3〜5歳の子供向けゲーム

· 2018年5月31日
みなさんは、子供と遊ぶ時間を十分に取っていますか?子供と一緒に楽しんでいますか?以下のゲームは子供と一緒により良い時間を過ごすと同時に子供の能力を引き出すことができます。

この記事では、子どもたちの成長と発展を促進するための楽しいゲームを紹介します。もちろん、ゲーム自体もとても面白いです!

3歳の子供は、もはや乳児ではありません。子供には新しい能力や才能が芽生え始めます。同時に、感覚も成熟され、問題解決のために創造性を発揮するでしょう。

小児期は、子供が常に成長する段階です。特に3歳または4歳頃までに、子供たちは自分の世界を飛び出し、周囲の世界と交流を始めます。

子供達は、新しい知識を学び、不確実性を経験することで肉体的、認知的な能力を獲得していきます。

そして、3,4歳に限らずとも、小児期にゲームを親子で遊ぶことは子供の成長に良い影響を与えます。

以下に、あなたの子供が成熟して成長するのを助けるいくつかの楽しいゲームについて説明します。

3〜5歳の子供に最適なゲーム

1.かくれんぼ

かくれんぼが嫌いな子供はいないと思います。小児期には子供たちは空間感覚を発達させ始めます。高いところや低いところ、空間を把握するよう努めることはこの時期の子供にとって良い刺激となります。

かくれんぼには、小道具や特別な格好をする必要はありません。 また、2人以上の人が関るアクティビティなので、社会性を育みます。

最後に、このゲームのポイントは、子供に決めさせるところにあります。隠す場所、探しに行く場所を自分で決めさせることで、作戦を考える能力が発揮されます。

ルールは以下の通りです。

  • 参加者のうちの1人はオニとして、残りの参加者が事前に決められた範囲内に隠れている間に、10(協議して決めた数字)まで声に出して数えます。
  • 数え終わったら、オニは他のプレイヤーを探しに行きます。
  • オニが隠れているプレイヤーを見つけたら、排除するためにタッチします。この活動のもう1つのバリエーションは、オニとタッチされたプレイヤーが数える場所まで競争して戻るというものです。競争に負けるか、タッチされるかはルールによって異なりますが、次のオニになります。

2.サイモンは言う

3歳、4歳、5歳向けの多くのゲームと同様に、このアクティビティはルールを守り、他人の要求を解釈することに重点が置かれたゲームです。

ある意味、子供にとって就学前の良い準備運動となります。また、小児期の子供が開発途中である言語に関する能力を刺激するゲームです。

このゲームには3人以上のプレーヤーが必要です。 1人のプレイヤーは「サイモン」になり、他の2人のプレイヤーに単純な指示(「ジャンプ」または「手を挙げる」など)をします。

しかし、他のプレイヤーは、サイモンが「サイモンの命令」と指示の前に前置きした場合にのみ従います。

プレイヤーが「サイモンの命令」と言ってないにも関わらず、指示に従うと、そのプレイヤーはゲームから除外されます。プレイヤーが「サイモンの命令」というフレーズが付いた指示に従うことができなかった場合も同様です。ゲームの最後まで勝ち残ったプレイヤーが次のサイモンになります。

3歳子供ゲーム2

3.ままごと

ドレスアップとおままごとは、あなたの子供の発達を刺激する非常に効果的な遊びです。

教師、医者、警官などを演じることは、子供たちがこれから出会う新たな世界を理解し始めるすばらしいきっかけになります。

同時に、おままごとは子供たちの想像力を刺激します。友達とのと交流することや、言語を使う能力を向上させることができます。

このゲームは、異なる様々な職業を演じるだけではなく、好きな本、テレビ番組、映画の中からキャラクターを選び、演じることもできます。

子供たちは動物や、海賊、魔法使いになることもできます。想像力によって、すべてを手に入れることができます。

“子供達の感覚が成熟すると同時に、創造性は問題を解決する為に利用できるまでに高まります”

4.感情的知性を促進する子供のためのゲーム

小児期は、子供に自分の感情を識別することを教える理想的な時期です。論理的にいえば、ゲームが提供する楽しさを利用することが最良の方法となります。

以下は、あなたの子供の感情表現を成長させるために良いアクティビティです:

  • 異なる感情状態を表現するために、ポスターボードや厚紙を使って、複数、感情の顔看板を作成します。喜び、悲しみ、怒り、哀れみなど.
  • 次に、あなたの子供の好きなアニメや、ビデオを見ます。あなたの子供に、子供が考えるキャラクターの感情に合わせて、先ほど作った当てはまる顔の看板を指差すように指示してください。
  • 複数の子供が一緒に遊ぶことでさらに楽しい遊びになります。正しい感情を読看取ることができれば点数を与えます。点数そのものは重要ではありませんが、子供たちが集中するような良い動機となります。
3歳子供ゲーム

デジタルゲームはどうか

テクノロジーは今日から、人々の生活の中で最も重要な位置を占めています。子供も例外ではありません。幼い年齢から、子供は自らの意思でデバイスを操作することを学び、ビデオやゲームは彼らにとっても、好きなアプリケーションです。

大切なことは、デジタルデバイスの使用を完全に禁止するのではなく、むしろ使用時間を定めてアプリケーションのコンテンツを制御することです。どんなビデオやアプリケーショの使用にも、有料でも無料でもしっかりとルールを決めるべきです。

親として、携帯電話、タブレット端末、コンピューターまたはスマートテレビを使用している間、子供が学習している対象に注意を払う必要があります。

すでに研究によって、モバイルデバイスやビデオゲームの過剰利用は、子供の発達に悪影響を与える可能性があることが証明されています。

たとえば、言語能力の発達遅延を引き起こす可能性があるのです。したがって予防策を講じること、漸進的なのみこみをうながすことが重要な解決策になります。

これまでの説明通り、子供と遊ぶ方法は様々です。広さや環境などによって、どの遊びを選択するかは変わってくるかもしれません。

しかし、上記のすべての遊びは、あなたの現状に合わせてルールを変えることもできます。

子供の成長のために時間を惜しまず、遊びを子供と楽しみましょう!!