新米ママ必見!赤ちゃんの夜泣きへの対処法とは?

· 2019年3月23日
全てのニーズが満たされているのにもかかわらず、特に理由もなく赤ちゃんが泣きだしてしまいました。なぜ赤ちゃんは泣いているのでしょう、そして赤ちゃんをなだめるために何ができるのでしょうか?

「赤ちゃんが毎晩泣いてしまうのをどうしたらいいんだろう?」これは、特に理由もないのに赤ちゃんが普段よりぐずり出してしまった時、親がよく自分自身に問う疑問です。

お腹もすいていないし、どこかが痛いわけでもなければおむつが濡れている訳でもないのをチェックしたのに、なぜ赤ちゃんは手も付けられないほど泣いているのでしょう?

なぜ赤ちゃんが夜泣くのかについて理解するのに役立つかもしれない理論があります。それについて学べば、こういったことが少なくなるかもしれません。詳しく見ていきましょう!

なぜ赤ちゃんは夜泣きをするの?

赤ちゃんは自分の気持ちを表現するために泣きます。基本的に、泣くことは私たちに何かがおかしいということを伝えるために、赤ちゃんが唯一頼ることのできる手段です。

赤ちゃんの気分が変わる主な要素は、空腹、人肌が恋しくなった時、体温(寒い、あるいは暑い)、物理的な不快感や痛みなどです。

しかし、お子さんの年齢にもよって泣いている裏にある理由は変わるかもしれません。例えば、生後数か月の赤ちゃんが何の理由もなく泣くときなどがそうです。

この現象と、夜の「不安理論」を結び付ける専門家もいます。赤ちゃんが子宮の中にいる時、赤ちゃんは夜中の方が活発でせわしないものだと言われています。

不思議に聞こえるかもしれませんが、赤ちゃんは生まれる前に特定の習慣を持っており、それは生まれてから手放すことが難しいのです。

ですので、お腹の中では最もアクティブだったり目が覚めていた時間帯に寝なければならなくなったことで、不満を感じているのかもしれません。

赤ちゃん   夜泣き   対処法

泣く習慣の続く期間とその結果

まず、これが一時的な段階であるということを知っておきましょう。これは数カ月間しか続かない傾向にあります。最終的にはそういう夜は減って、その間隔があくようになります。

知っておくべきことで他にも重要なことは、泣く時間も短いということです。40分以上続くことはなく、赤ちゃんをなだめるのに役立つコツもあります。

「赤ちゃんの気分が変わる主な要素は、空腹、人肌が恋しくなった時、体温(寒い、あるいは暑い)、物理的な不快感や痛みなどです。」

お子さんは毎晩夜泣きをしますか? 小児科の先生は、お子さんの泣き方をよく観察すれば、文字通り怒って叫んでいるように聞こえる手に負えない泣き方に気づくでしょうと言います。

実際、ここで起こっていることはまさにそれなのです。赤ちゃんは泣くことで、小児科の先生が「積み重なった不安」と呼んでいるものをなだめようとしているのです。それは新しい経験や毎日の学習によって引き起こされているものです。

それに加えて、赤ちゃんはお腹から出てきてから、さまざまな新しい習慣を押し付けられることに慣れていっています。ですので、手に負えないくらい泣くことは実は全てを吐き出しリラックスするのに役立つのです。

赤ちゃんが夜泣きしたらどうすればいいの?

赤ちゃんは少しずつ、自分自身をコントロールできるようになり、落ち着いて泣き止めるようになるということを知っておきましょう。もちろんただ泣かせておけばいいというものではありませんが、それも役立つかもしれません。それは全てその日や赤ちゃんの年齢、赤ちゃんのムードによるのです。

赤ちゃん   夜泣き   対処法

そうはいっても、以下のアドバイスが赤ちゃんの機嫌をよくし、泣き止ませるのに役立つかもしれません。

  • 赤ちゃんを抱き上げ、落ち着いたおだやかな声で話しかけながら優しくゆっくりゆすってあげましょう。これは赤ちゃんを大いに癒してくれますが、3分以上行わない方がいいでしょう。その後は、ベビーベッドに寝かせてあげましょう。
  • 赤ちゃんをベビーベッドの中で泣かせますが、4、5分以内にしましょう。赤ちゃんに不安を全て解放する機会を与えるのです。赤ちゃんはより落ち着いて、気持ちよく寝られるようになります。

最後に勧めたいことは、不安理論の言う理由だけで赤ちゃんはいつも夜泣きをするんだと思ってはいけません。

注意を払い、赤ちゃんのニーズが全て満たされているのがわかってから、赤ちゃんをなだめようとしてください。そして、これは一時的な段階なのだということを理解しましょう。