出産後の最初の数日が不安な人の為のガイド

2018年7月6日
出産後に不安があり、それがストレスになっているのは、ごく普通のことです。赤ちゃんと最初の数日を過ごすのに、落ち着いていられるようにするためのガイドをご覧ください。

初めてのママは赤ちゃんの誕生を心配したり、緊張したりしてしまうものです。出産予定日が近づくにつれ、さらにそういう気持ちになるので、この素晴らしい出来事を経験する時に、落ち着いていられるような努力をしましょう。

小さな赤ちゃんをこの世界に迎えるのは大変なことです。新しい家族の一員を、調和のとれた平和な環境に迎え入れるために準備をしましょう。

ストレスや不安などネガティブな感情をコントロールして、出産前に非常にたくさんのやるべき事、途中までしか終わっていない事などをこなさなければなりません。

赤ちゃんを腕に抱いて初めて帰宅すると、どうしていいか分からなくなったり悩んでしまうこともありますが、経験がないので、それはごく自然なことです。本当に初歩的であり、でも重要なことである授乳やお風呂、泣いたらどのようになだめるのかなど、お世話に関して自信がないと思うかもしれません。それでも無理をしないで大丈夫です。新米のママは誰もがそういう気持ちになるものですから。

赤ちゃんが生まれる前も生まれた後にも使える、複式呼吸法をぜひ覚えておくと、リラックスできて便利です。

出産前の計画

赤ちゃん誕生まで時間がない

赤ちゃんが家に戻って来ると、誰もが赤ちゃんに注目します。最初の数日間は特に慣れていないので、かなり大変になりがちですが、なるべく家族仲良くしていけるよう事前に準備しておくことが大切です。

ここでは病院から帰宅後に苦労しないためのお勧めのガイドをご紹介します。

  • 家族の食事:事前に食事の用意をして冷凍庫で保存しておくこと。そして出前してくれるお店の電話番号を控えておきましょう。
  • 必需品:赤ちゃんに必要なもの、おむつ、おしりふき、洗面道具など全てを事前に購入しておきます。赤ちゃんが生まれてから買いに行くのは、なかなか難しい作業となります。
  • 赤ちゃんが生まれてから買いに行くのは、なかなか難しい作業となります。
  • ベビー服、ベビー用品:すべて洗濯・整理して片付けておいて、帰宅後すぐに使えるように準備しましょう。
  • 片付け:家族の食事には、使い捨てできるお皿やコップを使うと、片付けが楽になります。
  • 医療保険:医療保険を確認して、予期しないような緊急な場合に治療の遅れなど無いようにします。

赤ちゃんと最初の数日を過ごすためのガイド

赤ちゃんが家に帰ってきたら、次の項目に関して注意しましょう。

  • 赤ちゃんのお披露目:沢山の訪問者が次々と来ると、赤ちゃんが落ち着けません。家族、親戚、友人などの訪問は計画的なスケジュールを立てると良いでしょう。
  • 赤ちゃんの生活リズムに合わせる:新生児は夜中でも泣き、授乳が必要です。就寝時間の前になるべくやるべき事を終えて、精神的に参ってしまったり眠くならないように、しっかり休息を取りましょう
  • 家事を人に任せる:赤ちゃんのお世話以外の理由で、買い物の行ったり、掃除などの家事をしなければならない時は、協力してくれそうな人に任せるようにしましょう。
  • 食事:時間はいつも限られています。栄養のある食事をして、食事を抜かないように習慣付けなければなりません。赤ちゃんを迎えるにはママがしっかりして、特に母乳育児はさらに努力が必要です。
  • 自分の直観を信じる:赤ちゃんは何に対しても泣くことしかできないので、その理由を見極めるのは簡単ではありません。どうして泣いているのか考える時は、自分の直観を信じましょう。大抵の場合、ママの予想が当たっています。

最初の数日の間、赤ちゃんに必要なこと

赤ちゃんが静かに寝る

出産に備えて、赤ちゃんが居心地良い環境を整える計画を、しっかり立てておかなければいけません。次の項目を参考にして、赤ちゃんの誕生への準備をしましょう。

  1. 家でベビーベッドを置く場所は、行き来しやすい所にしましょう。
  2. 授乳中、赤ちゃんはたくさん空気を吸ってしまうので、5分後位にげっぷさせてあげると、後で辛くならずに済みます。
  3. へその緒をそっと消毒してあげましょう。
  4. おむつ変えは2・3時間に一回行ないましょう。
  5. 赤ちゃんの服は着心地が良く、着替えさせやすいものを選ぶと、赤ちゃんも嫌がらないでしょう。

最初の数日間はけして容易ではありません。誰もがお互いに慣れないといけないし、しかも慣れるまでに時間がかかるかもしれません。ひどく疲労を感じているなら、家族や友達に助けを求めましょう。きっとみんな喜んで手伝ってくれるはずです。

あなたへおすすめ