母乳を保存するためのヒント

· 2019年1月9日
母乳は赤ちゃんが健康に成長するために最適なビタミン、抗体、免疫を提供するものであるということを覚えておいてください。

母乳を正しく保存する方法を知っておきたいでよね?この記事では、赤ちゃんの食べ物の保存に関するあなたの疑問をすべて解決します。

母乳を適切に保存する方法を知っておくことは、直接母乳を与えられない場合に非常に重要です。

時間の都合など、様々な要因で母乳をあげられないことがあるかもしれません。そういった時には、母乳を保存することも選択肢の一つです。

母乳は赤ちゃんにとって最善かつ完全な栄養食品と言えるでしょう。もし保存することができれば、母乳という選択肢の幅も広がります。

そこで、正しい母乳の保存方法についていくつかのアドバイスをお伝えします。実用的かどうかは実践してみればすぐにわかりますよ!

母乳を保存するには

まず知っておくべきは搾乳器で母乳を抽出するタイミングでしょう。

それを詳しく解説した後で、どう保管するべきか、どれくらいの期間保管することができるか、温度や加熱方法についての疑問に応えていこうと思います。

搾乳器を使用すべきタイミングは?

母乳を搾る搾乳器には、電動、バッテリータイプ、手動ポンプの3種類があります。

3つとも搾乳機としての機能は十分に果たします。違いとしては、母乳を搾乳する速度と吸引力です。乳首の不快感を軽減するためにも、搾乳器を使用して母乳を搾乳する理想的なタイミングがあります。それは、赤ちゃんに母乳を与えてから1時間後です。

子供の飲む母乳の量が把握できていれば授乳しながら搾乳器を使っても問題ありません。

搾乳には、授乳と同等の時間がかかります。一般的には10分から15分です。母乳の量を増やしたい場合には、複数回に渡って搾乳しても大丈夫です。

搾乳器

体が生成する母乳の量について気になっていませんか?もし気になっていれば、搾乳器を使えば使うほど、体に刺激が加わり生成量は増えることを知っておいてください。

また、母乳の量は母親の摂取する水分量、食事によっても変わってきます。

母乳をどう保管すべきか

専門家は、滅菌処理されたガラス製の気密容器を使用することを進めています。プラスチック製の容器や搾乳器の保存袋を使用している場合は、それらが食料品を入れるものとして認定されていること、流出テストに合格していることを確認してください。

実用的なポイントとしては、1つのガラス容器には、赤ちゃんが普段消費する量を入れ、保存しておく事です。こうする事で、飲み残しを捨てる必要がなくなります。

母乳はどのくらいの期間保存できるか?

ほかに、母乳を保存する上で知ってほしいポイントとして時間と温度があります。母乳を保存できる時間は、保存されている温度によって異なります。

室温、もしくは涼しい場所であれば約6時間保存することができます。冷蔵庫では約24時間です。冷凍するのであれば、3週間以上も可能になります。

期間を問わず、赤ちゃんに与える前に必ず母乳の状態を確認してください。確認方法として、匂いを確認し、少し舐めて味を確認し、目で見て色を確認することが理想です。

安全性を確保するためにも、保存容器にラベルを付けて日付と時刻を記してお来ましょう。母乳を保存した期間を正確に把握するために使用してください。

母乳 保存

母乳を加熱するには?

母乳を冷凍した場合は、赤ちゃんに与える24時間前に冷蔵庫に入れてください。これにより、母乳は自然解凍されます。

時間がない場合は、容器を温水に入れ、液体状態に戻るまで少し揺り動かしましょう。

これは母乳を加熱したい場合も同じです。まず容器を温水に浸してから、適温になったら取り出してください。

赤ちゃんの口は繊細です。傷つけないためにも温度を上げすぎないように気をつけてください。

「実用的なポイントとしては、ガラス容器に1つ1つに普段赤ちゃんが一度に消費する量を分けて保存する。」

いかがだったでしょうか?紹介したポイントを踏まえても、母乳の保存ははそれほど難しくありません。

母乳は赤ちゃんが健康に成長するために最適なビタミン、抗体、免疫を提供するものであるということを覚えておいてください。