赤ちゃんの服を洗う時に気をつけること

2019年2月20日
ご存知の通り、赤ちゃんの衣服はすぐ汚れます。衣服が汚くなったり、赤ちゃんには刺激の強い化学物質に頼らないためにも、汚れたらすぐに洗濯することが理想です。

赤ちゃんの肌は繊細です。肌に触れる可能性の高い赤ちゃんの衣服を洗う上ではいくつか注意すべき点があります。

赤ちゃんの服を洗う時には一般的に3つのルールがあります。安全な洗剤を使う、柔軟剤を避ける、そして一つ一つ丁寧に洗う、の3つです。

保護者が以上の3つのルールを守れば、洗剤に含まれる化学物質による、赤ちゃんの肌へのトラブルは未然に防ぐことができるでしょう。では、皮膚科医の見解はどうでしょうか?

アメリカ皮膚科学アカデミーは、一般的な洗濯洗剤を使って洗濯しても問題ないと言及しています。もちろん、赤ちゃんにアレルギー反応が現れたことがなければの話です。

この記事では、赤ちゃんの服を洗う時に注意すべき点といくつかのポイントを紹介します。

赤ちゃんの服を洗う時に気をつけること

洗剤

前述したように、赤ちゃんの服を洗うときに、安全な洗剤を使用することはとても大切なポイントです。赤ちゃんが、新生児や生後6ヶ月未満の場合は尚更です。

化学物質があまり含まれていないオーガニック製品を使用すると良いかもしれません。

もちろん普段使っている洗剤でも、肌に優しいものであれば試しに使用して構いません。赤ちゃんの肌がどう反応するのかを確認するためにも、まず一枚の服で洗剤テストをすることをお勧めします。

柔軟剤は?

それは柔軟にも洗剤と同じことが言えます。柔軟剤を使用したい場合には、まず子供が6ヶ月に達するのを待ってから、一度テストしてみてください。赤ちゃんの肌にどう影響するかを確かめるためにもまずは一枚から試してみましょう。

柔軟剤の問題点は、最後の濯ぎの後に使われることです。衣服に大量の柔軟剤が染み込んでいると容易に想像できます。

ここが洗剤と柔軟剤の大きく違う点です。

柔軟剤を使用したい場合には、柔軟剤を使った後にもう一度洗い流してください。無用な化学物質をしっかりと洗い流しましょう。

子供の服の洗濯

赤ちゃんの服をどう洗うべきか

赤ちゃんの服を洗う時には、洗濯機を使う、手洗いするという二つの選択肢があります。

手洗いする場合は、特に注意が必要です。洗剤が衣服に残っていないかをしっかり確認してください。

レースや刺繍といったデリケートな素材の服は手洗いしなければなりません。洗濯機で洗ってしまうと布地にダメージを与えてしまうかもしれません。

赤ちゃんの衣服を洗濯機で洗う場合には、丁寧な洗濯はもちろん、濯ぎ機能が二回以上あるものを使用してください。赤ちゃんの服を家族の服と一緒に洗わないでください。

「一般的な洗濯洗剤を使って洗濯しても問題ありません。もちろん、これは赤ちゃんの肌にアレルギー反応が現れたことがなければの話です。」

洗濯の頻度

洗濯の方法についてはお話ししましたが、保護者にとっては、洗濯の頻度も気になるポイントですよね?

ご存知の通り、赤ちゃんの衣服はすぐ汚れます。衣服が汚くなったり、赤ちゃんには刺激の強い化学物質に頼らないためにも、汚れたらすぐに洗濯することが理想です。

洗濯物 赤ちゃん  肌 衣服  洗う  注意

加えて考慮すべきポイントが、タオルや、枕、そして寝具です。こういったものもこまめに洗う必要があります。

寝具は少なくとも2週間に1度は洗いましょう。タオルについても、3回以上の連続使用はお勧めしません。

以上のポイントをしっかり守れば、アレルギーや皮膚疾患の予防ができるはずです。赤ちゃん健康をいくら気遣ったとしても、気遣いすぎということはありません。