ベビージムと公園で行うことができるアクティビティとは?

2019年5月30日
お子さんの筋肉と感覚に刺激を与えたければ、子どものために特別に設計された場所で適切に管理されたエクササイズを行うのが一番の近道です。

ベビージムは世界中でどんどん人気になっています。今回はその特徴についてより深く見ていきましょう。

健康な心と体を保ちたいと思ったら、ベビージムや公園はもってこいの場所です。体を動かすことは赤ちゃんを元気にしてくれますよ。

また、体操は子供に大きな利益をもたらしてくれる素晴らしいスポーツで、これは子供の成長と発達にとても役に立つのです。

子どもが公園でできるアクティビティ

生後6か月~10か月の赤ちゃんは子供や保護者同伴であれば、外の公園でさまざまな活動を楽しむことができます。

こういったアクティビティを行うことで、赤ちゃんは新しい感覚を感じ、自然とつながり、親と楽しい時間を共有することができます。

以下のような活動は、公園など外で遊ぶのにぴったりなので参考にしてみてください。

滑り台で遊ぶ

このアクティビティは赤ちゃんのバランスや姿勢を強化し、筋肉を刺激し、高さや落ちることへの恐怖をなくしてくれます。

また、これはとても楽しいものでもあります。滑り台を滑ることは独特の感覚を感じさせてくれます。お子さんは自信を高めることもできるでしょう。

ぶらんこで遊ぶ

これは、腕の筋肉を強め、前後に動く動きになれることになります。その結果、車での旅行に耐えられるようになり、酔いにくくなります。

公園での遊び ベビージム  公園   アクティビティ

プレイハウス

プレイハウスは、子どもと他の子を関わらせてくれます。このシンプルな楽しい場所で、お子さんは好奇心をそそられる形や物質を発見することができます。

トランポリンでジャンプする

このアクティビティは、下半身のバランスを高め、筋肉を鍛えてくれます。さらに、こういったアクティビティは赤ちゃんの身体能力を高め、元気にするだけでなく、とても楽しいものです。

ベビージムでのアクティビティ

もちろん、ベビージムにはたくさんの種類があり、さまざまな活動ができます。ベビージムは年齢と身体的なニーズにあったものでなければなりません。

ベビージムの使用が進められている年齢は、生後4か月~12か月です。ここでできるアクティビティには以下のようなものがあります:

視覚的アクティビティ

一般的に、ベビージムはカラフルなおもちゃがたくさんぶらさがっています。これらは赤ちゃんの注意を惹き、視覚の発達を助けてくれます。

「健康な心と体を保ちたいと思ったら、ベビージムや公園はその目的のためにもってこいの場所です。」

さわったり掴んだりするもの

たいていベビージムにはさまざまな触感、サイズ、形のものがついています。こういったものをつかむことで触覚と視覚が刺激されます。手を通して、赤ちゃんは新しい形を触り認識することで新しい感覚を発見します。

音を認識する

ほとんどのベビージムには音が出るおもちゃがついており、それは赤ちゃんの耳を刺激するためのものです。音とともに光も出るものもあり、赤ちゃんの注意をさらに引いてくれます。

もちろん、ベビージムでも公園でも、大人がしっかりと見守っていてあげなければなりません。こういった場所は子供のためにデザインされており、あらゆるニーズやリスクが考慮されています。しかし、その安全性に完全に頼り切ってはいけません。

遊ぶときは大人が見守ること ベビージム  公園   アクティビティ

ベビージムや公園でのアクティビティのメリット

これらのアクティビティの、強調しておきたいメリットは他にもあります。

 

  • 個人の知的発達を促すこと。
  • 身体的・精神的スキルの発達。
  • 心肺持久力の増加。
  • 自尊心の向上。
  • 創造性を高め、人とのかかわりを深める。

結論として、ベビージムや公園でこうったアクティビティを行うことには、赤ちゃんの認知的発達と細かい運動技能の両方に必ずメリットがあります。赤ちゃんはまわりの環境をエンジョイし、遊ぶのを楽しみ、気づかないうちに感覚を刺激することになりますよ!