母乳育児は全てがバラ色なわけではない

31 10月, 2018
母乳育児を楽しむためには、母乳育児の全てがバラ色ではないという複雑さを理解して、自分自身を大切にし、受け入れなければなりません。
 

理想とされる妊娠や出産、そして母性の見解はたくさんあり、母乳育児もその中の1つです。

乳の分泌について

乳の分泌はおそらく受胎と妊娠の後に存在する最も興味深い生命の奇跡の1つです。お母さんの体は、研究所で最新技術を使用しても複製できない、完成された力強い栄養豊富な液体を作り出すことができるのです。この神秘的な現象は母乳育児の重要性を高めていると言えるでしょう。

また、母乳の効果は次のような子供の成長を助けてくれます。

  • 赤ちゃんの免疫系の発達を強化する
  • 母乳を飲んだ赤ちゃんはより大きな知性の一貫性を持つ
  • 母乳を飲んだ赤ちゃんは感情の幅がより広い
  • 追加の家計費を避ける
  • 瓶と器具の洗浄と消毒が不要で初期ケアを簡素化する

もちろん母乳育児の利点をもっと挙げることはできますが、今回は母乳育児の影を見ていきましょう。。

授乳は少し痛むかもしれない

確かに、女性の中には授乳を始めると少し痛みを感じる人もいます。特に最初の1カ月は痛みを感じやすいでしょう。あなたにも当てはまる場合は、この現象があなただけではないこと、そして、その痛みは後に消えるということを覚えておいてください。

また、楽観的に赤ちゃんの食事に関してすばらしい決定をしたと自信を持ってください。

ハッピーエンディングにつながらない母乳育児の体験談は、あなたのケースに当てはまらないこともあります。

母乳育児は面倒くさい

確かに、母乳の生成は体にとって重要なエネルギー消費です。多くの女性が母乳育児中に体重を減らすことは偶然の一致ではありません。

ですので、自分自身を大切にし、休息を取り、よく眠り、他の全ては後回しにしましょう。赤ちゃんの発達にはそれだけの価値があります。

 
赤ちゃんに授乳しているお母さん 母乳育児

母乳育児は時間がかかる

お母さんの毎回の授乳に捧げる時間は膨大で、母乳の流れによっては45分かかることもあります。加えて、赤ちゃんにげっぷをさせる必要もありますし、毎日授乳をするのに使うこの時間は非常に貴重です。

赤ちゃんの世話をして、家事をして、自分自身のケアをする。あなたの家庭の全てのタスクに応じることは難しい課題となるでしょう。

ですので、全てを自分自身で行うことは出来ないと考え、あまり気を引き締め過ぎないでください。

リラックスして、柔軟になり、完璧の水準を低くして、夜まで食器を洗わないとか、洗濯物をもっと溜めるとか、友人や家族にも用事を頼んでみましょう。

母乳育児は活動をコントロールする

確かに、母乳育児中は赤ちゃんを一緒に連れていく以外に家を何時間も離れることはできません。赤ちゃんは3、4時間ごとにあなたを必要とし、あなたもまた母乳を体外に出す必要があります。

ですので、用事や家事を整理し、赤ちゃんがお腹を空かせるタイミングと最も快適に授乳できる場所を予測しなければいけません。

外出中に赤ちゃんに栄養を与える時には、より上手く乳房を隠せるブランケットや、より自由で特殊な開口部を持つフランネルシャツもあるのでチェックしてみましょう。

 

また、授乳は美しい行為なので誇りに思うべきです。他人を不快にしないように慎重に行うと思いますが、それほど心配しないでください。もちろん嫌がる人もいるかもしれませんが、最低限のマナーを守れば大丈夫です。

特殊なブランケットを着た女性 母乳育児

授乳中に服が汚れる

時々母乳をコントロールすることができず、保護具を付けていてもシャツを濡らすことがあると思いますが、大丈夫です。外出時はおむつ用バッグを持ち歩き、2,3着の着替えもそこに入れておきましょう。

気を悪くする権利がある

胸の痛みに疲れたり、深夜の授乳で疲労が溜まることもあるでしょう。そんな時、何もしたくないという気持ちも出てくるかもしれませんが、それが普通です。自分自身を許して、泣いて、抗議して、あなたの考えを言いましょう。それであなたが悪い母親や赤ちゃんの世話ができない人になることはありません。この瞬間が過ぎ去ると、あなたはより強くなります。あなたは何でもできるママになれるのです。

母乳育児を楽しむためには、母乳育児の全てがバラ色ではないという複雑さを理解して、自分自身を大切にし、受け入れなければなりません

 
  • Brahm, P., & Valdés, V. (2017). Beneficios de la lactancia materna y riesgos de no amamantar. Revista chilena de pediatría88(1), 07-14.
  • Prieto-Gómez, R., & Baeza-Weinmann, B. (2013). Lactancia materna: Prevalencia de grietas y dolor en mujeres que amamantan, región de la araucanía, Temuco, Chile. 2010-2011. Revista Colombiana de Obstetricia y Ginecología64(3), 229-233.