09 9月, 2018

赤ちゃんが泣くことは、ごく一般的なことです。赤ちゃんの泣き声は、痛みや不快感、必要なものがあるかどうかを私たちに知らせるもので、初めて子を持つ親は、悪い兆候として受け取りがちです。しかし、心配はいりません。すべての赤ちゃんが必ず泣きます。 唯一知っておくべきことは泣いている赤ちゃんをなだめる方法です。

赤ちゃんが泣くことが親にとって大きなストレスや疲労の原因となることは事実です。また、なぜ泣いているのか、どうして泣きやまないのか理解できないことに、苦痛を感じるがあるかもしれません。特にはじめのうちは苦労するかもしれませんが、育児は積み重ねです。時間の経過とともに、赤ちゃんへの理解も深まっていくでしょう。

その原因の中には非常に単純なものもあります。空腹や、疲れ、痛み。こういった場合、赤ちゃんを落ち着かせ、なだめる方法は数多くあるのです。

赤ちゃんをなだめるために何ができるのか?

食事を与える

一度、赤ちゃんが空腹の時にどんな兆候を見せるのかを知ってしまえば、先回りして行動することができます。特に泣く前の赤ちゃんは空腹を示す特定の行動をとる傾向があります。例えば、舌を鳴らす、口に手を入れるといった行動がこれにあたります。

ゲップをする手助けする

赤ちゃんは、授乳中に母乳やミルクとともに空気を飲み込んでしまいます。これによって体内にはガスが発生し、このガスがたまると、赤ちゃんは不快に感じます。ですので、定期的に赤ちゃんがゲップをする手助けをしてあげましょう。まず赤ちゃんのお腹側を下にして、自分の肩に乗せます。そして、赤ちゃんの背中を軽くトントンと叩いてあげましょう。

おむつ交換

赤ちゃんが不快に感じているのはオムツが原因かもしれません。赤ちゃんのおむつを定期的に確認し、交換が必要かどうかをチェックしてください。この問題は比較的すぐに解決できるでしょう。

咥えられるものを与える

赤ちゃんにおしゃぶり与えるか、飲み込むことができない、咥えることのできるものを与えてみてください。授乳が赤ちゃんに満足感を与えるように、咥えさせるだけでもリラックスさせることができます。乳房や指をくわえさせてみてもいいかもしれません。

赤ちゃん

マッサージ

優しいマッサージの動きは、赤ちゃんにとって非常に心地よいものです。また、ガスを排出する手助けにもなります。赤ちゃんは動いていたいと感じている場合もあるので、その場合にはユラユラと揺らしてあげてみてください。

誰か違う人に抱かせてみる

もちろん、親にしてみれば、自分の力で我が子をなだめられることが一番です。しかし、時には手を借りることも必要です。赤ちゃんを他の人に抱いてもらうことで、あなただけでなく、赤ちゃん自身もリラックスすることがあります。これには、赤ちゃんが両親の緊張を感知できるという理由があるからです。赤ちゃんが泣き続けることに、苛立ちを覚えてしまうこともあるかと思いますが、イライラすることで他の人や物に対する対応や、扱いに影響するのです。これは赤ちゃんにも同じことが言えるでしょう。

母のぬくもり

母の皮膚と直接触れ合っていることは赤ちゃんにとってとても心地よいものです。赤ちゃんを胸に抱き、鼓動を聞かせることで、守られていると感じさせることができます。

着せるものに注意する

赤ちゃんによっては、衣服の感触に非常に敏感な場合があります。小さなタグが赤ちゃんの皮膚を傷つけてしまうことがあるので、こういった問題を避けるためには、柔らかい布地を選ぶようにしましょう。また、タグを取り除くことを忘れないでください。

そして、赤ちゃんの靴がきつく締まっていないことも確認してあげてください。

母親と赤ちゃん

赤ちゃんの歯をチェックする

赤ちゃんの乳歯が生えてきている可能性もあります。特に3〜7ヶ月の場合には確認が必要です。噛み付いたり、口を動かしたり、よだれを多く垂らしたり、食事をしたがらない場合には、歯が生えてきているかもしれません。

この不快感を緩和する唯一の方法は、何かを噛ませることです。また、赤ちゃんに冷たい(凍っていない)ものを与えることで、歯肉の腫れを緩和することができます。

お医者さんに相談する

赤ちゃんが疝痛になることは一般的で、特に食後になることが多いようです。赤ちゃんが激しく泣く場合には、これが理由の可能性もあります。どんな手を使っても泣き止まず、泣き続けるようであれば、専門医の助けを求めましょう。深刻なものではないかもしれませんが、確かめてみるのが一番です。そうすることで、安心を得られるだけでなく、誤った判断を避けることができるでしょう。