赤ちゃんが泣き止まない!そんな時はどうすればいいの?

2019年4月1日
赤ちゃんのなだめ方がわからず、なぜ赤ちゃんは泣きやまないんだろうとどれだけ自問したことがありますか? これは本当にストレスのたまる状況ですよね。赤ちゃんが何かを欲しがっているのにどうやって助けてあげればいいのかわからないときは特にそうです。

赤ちゃんがなぜ泣き止まないのか、泣き止ませるにはどうしたらいいのかわからなくて絶望する親がたくさんいます。この記事では、この状況を打開するお手伝いをしようと思います。

泣くことで赤ちゃんは自分の気持ちを表現します。しかし、赤ちゃんがずっと泣き続けていると、私たちの我慢レベルを超えてしまうこともありますよね。

赤ちゃんが泣き止まない:これって普通のこと?

赤ちゃんが泣いていると、心が張り裂けそうになり、最悪の悪夢のように感じたりしますよね。そのせいで親であることを楽しめなくなってしまいます。おそらくあなたも、親が「赤ちゃんが泣きすぎて寝られない」と言っているのを聞いたり、疲れて悪いムードになっているのを見たりしたことがあるでしょう。

それでも、「赤ちゃんは泣くもの。普通のことだ」からと完全にあきらめているのを見るかもしれません。

赤ちゃんが感じていることや必要としていることを伝えるために泣きますが、一日を泣き通すべきでないということも事実です。

理解できる範囲はどこまでで、どこからが泣きすぎになるのでしょう? 赤ちゃんはそれぞれ違います。おそらくそのことはもうご存知でしょう。また、新生児はよりたくさん泣く傾向があるということを心に留めておきましょう。新生児にとっては全てが新しいことであり、自分の体や感情を理解できないからです。

赤ちゃん  なぜ 泣き止まない

赤ちゃんが泣き止まない理由

この問題を解決するためには、まずなぜ赤ちゃんが泣いているのかの理由を特定しなければなりません。最もよくある理由はコリックで、これは生まれて最初の数か月に起こります。

コリックにはお腹の痛み、ガス、嘔吐、下痢、便秘などの症状が伴います。これは赤ちゃんにとってとても不快になりえるものです。

赤ちゃんが泣いているのは、とてもお腹が空いているからかもしれません。母乳だけでは完全にお腹いっぱいになるのには足りていないかもしれず、粉ミルクが必要なのかもしれません。この問題については小児科にアドバイスを求めましょう。

他にも赤ちゃんが泣いている理由としては、高い温度に敏感であるためか、服がきつすぎるためかもしれません。おむつが濡れているのに耐えられないからかもしれませんし、眠いのにしっかり寝られないための可能性もあります。

赤ちゃんの中には、落ち着くのに必要な環境が与えられないと、すぐに神経質になってしまう子もいるというのをご存知でしたか? これは赤ちゃんが激しく泣くときのとてもよくある理由です。

この場合は、音楽をかけることに頼るか、ベビーカーや車に乗せて出かけるといいかもしれません。環境を変えることがストレスや不安を軽減するのに役立ちます。

「赤ちゃんはそれぞれ違います。また、新生児はよりたくさん泣く傾向があるということを心に留めておきましょう。」

赤ちゃんが泣き止まなくて、落ち着かせられない!

これはよくある問題です。一人目の時は特にそうです。たいてい、どうやって赤ちゃんを泣き止ませればいいのかわからないのです。そしてもちろん親は不安になります。

実は、この不安は赤ちゃんにも移るのです。そしてそれこそが試していることが全然うまくいかない理由なのかもしれません。

ですので、まずはママとパパが落ち着くことです。瞑想や呼吸法を使ったり、一人で少しの間外出したり、お茶を飲んだり昼寝をしたりしてみましょう。

まずは親が落ち着いて 赤ちゃん  なぜ 泣き止まない

自分が落ち着きを取り戻したと思ったら、赤ちゃんを抱きあげて赤ちゃんを自分の胸のところに持ってきて、赤ちゃんが親の呼吸や心臓の音を聞けるようにしてあげます。

服を脱いで、最大限に肌と肌を触れ合わせることを勧める人もいます。さらに、子守歌などの歌、優しく触れてあげることも大いに役立つかもしれません。

他にも、アメリカの医者によって作られた「抱っこ」法もあります。これは赤ちゃんを手の上に「座らせる」方法です。そして、空いている方の手で赤ちゃんを抱きしめてあげるのです。

赤ちゃんを片手で抱いて自分の胸に付け、とても慎重に45度に傾けます。赤ちゃんの頭が前に傾きすぎないように気を付けましょう。

最後に、赤ちゃんを前後にゆすり、おしりをなめらかに円を描くように動かします。お子さんはすぐに落ち着きますよ!

あなたが今までに「赤ちゃんが泣き止まない」と言ったことがあって、可能性のある健康の問題や不快感の原因を取り除いたら、このテクニックを使うことをお勧めします。

一人目の赤ちゃんで、赤ちゃんのなだめかたがわからないときは、小児科の先生も助けてくれます。遠慮せずに聞いてみましょう!