赤ちゃんが眠りにつくためにはあなたの近くにいる必要がある

27 5月, 2018

赤ちゃんが生まれたとき、睡眠は彼らの成長の土台の1つとなります。また、睡眠は母親にとっても必要なものです。双方にとって、十分な休息を得ることができるカギはお互いが近くにいることであり、今回はその理由を説明します。

赤ちゃんが眠りにつき、眠り続けることができるためにはあなたの近くにいる必要があります。

あなたの赤ちゃんはあなたのお腹の中で一時も離れることなく長い時間を過ごしたので、今でもあなたとくっつき、あなたの匂いを嗅ぎ、あなたの鼓動を聞くことであなたの中で幸せだった時間を思い起こすのです。

添い寝

赤ちゃんの睡眠は彼らの成長のために必要

彼らと一緒に眠ることで、彼らが泣く理由を取り除くことができます。なぜなら、彼らが泣いてあなたを呼ぶ必要がなくなるからです。

赤ちゃんが母親と父親の近くにいるとき、彼らはこれらの利点のすべてを経験します:

  • より良く体温を調節します。
  • ホルモンレベルがより安定します。
  • 心拍数が一定になります。
  • 呼吸が改善されます。
  • 免疫システムが強化されます。
  • 酵素の生産が増加します。

これにより、両親とより長く一緒に過ごした子どもたちほど、より健康で、より病気が少なく、より体重増加が多くなります。

親密さが授乳を改善する

それはシンプルです。彼らが空腹になったとき、彼らはすでにママが近くにおり、すぐに授乳することができるので、多くの赤ちゃんは泣き始めることさえありません。

これが両親と一緒に眠る赤ちゃんがより長く母乳を飲む理由です。

このような赤ちゃんは一度によりたくさんの母乳を飲み、母親がいつも近くにいる夜間にもより多く飲みます。これは赤ちゃんにとって有益です。

彼らは、夜間により頻繁に目覚めますが、母乳を飲んだ赤ちゃんはより寝つきが良く、彼らのママも同様です。それはシンプルに体の自然な作用です。

授乳

カンガルーメソッド

世界中のほとんどの病院では、この技法は「カンガルーメソッド」と呼ばれています。

赤ちゃんの体重が増加し、心拍が安定し、落ち着きが良いことは、より健康かつより早期に退院できるため、この技法が有益であることが証明されています。

赤ちゃんの世話のカンガルーメソッドは未熟児や早生児、健康的な子どもや病気がちの子どもにかかわらず、どんな子どもにも適用できます。これは赤ちゃんの世話をする最善の方法です。

基本的には、皮膚と皮膚の接触、必要に応じての授乳、そして母親と赤ちゃんの両方が必要とするケアを提供しながら行わなければなりません。

健康な子どもは母親と食べ物との接触を必要とします。

赤ちゃんが未熟児、体重不足、または栄養摂取に苦しんでいる場合、皮膚と皮膚の接触が彼らが受けなければならない医療の基礎となります。

添い寝とは?

添い寝が標準である日本のような国々では乳幼児突然死の割合は世界で最も低くなっています。

これは、同じベッドで寝るか、親のベッドに付けるように特別にデザインされたベビーベッドを使用するか、片方を倒した従来のベビーベッドを使用して行うことができます。

ベッドから出なくてもいい快適さは、特に寒い時期、母親と赤ちゃんがすぐに眠りにつけるようにしてくれます。

実際、母親は、目を覚ました回数を正確に知ることはあまりありません。なぜなら、彼女は一度も完全には目を覚ましていないからです。

神経の発達は最小限の深い睡眠フェーズで最大に機能するので、添い寝は赤ちゃんに生理的保護に理想的な母乳をもっと与えるだけではなく、精神的な発達も向上させます。

彼らは近くに食べ物があるので、両親と呼吸を合わせることができ、そして世話してくれる人ができるだけ近くにいることで安心します。両親と添い寝する赤ちゃんはよく眠るのです。

これは、彼らが質の良い休息を取って、より多くのエネルギーをその日のために持ち、より良く成長するためにより活動的であることを意味します。

私たちの歴史を通して、人類は洞窟に住んでいる霊長類であった時代から、添い寝を実践してきました。いくつかの部屋がある家が登場し、赤ちゃんが両親から離れて寝ることになったのは、ここ150年のことです。

結論として、ママも赤ちゃんと同じくらい眠る必要があり、一緒に行うことを躊躇しないでください。

  • A Gp, Aguayo Maldonado J, Sánchez Pinuaga M. (n.d.).Contacto piel con piel inmediato para recién nacidos a término. Mesa redonda. Hospital Universitari De Tarragona “Joan XXIII”.
  • Gómez Papí A, Baiges Nogués M, Marca Gutiérrez A, Batiste Fernández M, Nieto Jurado A, Closa Monasterolo R. (1998). Método canguro en sala de partos en recién nacidos a término. Medicina Fetal Y Neonatología.48(6).
  • Cochrane. https://www.cochrane.org. [ONLINE].; 2019 [CITED 1 2 2019. Available from: https://www.cochrane.org/es/cd003519/contacto-piel-piel-temprano-para-las-madres-y-sus-recien-nacidos-sanos
  • Besteiro, E. M., Aliaga, M. T., Pineda, M., Alegre, J. M., Berlanga, J. F., & Martín, P. B.(2001). La depresión postparto: un estudio exploratorio con una muestra de mujeres valencianas. Revista de psicopatología y psicología clínica, 6(1), 37-48. http://revistas.uned.es/index.php/RPPC/article/view/3903/3758
  • Monasterolo, R. C. (1998). Método canguro en sala de partos en recién nacidos a término. An Esp Pediatr, 48, 631-633. http://www.aeped.es/sites/default/files/anales/48-6-12.pdf
  • Landa Rivera, L., Díaz-Gómez, M., Gómez Papi, A., Paricio Talayero, J. M., Pallás Alonso, C., Hernández Aguilar, M. T., … & Lasarte Velillas, J. J. (2012). El colecho favorece la práctica de la lactancia materna y no aumenta el riesgo de muerte súbita del lactante: Dormir con los padres. Pediatría Atención Primaria, 14(53), 53-60. http://scielo.isciii.es/pdf/pap/v14n53/revision1.pdf