子どもに子守歌を歌うメリットとは?

· 2018年11月2日
子守歌を歌って聞かせると、赤ちゃんにどんな効果があるかご存知ですか? 安心感をもたらすだけでなく、子どもの様々な発達と成長に効果があるのです。

子どもに子守歌を歌うメリットは、数えきれない程あります。子守歌で子どもとの絆を深めることができるのです。

赤ちゃんは子守歌を通して母親の愛情をたっぷり受け、母子の感情的なつながりを強化する効果があります。

歌う人に対して赤ちゃんは愛着を感じるようになり子守歌が安心感をもたらす一種のコミュニケーションなのです。

これは子どもが認識的、感情的、身体的発達を遂げるのに確実に貢献して、さらに様々な感覚を刺激するのに役立ちます。

効果的に赤ちゃん子守歌を歌う方法

子守歌を歌うのが、夜寝る前の日課になっているママもでしょう。寝かしつける時間に、母親は直感的に赤ちゃんに子守歌を歌ってしまうものです。

昔ながらの子守歌でも、その場で即興で作った音楽でも、赤ちゃんが段々眠くなるような落ち着いたメロディーを、ママがハミングするだけでもいいのです。

こちらの記事もお勧めです:ルーティーンを与えることの大切さ

子どもに 子守歌

子どもが子守歌を聞くと、目を閉じる時間の合図だとわかります。身体を休めて、その日一日学んだことを振り返って、頭で整理するのです。

子守歌に慣れてくると、子守歌を聞かないと眠れない子どもも出てきます。夜中に目を覚ましたら、誰かが歌ってあげないと、また眠りに付けないこともあるのです。

しかし、赤ちゃんがうとうとし始めたら、歌うことをやめて、赤ちゃんが完全に眠るまで歌い続けることは避けるようにしましょう。

赤ちゃんにとっての子守歌とは?

子守歌には癒しの効果があります。子どもが泣いたり、かんしゃくを起こしたり、何か怖がっているとしても、子守歌によって自然に落ち着いてきます。

赤ちゃんが病気であったり不調だとしても、子守歌を聞くのが本当に必要な薬になることもあるのです。

心地良い子守歌によって、安心感が伝わっていくのです。子どもが子守歌を聞くと、自分はけして独りではないと認識します。さらに子どもは守られている感覚になります。自分と一緒にいてお世話してくれる人を信頼するのです。

子どもの成長に関する子守歌の役割

子どもは小さい頃に聞いた、子守歌のメロディーや歌詞をよく覚えます。大抵の場合、歌の中で次に出てくる歌詞が何なのか、予想できるようにもなります。

ですので、子守歌は毎日の習慣という概念を子どもに理解させ、行動の一貫性がもたらす安心感を感じられるようにします。それによって、自分の周りに起こっていることについて、納得していけるようになります。

歌っている母親を観察する時、赤ちゃんは発音されている言葉の意味について、情報を収集しているのです。話すための口の動きを、赤ちゃんはしっかり見ています。

赤ちゃんは母音や子音の音を聞き、それが一緒になって言葉となり、考えを外に発信する手段になることを習得しているのです。何度も繰り返されるメロディーを聞きながら、赤ちゃんは知識を得て、それを頭に記録しています。

子どもに 子守歌 を歌う

この経験により、赤ちゃんの脳でシナプス(神経細胞の接合部分)が形成され、音を発する基本となります。赤ちゃんはのどを鳴らし、赤ちゃん語を発して、その後で話すようになります。

こちらも参考にして下さい:赤ちゃんとベビーサインでおしゃべりしよう

さらに子守歌は、子どもの運動発達や操作調整能力を促します。

お分かりの通り、赤ちゃんに子守歌を歌うと、あらゆる即効性と共に、長期的にも良い効果が得られるのです。

これほど簡単に、子どもの成長発達に貢献できる、この機会をぜひ見逃さないでください。

https://youaremom.com/benefits-of-singing-your-children/