秋の健康管理にピッタリのおすすめビタミンをご紹介!

28 10月, 2019
秋になり体の免疫力が低下するとき、良い習慣を取り入れることで補うことができます。定期的な運動、バランスのとれた食事、そして適切なビタミンが、風邪に抵抗する力をつけるのに役立ちます。

秋になると、インフルエンザにかかる可能性が高くなりますよね。寒さ、湿度、そして室内にずっといる必要があると、風邪を引く可能性がグッと上がります。ですので、自分を守るために、秋にぴったりなビタミンを摂取する最善の方法をぜひ知っておいてください。

結局のところ、私たちにあるのは、病気になる可能性がある病原体から自分を守る免疫系だけです。この意味で、体温が低くなると白血球の減少につながる、ということを留意する必要があります。あなたができるベストなことは免疫を強化することで、ビタミンはその助けになります。

こちらもお読みください:頻繁に起こるリスク:子どもの転倒について

ビタミンCは免疫系に不可欠

免疫系の健康を促進する主なビタミンは、ビタミンCです。昨今、病気にかかったときに血漿(けっしょう)内のビタミンCがかなり低くなる、というのはすでに知られています。

また、ビタミンCが食細胞の形成を助けることも知られています。食細胞とは有害な微生物を吸収し、有害物質を破壊する酵素を産生する白血球のことです。加えて、ビタミンCは有益な抗酸化物質でもあります

ビタミンCの効果は、酸素に反応する微生物と闘うために非常に重要です。体調が悪くなるたびにビタミンCは体内で増殖します。

幸いなことに、ほとんどの柑橘系フルーツからビタミンCを摂ることができます。オレンジ、みかん、レモンにはビタミンCが豊富で、いちごやキウイにも含まれています。

朝食をサーブする母親 ビタミン 秋 

秋におすすめの最初はビタミンA

ビタミンAは主にレチノールと他のカロチノイドで構成されており、著しい免疫効果があります。ビタミンAの貢献は、白血球を作り出す体内の能力とも関係があります。

ビタミンAを摂るために特別なサプリを飲む必要はありません。肉、牛乳、緑色の野菜などの食品は全てレチノールを豊富に含みます。同様に、ほうれん草とにんじんもビタミンAを大量に備えています。

こちらもお読みください:ほうれん草を使った4つの美味しいレシピ

白血球数を増やすビタミンD

ビタミンDは、白血球の生産に直接影響を与えるわけではありませんが、白血球数を増やす上で基本的な役割を果たします。ビタミンDは体内で白血球が破壊される速度を遅らせます。このおかげで、食細胞の寿命が延びるのです。

嬉しいのが、ビタミンDは無料で手に入るという点です。肌がビタミンDを吸収するには、太陽のもとで数分過ごすだけ。もちろん、なんで寒さと雨が免疫低下につながるかはもうご存知ですよね。

体温が低くなると白血球の減少につながる、ということを留意する必要があります。免疫を強化するのがあなたができるベストなこと。

ビタミンBとEとその役割

ビタミンB群は体の代謝過程に影響を及ぼします。白血球の産生に直接関連するものではありませんが、ビタミンB群には免疫を促進する上で一般的な役割があります。

具体的には、ビタミンBは形成タンパク質に影響を与えます。つまり、免疫系に不可欠なのです。さらに、適切な栄養なしでは、防御力が弱まるのは当然のこと。間違いなく、ビタミンB複合体は秋にぴったりです。

一方、ビタミンEは細胞を保護する抗酸化物質を含みます。お肌に良い効果をもたらすことは以前から知られていましたが、ビタミンEは体内でも作用します。そして、ビタミンCと組み合わせて作用するとも考えられています。

レタスを食べる子ども ビタミン 秋 

葉酸もおすすめ

葉酸は何も妊婦だけのものではありません。このミネラルは、好中球として知られる特定の白血球の産生を促進します。したがって、食事に含まなければ、あらゆる種類の感染症にかかるリスクが高まります。

葉酸は、米、ブロッコリー、パン、シリアルなどの非常に一般的な食品に含まれます。

緑色の葉野菜や柑橘系のフルーツにも葉酸が多いです。ご覧の通り、秋におすすめのビタミンは、多様で健康的でバランスのとれた食事を通して摂取することができます。

一方、必要なビタミンを摂取する助けになるサプリや医療製品もあります。ビタミンB、C、Eは、錠剤サプリまたは注射で摂取することができます。葉酸も市販の製品で売られています。今回お伝えしたことを学んだら、秋の天候に備えて準備万端ですね!