赤ちゃんと旅行をする時の注意事項

02 3月, 2019
まず目的地の気候が普段過ごしている環境と違う場合には専門家に相談しましょう。
 

赤ちゃんとの旅行は初めてですか?多くの方が赤ちゃんと出かける際に何を気をつけるべきなのかを疑問に思っていることでしょう。

これから紹介するポイントを踏まえてお出かけをしてもらえば、安心、安全な旅行をお楽しみいただけると思います。

赤ちゃんと一緒にお出かけする際に気をつけるべきポイント

旅行する際に乗り物を使用するからといってかならずしも赤ちゃんが保護者を困らせるわけではありません。健康な赤ちゃんであれば、異なる環境にもすぐに適応します。快適なお出かけのためにも、以下のポイントを参考にしてみてください。

車での移動

車でのお出かけは赤ちゃんにとっては、疲れやすく、不快なものになりかねません。できるだけ長距離移動は控えましょう。また、混雑が予想される時や、心に余裕のない時には車での外出は控えましょう。

飛行機での移動

飛行機移動の際に気をつけて欲しいのが、2歳未満の乳児は座席に座ることができないということです。また、パスポートが必要となり、旅行保険も考慮しなければいけません。2歳未満の場合は専用の安全帯を使用して保護者の膝の上に座らせる必要があります。

電車での移動

電車での移動は保護者にとっては良い選択肢かもしれません。より快適に、スムーズにお出かけを楽しむことができます。電車にはベビーカーの持ち込みが可能で、夜間の移動には寝台車を利用することもできます。

赤ちゃん-飛行機移動
 

どんな移動手段でも、次のものを持参することがオススメです。

  • お粥やピューレ、水、ジュース、ミルクなどの食事
  • 赤ちゃんの好きな本や、歌、ゲーム、絵など赤ちゃんを楽しませるもの
  • おむつの交換のためのおしりふき
  • 救急キット
  • 着替えて、おむつ、哺乳ビン、おしゃぶり、枕

赤ちゃんと一緒に旅行するメリット

赤ちゃんと一緒にお出かけしたり、旅行することにはメリットがあります。

  • まだ歩き回る心配はないので、保護者が監督しやすい。
  • 基本的には交通機関に赤ちゃん分のチケットはいりません。
  • 赤ちゃんの魅力は、周囲の人々とのコミュニケーションを生みます。
  • 基本的なニーズを満たすことができれば、赤ちゃんとのお出かけに目的地は問いません。
  • 日中は眠り付きやすい
  • 赤ちゃんを持つ家族は優先搭乗のサービスが受けられます
  • 飛行機での移動の際にトラブルにあっても、客室乗務員がサポートしてくれるはずです。

「健康であれば、赤ちゃんは変化にすばやく適応できる。」

赤ちゃんとお出かけする際に準備すべき書類

赤ちゃんと一緒に旅行するときには、特定の書類が必要になる場合があります。発行と送付に時間がかかるものもあるので、前もってよく調べ、準備をして下さい。

一般的なものでは保険証、予防接種カード、出生証明書、同行者が保護者である照明ができるものなどが挙げられます。目的地によっては、パスポートやビザが必要になる場合もあります。

赤ちゃんと出かける
 

最後に

他にも考慮して欲しいことは、まず目的地の気候が普段過ごしている環境と違う場合には専門家に相談しましょう。

専門家は、寒風や強い日差しに赤ちゃんがさらされないように保護する方法や、水分補給、健康的な食事について、適切なアドバイスをしてくれると思います。また、目的地の病院や診療所の電話番号、小児科医の電話番号を前もって調べておきましょう。

なるべく赤ちゃんの昼寝のタイミングを考慮して行程をたてましょう。移動中には、赤ちゃんが不快に感じていないかよく観察するのも大切ですよ。

飛行機の離陸時、着陸時には赤ちゃんを両腕でにしっかり抱きかかえてください。また、より広いスペースを確保するために座席はなるべく通路側を選択しましょう。こうすることで、安全な旅を満喫することができるかと思います。

旅行はきっと楽しい思い出になります。赤ちゃんとお出かけする際に、忘れてはいけないのは先ほど説明した書類、食べ物、おもちゃです。ここまで紹介したポイントを考慮、実践していただければ赤ちゃんも安心してお出かけを楽しむことができるでしょう。