刺激不足は子どもの成長を遅らせる

· 2018年7月21日

適切な精神的刺激を必要なだけ受け取るという行為は、全ての子ども達が十分に出来ていないことです。そして、刺激不足は子どもの成長を遅らせます。そこで今回はその刺激不足を見極め、しっかり時間をかけてその問題解決する方法をご紹介します。

赤ちゃんはお世話されることが必要な存在で、両親と(いる場合は)兄弟姉妹は愛情を降り注いで、常に注意してあげるべきです。それがないと、赤ちゃんは基本的な人間関係を築いて、やる気を持って何かに夢中になることがなく、その子の成長発達のタイプとレベルに変化が出てきます。

刺激不足により、子どもの心理的・感情的・社会的な面にその影響が出てくるのです。成長段階で様々な遅れが見られたり、知性が伸び悩んだり、社会との調和、感情管理、自制心などの問題が見られるようになります。

幼い子どもが攻撃的な反応を見せる場合は、生後数ヶ月の間に何かしら必要な刺激が不足していたことを示しています。大抵は、周りの人が赤ちゃんの世話をしっかりしていない、幼児期にやる気を起こすような刺激を受けていなかった結果と言えるでしょう。

赤ちゃんへの刺激とその理由

赤ちゃんへの刺激

赤ちゃんへ刺激を与え、お世話してあげることで、子どもの身体的、知的、社会的成長につながります。知的・感覚的刺激のない環境で育つのに比べて、色々な能力とできる事に違いが出てきます。

– ウィキペディア

赤ちゃんへの刺激は、成長段階で母親にぜひ理解しておいてほしいものです。刺激によって、子どもの個性、自信、社会性などが固まってきます。

胎児の頃から7歳までの間は、脳にまだ順応性があるので、子どもに刺激を与えることがとても重要なのです。

また、赤ちゃんにとって、愛情を注いであげるのが一番大事な刺激となります。愛情不足になると、将来こどもが学校や社会と関わっていく時に悪影響を及ぼし、子どもの注意力が欠ける傾向があります。

赤ちゃんへの刺激不足を見極める方法

刺激不足の影響

母親は直感的に自分の赤ちゃんのことを分かっています。しかし時には、子どもの状態が正常ではない部分に気付かないこともあるのです。子どもがもっと刺激を必要としているかどうか認識するため、次のような特徴を確認してください。

赤ちゃんへの刺激がないとどうなるか

まず子どもの行動から、刺激が不足していることを確認しましょう。状況の複雑さにもよりますが、家庭で子どもに対する行動を変えてみる、さらに診察を受けてから医師の指示に従って生活を見直す方法があります。

  • 子どもの各成長段階で、その子の年齢に合った発達にふさわしい活動(刺激)を導入しましょう。ダンス、子どもの歌を歌う、かくれんぼなどの遊びが良い例です。
  • 抱っこ、キス、撫でる、マッサージする、笑いかける、話しかける、などの刺激はすべて愛情・根気強さ、おだやかさを子どもに与えます。どれも親子の絆をより深めるのでお勧めです。
  • 誰からもお世話してもらっていないと感じるだけで、赤ちゃんの気分が変化します。どんな状況であっても、無視された赤ちゃんは学ぶことができません。何でも明確に、何度も繰り返して、実際に見せてあげながら説明しましょう。
  • 子どもの気分を変える一番簡単な方法は、抱っこして一緒に時間を過ごすことです。赤ちゃんが腕に抱かれていたいと思う時間が長いほど、より良い結果を生み、満足するはずです。
  • 刺激不足がもっと重症な場合は、専門家の意見を求めて、精神運動や認知的、感情面でのサポートを利用し、生活の改善を補うようお勧めします。
  • グループ療法で、同じような悩みを抱える他の子ども達と関わり合い、音楽、形、色、適切な運動を通して学び、それを家庭でもまた再現してみるとより効果があります。

生まれてからずっと、周りにあるすべてのものに関して、赤ちゃんは学び発見していく必要があります。この大切な時期に、愛情たっぷりに良質な刺激を与えてあげることにより、子どもの先の人生と、子どもの周りにいる人々に、より良い影響を与えることにつながります。