アクティビティ・プレイマットを使うメリットとは?

· 2019年4月7日
感覚、知識、運動面で新生児がきちんと発達するためにはアクティビティ・プレイマットが最適です。今回の記事でお子さんにぴったりの製品を見つけることが出来るでしょう。

赤ちゃんは全ての感覚を通して、自分の周りの世界との関わりを作り出していきます。生後数ヶ月の間は、完全に知覚的な感覚のみで赤ちゃんの探索が行われます。聴覚、触覚、視覚を主に利用して、身の回りの様子を見つけ出すのです。このような感覚を発達させるのにアクティビティ・プレイマットは最適です。

アクティビティ・プレイマットによって、赤ちゃんは新たな手触り、音、色の感覚を、同時に取り入れることができるでしょう。

アクティビティ・プレイマットの種類によっては、ベビーベッド用もあれば、床において子どもの発達を促すものもあります。これらの遊んで学べるプレイマットには、カラフルで取り外し可能な様々なパーツが付いてきます。

通常のプレイジムには、アーチからいくつかのおもちゃがぶら下がるようにできています。新生児が手を伸ばして運動したり、おもちゃをつかみ周囲に興味を持つようになります。

赤ちゃんのアクティビティ・プレイマットは赤ちゃん届く距離に、インパクトのある遊具を置くことになります。うつ伏せの状態で遊ばせていると、赤ちゃんは段々頭を上げるようになって、色々と手を使った動きが活発になってくるでしょう。

アクティビティ・プレイマットのメリットとは?

赤ちゃんは自分の身体で何ができるのか知るためにも、自由に動ける状態でなければいけません。小さい頃から、赤ちゃんをアクティビティ・プレイマットの上にうつ伏せに寝かせてみましょう。これで筋肉を使って、背筋を強化することにつながり、いずれおすわりをする時にも役立ちます。

色彩豊かで様々な形と手触りのおもちゃが身近にあると、赤ちゃんは発見しながら学習するようになります。歯固め、鏡、がらがら、など便利なおもちゃで、赤ちゃんが楽しみながら刺激を受けることができます。

「ベビージム」は赤ちゃんの腕の運動と強化に効果があります。柔らかい素材のアーチが上部でクロスして立体的に設定され、赤ちゃんが胴体を伸ばしてつかもうとします。目と腕の動きを連携させたり、身体の筋肉を使って運動するのにも効果的です。

アクティビティ・プレイマット を使うメリット

アクティビティ・プレイマットのおもちゃで遊ぶと、子どもは原因と結果の関係について学びます。赤ちゃんの感覚発達と認知発達が同時に起こることになります。この知的な遊びによって、子どもが色々自分でできるようになっていくでしょう。

もう一つ大事なのは、赤ちゃんをうつ伏せに寝せると、斜頭症または絶壁頭になるのを防止します。

赤ちゃんが仰向けの姿勢ばかりで過ごすと、頭の後ろが平らになってしまいます。これはうつ伏せにして赤ちゃんにタミータイムを与えることで、避けられることです。

色彩豊かで様々な形と手触りのおもちゃが身近にあると、赤ちゃんは発見しながら学習することを促します。

年齢別アクティビティ・プレイマットの利用法

アクティビティ・プレイマットを選ぶ際、いくつか違う種類の製品があります。

  • 3か月以上の赤ちゃん用アクティビティ・プレイマット:この時期の赤ちゃんは自分の周りの環境を感知し始めます。色の違いはまだ認識できませんが、コントラストのある違いはわかります。
  • 6か月以上の赤ちゃん用おもちゃのプレイマット:赤ちゃんが自分の動きと周りとの関係を理解する様子には関心させられます。手を伸ばしておもちゃに届こうとする時、聞こえる音、手触り、見えるものなど、複数の感覚を体験しているのです。
  • 赤ちゃんがおもちゃに注目し始めると、それを何回か繰り返して遊びます。徐々に子どもは自分のおもちゃを見分けるようになり、好みを見せ始めることもあるでしょう。
  • 7~8か月以上の子ども用アクティビティ・プレイマット:この時点でのアクティビティ・プレイマットは、なめらか、ふわふわ、しわしわ、ぎゅっとした、など様々な感触があるプレイマットがお勧めです。子どもは意識的に指でその感触を味わって、それぞれの違いを分かるようになるでしょう。
アクティビティ・プレイマット

  • 生後7~8か月の赤ちゃんの脳では灰白質の発達が著しくなります。そして脳内で、情報の分類と構造を初めて作り出すことができるようになるのです。赤ちゃんは音、色、感触などを識別することができ、自分の好きな方を求めるようになります。アクティビティ・プレイマットは多様な感触を刺激するのに最適です。
  • 2歳以下の場合:子どもは自然と床で遊びたがるものですが、アクティビティ・プレイマットはまだまだ重要です。子どもが歩けるようになっても使えます。他のベビー用品と違ってそれ程場所を取らずに、赤ちゃんが遊べる場所を確保できます。

最後に、アクティビティ・プレイマットは赤ちゃんにたくさんのメリットがあります。生後3か月から2歳以上まで、様々な色、手触り、形が一カ所に集中した遊具によって、子どもの知的成長を促します。