赤ちゃんにとってアタッチメントは極めて重要

24 10月, 2018
アタッチメントとは子供がごく少数の人間との間に築く親密な関係を指します。

この記事では アタッチメント とは何なのか、そしてなぜアタッチメントがあなたの赤ちゃんの身体的そして感情的発達に重要なのかをお話ししたいと思います。

赤ちゃんが健全に成長するためには親の存在が必要です。親との関わりを断たれた子供は行動障害や不安を抱えやすくなります。

今日、自然な子育て法やアタッチメント子育て法を選ぶ親が増えています。この子育て方法が赤ちゃんとその家族関係両方にメリットがあることがより明らかになっています。

アタッチメント って何ですか?

アタッチメントとは子供がごく少数の人間との間に築く親密な関係を指します。

それは子供自身の内面とその限られた人との間に形成される心の絆です。この絆が時を経ても子供たちがこの人たちと触れ合い、側にいたいという要求を生み出すのです。

これは子供が自分の安全を確保するために生まれ持った手段でもあります。

アタッチメント的言動は、病気や怪我をした時や恐怖を覚えた時など、子供が脅かされるような状況において、よく見られます。

主な手段としては、子供たちは泣くことでこの親密な関係にある人間の気を引こうとします。

赤ちゃんにとって アタッチメント は極めて重要です

アタッチメントと母親

母親と赤ちゃんの心の絆は早くから、赤ちゃんが産まれる前からすでに創り出されています。なぜなら母親はその絆をお腹の中に感じ取っているからです。

母親は赤ちゃんが欲しているものに敏感で、赤ちゃんの言動に順応するのも早いので、赤ちゃんとの間にしっかりしたアタッチメントを確立しやすいでしょう。

母親は子供たちが示すサインに素早く対応し、食事を与え、満足したことを見極め、寝起きのリズムに気を配ります。

赤ちゃんは母親を愛情に溢れた陽気で優しい人と受け入れるでしょう。

泣いている子供に向き合う時、母親はどうやって抱きしめ慰めてあげるかを熟知しています。

アタッチメントと父親

伝統的に子供の最も強いアタッチメントの絆は母親との間に築かれますが、最近、子育てに参加する父親が増えている傾向にあります。

勤務時間、子供の数、経済力など理由は色々ありますが、赤ちゃんの世話に関して、両方の親が共に担う必要性を決定づけています。

肌と肌で触れることの大切さ アタッチメント

アタッチメント子育て法とは?

これから紹介するのはアタッチメント子育て法と発達心理学に基づいた原理です。

これは、それぞれの発達段階においてその子供の理解力とその子に何が必要かを考慮した時、安心した心の繋がりと両親の間に一致性がなくてはならないと提唱しています。

また、アタッチメント子育て法は以下の原則も挙げています。

  • 肌と肌とのふれあい
  • 抱っこ
  • 必要な時はいつでも赤ちゃんを抱き上げる
  • 添い寝
  • 赤ちゃんに親の匂いと体温を感じさせる
  • 赤ちゃんの自然な生活リズムを尊重する
  • 泣かせっぱなしにしない、一人きりで眠らせない
  • 病気の時はどこが痛いのかしっかり把握する
  • 赤ちゃんに触れる
  • 子供達の能力に応じてして良いこととしてはいけないことを教える
  • 子供たちは大人と同じようなやり方で人を操る術を持たないことを理解する
  • 子供たちが駄々をこねて泣いている時は慰めてあげる
  • 子供たちがまだ理解できないことでも全て説明してみせる

アタッチメントがもたらすあなたの子供へのメリット

人間は本能的に彼らを守り世話する相手に対して愛着心を産まれながらにして持ち合わせています。

アタッチメントは子供と親の心の絆です。病気、不安、心配を抱えた時々で、そのストレスと上手くつきあう基盤として役立つでしょう。

アタッチメントがもたらす子供へのメリットは以下のようなことも挙げられます。

  • 身体的安心が得られる
  • 感情的安心が得られる
  • 感覚への良い刺激となる
  • 泣くことが少なくなる
  • 母乳の出が良くなる
  • 自己肯定感が高くなる
  • 自信がつく
  • 健やかな人間関係を築ける
  • 失敗を乗り越える力がつく
  • やる気がつく
  • 学校で良い成果を出す
  • 問題解決の力がつく

赤ちゃんの時に、優しく関わり、気に掛けてあげることに出来る限りの時間を費やすことが一番の投資となるとはっきりと断言します。そうやって子供の成長過程において、親密な絆で結ばれた大人が子供たちの心の安定を確実に築いてあげるのです。

  • Barudy, J., & Dantagnan, M. (2005). Los buenos tratos a la infancia: Parentalidad, apego y resiliencia. Editorial Gedisa.
  • Garrido-Rojas, L. (2006). Apego, emoción y regulación emocional. Implicaciones para la salud. Revista latinoamericana de psicología, 38(3), 493-507. https://www.redalyc.org/pdf/805/80538304.pdf
  • Marrone, M., Diamond, N., Juri, L., & Bleichmar, H. (2001). La teoría del apego: un enfoque actual. Madrid: Psimática.
  • Mosquera D, Gonzalez, A (2009) Escala de Apego y Patrones Relacionales.
  • Mosquera, D., & González, A. (2013). Del apego temprano a los síntomas del trastorno límite de personalidad. Revista Digital de Medicina Psicosomática y Psicoterapia, 3(3), 1-33. http://www.psicociencias.com/pdf_noticias/Apego_y_TLP.pdf
  • Shaffer, D. R., & del Barrio Martínez, C. (2002). Desarrollo social y de la personalidad. Madrid: Thomson.