携帯電話依存症が子供に危害を及ぼす可能性

· 2018年9月18日

今の社会において、大人が携帯電話へ依存し、使用頻度が過多になっていることは周知の事実です。コミュニケーションの手段が変わり、生活の中でのSNSや携帯電話の優先順位もどんどん上がっています。しかし、こういった携帯電話依存性は多くの人に現実を蔑ろにさせる危険性があり、実は非常に危険なのです。加えて、携帯電話依存は、子供たちに危害を及ぼす可能性さえあることを絶対に忘れないでください。

携帯電話依存症の危険

子供に話しかけられた時、または、子どもがあなたと何かをしたい時に、携帯電話を見つめ、子供の言うことを無視してしまった経験があるのではないでしょうか。これは、今日、多くの家庭で見られる悲しい現実です。これにより、子供達はそれが正常な振る舞いなのだと、間違った認識を持つことでしょう。そして将来、自分の子供にも同じような扱いをすることでしょう。

近年、携帯電話依存症が急速に広がっているようです。子供たちへの知的、ないし感情的な被害は大きく、特に小さい年齢の子供へのダメージはより深刻です。神経科学の研究によれば、生後3年間は、言語、感情、社会、運動、あらゆる能力が最も急速に発達する時期です。

母親ー携帯依存症

携帯電話依存症を抱えた保護者は、二度とは訪れない子供との貴重な時間を失うのです。無論、そういった環境では、両親と質の良い相互関係を築くことなどできません。子供たちの言語力や社会的能力の発達へ悪影響を及す、または、精神的な問題を引き起こす危険性があるだけです。

対面対話の重要性

子どもたちが正しい習慣を身につけ、自己反省するためには、保護者が子どもと直接顔を合わせて対話する必要があります。振る舞いや感情の発達についても同じことが言えます。子供は親との質の高い相互関係を築いて初めて成長するからです。そうすることで、言語、感情のコントロール、そして家族と一緒に時間を楽しむことを学ぶのです。

私たちは、日々の生活の中で、子供の記憶の貯金箱に、記憶を預けている

あなたが子供より、携帯電話を優先してしまえば、子供はあなたの注意を引こうとするでしょう。その際に、怒ってしまう人がいるようですが、何が起こっているのか理解できない子どもにとって、これは大きな感情的苦痛となります。

携帯電話依存症=子供を無視すること

言い過ぎのように感じるかもしれませんが、真実ら子供たちは保護者に無視されていると感じるのです。こういった経験は子供の非行を助長します。これにより、親子関係はさらに緊迫し、悪化する恐れがあります。

メッセージに返信しようとすると、脳の緊急課題機能が働きます。だから、子供に邪魔されると強い怒りを覚えることがあるのです。保護者が子供よりもデジタル世界に注意を払うなどと、とても信じたくありません。しかしながら残念なことに、現実に起きているのです。子供は自身が大切な存在ではないと戸惑い、見捨てられたと感じるのです。これは、自尊心の発達に多大な悪影響を及ぼします。

父親ー携帯依存症

この現状を打開しなければならない

携帯電話依存症による子供との相互関係の欠如は解決しなければならない課題です。まず、保護者は子どもとの相互関係の重要性を認識する必要があります。毎日対話し、しっかり話を聞かなければなりません。

携帯電話依存を克服し、家庭生活の質を向上させるために、幾つか試みてほしい事項を以下に紹介します。

  • 自宅でのモバイル機器の使用に関するルールや、時間制限を設ける
  • 子供との時間を優先し、その間は携帯電話をマナーモードに設定する
  • 同様に、子供にもデジタル機器を使用する時間に関してルールを設定する。誰もが皆平等に自身を律することを覚える。
  • 子供への毎日の刺激と良質な家族時間の必要性を理解する
  • 仕事のスケジュール管理を徹底する。子供と一緒にいる時にメールに返信しない。
  • 食事や家族の時間に携帯電話に触れない。
https://youaremom.com/your-cell-phone-addiction-hurts-your-child/